So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

線香には苦労する [道具]

i20180816_1507.jpg


お盆も終わりで、当地では今日送ります。

お墓に行くと線香に火を点けるのですが、古き良き時代は花を包んで行った新聞紙を丸めて火をつけたものですが今ではそうは行きません。

 

 

sz2013_0411_211045AA.jpg

 

風防の付いたライターなどがよく使われますが、今日のような風の強い日には役に立ちません。




i20180816_1505.jpg


先ごろ買ってみたのがこれですが、使い捨てではないガス注入式で火が3本出てかなり強力です。

しかし使ってみると火に近い口の部分が多分金属製だと思うのですが非常に熱くなります。

1分も連続して使うと危険を感じます。




i20180816_1512.jpg

 

次からはこれを使うつもりですが、火が出る部分が離れているのでこちらの方が安心です。

 

 

i20180816_1510.jpg

 

持ちやすいですし。




i20180816_1516.jpg


こちらもガス注入式です。




k20150813_4609.jpg


以前はこちらをよく使ったのですが、ガスがなくなる前に着火しづらくなってしまいました。

 

 

sz2013_0411_210938AA.jpg

 


sz2013_0411_210437AA.jpg

 

こちらは以前購入して何回か使ったのですが、どこかに隠れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sz2013_0411_210545AA.jpg


 

長い炎が出るわけではないので線香に火が点くまでは思ったより時間がかかりました。

 

線香自体がもう少し火が点きやすくなるというわけにはいかないものでしょうか。

お墓まいり専用として。線香花火のように先端に火薬をつけるとか。

 

ダメかなあ。

 
 


 

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

譜面と譜面台とマグネット [道具]

iIMG_1220.jpg


いつもの練習場所に行きましたら、備え付けの譜面台の一つに棒状のマグネットが張り付いたままでした。

これ、後ろに見えるホワイトボードのですね。

ふうむ、やっぱりマグネットで固定するのが便利と感じるのですね。



で、別の場所を使うときは備え付けの譜面台はないので(有料で借りることはできますが)自前のものを持って行きますが、何本かある全部が軽量タイプなのでアルミかプラスチックです。

 

k20160221_5626.jpg
 

これは最近使っていない板状のタイプです。

 

 

k20160221_5624.jpg

n20180812_1490.jpg


こちらは最近よく使う折りたたみのタイプですが、素材はアルミです。

しかしよく見るとスチールらしき部分があります。

 



n20180812_1491.jpg


くっつきます。




n20180812_1492.jpg


ちょっと不安定ですが譜面を押さえるには十分です。




n20180812_1495.jpg


で、これは本来ペンや鉛筆に嵌め込んで使うものですが、メーカーとしてもスチールでないものがあることは当然知っているので譜面台に貼り付けるための接着剤付きのスチールの座金が付属しています。




n20180812_1498.jpg


j20180606_6701.jpg


でも譜面を押さえるには譜面の大きさも邪魔にならない位置もそれぞれなので譜面台に貼り付けておくというわけには行きません。

 

ま、しばらくはこんな感じでやりましょう。




iIMG_1221.jpg


今日の話に戻りますが、最初に取り出した譜面台がなんだか傾いているように見えました。

もう一台取り出して比べてみるとやはりそうです。




iIMG_1223.jpg

 
頑丈なんですけれど、どうやったらこうなるのでしょう?
 

道具は大切に使いましょう。

 

スタッフの方に話しておきました。

 

 


 

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨の中の銀座 [道具]

i20180808_1081.jpg


所用があったので山野楽器に行きました。

 

 

i20180808_1029.jpg

 

 

台風が接近中ですが、お昼前のこの時間ではまだ雨も風も強くはありません。




i20180808_1023.jpg


和光のディスプレイは氷山のイメージでした。

Baccarat の Vega が使われています。




i20180808_1024.jpg


Harcourt Eve のシャンパンフルートも使われています。




i20180808_1025.jpg


i20180808_1075.jpg

例のものはありました。

新しいタイプもできていて、形と色のラインアップが違います。

 

i20180808_1076.jpg


左の最初のタイプはペン用、右の新しいタイプは鉛筆用なのだそうです。

新しい方が十円高くなりました。

 



i20180808_1060.jpg


お昼は千葉に帰ってから駅ビルで。




i20180808_1066.jpg


久しぶりにうどんです。

写真を見て冷たいのだと思ったら暖かいうどんでした。

鰹ダシのようで、スッキリしていて好きなお味でした。




i20180808_1079.jpg


いつもの場所で冷たいものを。

 

こんな窓を見ていると『ジュラシック・パーク』の車とティラノサウルスのシーンを思い出します。

 

この時間でもまだ雨も風もそれほど強くはありません。

 

明日の朝が心配です。





 

nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小物も楽し [道具]

i20180805_1001.jpg


書くだけでげんなりしますが、今日も酷暑でした。

鬱陶しいのでいつもより早めに床屋さんに行きました。

空いていました。




yo20180530_6380.jpg


先日取り上げました山野楽器オリジナルのこのペンホルダー「ぴたんこちゃん」ですが、見せた人全員が「いいね」と言います。

 

昨日 Flute World に行った時売場を見たのですが、一つもありませんでした。

千葉そごうの山野楽器には辛うじてピンクが二つゴールドが一つ残っているだけでした。

売れているようです。




i20180805_0998.jpg


面白そうなものが見えたので求めてみました。




i20180805_0999.jpg


i20180805_1007.jpg


ピアノとトランペットしかありませんでした。

 

練習しすぎて次のレッスンの時に「どこからでしたけ?」とならないように。

 

あるいは常に参照するページなどに。




i20180805_1008.jpg


こちらはページをめくる時の助けになるものです。

フルートではほとんど必要ありませんが、ピアノの譜めくりは大変です。




i20180805_1011.jpg


ピアノの場合はページの右下を折り曲げたりしてスムーズにめくれるようにするのですが、ページを戻ったりするときなど気を使います。

フルートを買いましたが、めくりやすさを考えるならもう少し出っ張っているものが良いですね。

 

こうしたものは大抵現場の声から生まれるものです。

また良さそうなものがあったらご紹介します。




 

nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メトロノームにケースを [道具]

j20180801_0684.jpg


レッスンや練習のないときにまでメトロノームを持ち歩くというのもなんだかなあという感じですし、先日のようにスイッチが入ってしまうこともあります。

そこで適当なケースはないかと探しましたところコンパクトカメラ用のものがちょうど使えそうだったので求めてみました。

 

こういう時は現物があるところに行かなければなりません。




j20180801_0686.jpg


もう一回り小さいものもあったのですが、ぴったり過ぎて出し入れがやりにくいので少しゆとりのあるものを。

 

ストラップがついていますが、肩に掛けられるようなものではないので背面のベルト通しのようなものを使ってフルートケースに取り付けることにしました。

 

あまり格好良くはありませんが、仕方ありませんね。

 

どうせおじさんですし。




 

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

しばらく使って:メトロノーム [道具]

l20180722_0212.jpg


先日から使い始めた新しいメトロノームですが、なかなか良いです。

それまで使っていた S社のものにない機能としては左側の TAP 機能です。

これを押す間隔によってテンポが決まります。

テンポを取る時によく指で何かを叩いて示したりしますが、このボタンを使うとそのテンポで刻んでくれるだけでなく数値も表示してくれます。




l20180722_0207.jpg


ところで使い始めて間もない先日、電源を入れると突然発振するような雑音が出始めました。

メトロノームとしても機能してはいるのですが、それにノイズが乗るので困るのです。

 

表示を見ると電池がなくなった時のサインも表示されていたのでもう電池がなくなったのかも知れません。

こうした製品に付属している電池は大抵動作テスト用とされているので長持ちしなくても不思議はないのですが、ちょっと早すぎますね。




l20180722_0208.jpg


セットする時にも若干の不安があったのですが、どこのものかと思ったら 越国製です。




l20180722_0209.jpg


初めて見ました。




l20180722_0210.jpg


信頼性が高く長持ちには定評のある P社のを入れました。




l20180722_0211.jpg


使ってみて良かった点がもう一つ。

拍を設定する時に S社のは減らすことができなかったので一旦最大まで上げてから最小に戻ってまた上げていかなければなりませんでした。

例えば四拍子を三拍子に変更しようとする時にちょっと手間がかかるのです。

 

こちらの製品は減らすことができます。

単純な事ですが、使ってみないとわからないポイントです。




l20180722_0213.jpg


それから S社のは電源を入れる時にボタンを長押ししなければなりません。

切る時はすぐです。

 

多分誤作動を防止しようというのでしょうが、それでもバッグの中で突然音が鳴り始めたことがあります。

 

こちらの製品はこの点も反応が早いです。

カバンに入れる時は何か工夫すれば良いでしょう。

ボタンが小さくてちょっと押しにくいのが難点といえば難点ですが。




 

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

使いやすいメトロノーム:KORG KDM-3 [道具]

j20180711_9158.jpg

 

今日の早朝、通勤の途中の千葉市若葉区更科町で激しく燃える様子を見ました。

あとで検索してみると産業廃棄物の処分場のようで、午前3時過ぎに発生したようですが、山林越しながら目撃した時は黒い煙が盛大に昇り、下の方には炎が見えました。

そこに通じる道には消防車が何台も来ていました。

 

帰宅する時間にもまだ煙が昇っていました。

 
 
j20180711_9159.jpg
 

さて練習で使うメトロノームですが、以前ご紹介したものはまだ使っていますが、思うところあってもう一つ求めました。

こちらの方がコンパクトで、良いのは音が振子式のメトロノームに近い事です。

今まで使っていたものより心地よい音です。

 

 

音量も十分あります。

 

 

サイドに音楽記号と速度の目安が印刷されています。

 
 
j20180711_9166.jpg
 

拍の頭は音とともに色で表示されます。

ただ、これは一番左であってほしいです。

 
 
j20180711_9167.jpg
 

その他は緑。

 
 
j20180711_9169.jpg
 

コンパクトです。

 
 
j20180711_9177.jpg
 

チューニングの基準音も発振できます。

 

 

まだ試していませんが、簡単なリズムマシンのような機能もあるようです。

 
 
j20180711_9179.jpg
 

形は振子式のメトロノームを小さくしたようなイメージです。

 

 

練習にはメトロノームと録音機材は必携です。

 
 


 

nice!(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ペンよりも楽譜 [道具]

t20180613_7332.jpg


先日購入したペンホルダーですが、マグネットが強力なので楽譜を押さえるのに役立つことがわかりました。

 

もう一つ買って、両側を押さえることにしました。

 

 

レッスン室にある譜面台もいつも借りている「音楽室」の譜面台もマグネットはくっつきます。




t20180615_7570.jpg


いつも使っているシャープペンシルは胴体はプラスチックなのでくっつきませんが、クリップがくっつくのでこういう使い方ができます。

これはなかなか良いです。




t20180615_7571.jpg


レッスン室はリニューアル直後はまだでしたが、窓が二重化されていました。

防音の面でも冷暖房の面でもメリットがありますね。




t20180615_7574.jpg


CDラジカセ(カセットはありませんが)も置かれていましたが、 iPhone などを繋ぐことはできないようです。




t20180615_7576.jpg


こういう風に引っ掛けることもできます。

 

 

ホワイトボードなどに使うマグネットでも楽譜を押さえる役には立ちますが、こういう使い方はできません。




t20180613_7335.jpg


反発するかと思ったらくっつきました。

こうしておいて収納すれば片方が行方不明になることはなさそうです。


 

山野楽器オリジナル商品です。

 

 


 

nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

綴じ方に工夫が欲しい [道具]

j20180606_6701.jpg


夕方まではそれほど降らなくて助かりました。

明日の朝はだいぶ降るらしいので今から心配です。

 

 

さて先日取り上げました鉛筆に取り付けるマグネットですが、鉛筆を保持する目的だけでなく楽譜を開いたまま固定するのにも使えます。

 

 

レッスン室に置いてある譜面台はスチール製だったのでこれが使えました。



鉛筆を取り付けたうえでこのように使っても良いわけですが、書き込みをするたびに押さえがなくなってしまいますし、説明書きには鉛筆をつけたり外したりはしないようにと書いてあります。

 

保持する部分が破損するかもしれないというわけです。

 

しかし改めて考えてみるとこれをわざわざ買わなくても100円ショップなどで事務用のマグネットを買っても良いわけです。

 

でも、こいうふうに使おうという発想がそもそも浮かびませんでしたね。

 



j20180606_6747.jpg


それにしても楽譜というのは大抵平らに開いて使うものなのですがなぜかフラットに開くような綴じ方をしているものは極めて少ないです。




j20180606_6748.jpg


まあ、強く開いてクセをつければ普通に使用するには問題ないですが、綴じ方を考えてくれれば良いのになあと思うわけです。




j20180606_6751.jpg


j20180606_6749.jpg


先日の「鉄のバイエル」にいたってはこうです。




j20180606_6750.jpg


i20160815_4303.jpg


以前購入したスコアの中にはルーズリーフのようにスパイラルで綴じたものもあります。

これは使いやすくて良いのですが、販売店では並べにくくて歓迎されないでしょうね。


 




 

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

想像したものが売られていた [道具]

i20180526_6182.jpg


レッスンで使用する鉛筆について先日取り上げましたが、その時鉛筆にマグネットがついていればと漠然と考えていたのですが、千葉そごうの山野楽器に立ち寄りましたところまさにそういうものが売っていました。




i20180526_6181.jpg


譜面台によっては途中に小さな棚のようなものがあってそこに楽譜を乗せて舌が鉛筆などを置くスペースとして使えるものがあります。




i20180530_6376.jpg


色違いかと思いましたら形も違うようです。




i20180530_6379.jpg


早速譜面台に近づけてみましたら、つきません。

それもそのはずこのとき使っていたのはアルミ製でした。

 

 

機器のラックにくっつけてみました。

 



i20180530_6383.jpg


ちゃんと注意書きにもあります。




i20180530_6381.jpg



山野楽器オリジナル商品です。

 

これは譜面台に取り付けたままにするのではなく鉛筆(またはシャープペンシル)に取り付けて使うように考えられているようです。


 

ちょっと邪魔かなと思わないでもないですが、軽いので大丈夫かもしれません。




i20180530_6384.jpg


マグネットの磁力があまり強いといろいろ面倒なことが起こりますが、普段使いのペンにつけるよりもレッスン専用としてレッスンバッグなどに入れておくのが良いようです。




 

nice!(30)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー