So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
美味しそう ブログトップ
前の10件 | -

ピーカンナッツと牛乳のパン・ド・ミ [美味しそう]

n20180811_1100.jpg


いろいろ試しているパン作りですが、今回は具材としてピーカンナッツを使い、水の半分を牛乳にしてみました。




n20180808_1071.jpg


ピーカンナッツはピカンナッツ、ペカンナッツと呼ばれる場合もありますが胡桃の仲間で、お味も似ています。




n20180808_1073.jpg


胡桃に比べて柔らかめで、殻も柔らかくて手で剥けるらしいです。




n20180808_1072.jpg


形も違いますが、一番の違いはピーカンナッツには胡桃にある苦味がないことです。

なのでお菓子などにはとても適しています。




n20180811_1107.jpg


今回は少し慌てて数分早めに取り出してしまいました。




n20180811_1109.jpg


でもなんとか仕上がっていたようです。




n20180811_1112.jpg


パン生地に胡桃ほどは色がつきません。




n20180811_1117.jpg


n20180811_1119.jpg


すごく柔らかく仕上がりました。




n20180811_1123.jpg


n20180811_1129.jpg


n20180811_1142.jpg


牛乳を使った効果があったのかどうかわかりませんが、味わいには大きな違いがあるようには思えませんでした。

 



n20180811_1149.jpg

 

もしかするとこの柔らかさがそのためなのかもしれません。

 

 

胡桃をというリクエストが多かったのですが、ピーカンナッツが良さそうです。

 
 


 

nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ココナッツミルクで "パン・ド・ミ" [美味しそう]

j20180805_0979.jpg


引き続き “パン・ド・ミ” を作っていますが、3回目はバターを追加するのを忘れてしまいました。




l20180804_0905.jpg


どうなるかと思いましたが、焼き上がりは問題なさそうです。




l20180804_0906.jpg


きれいな焼き上がりです。




l20180804_0907.jpg


今回は一工夫したのですが、加える水の量の半分をココナッツミルクにしてみました。




l20180804_0909.jpg


l20180804_0910.jpg


具材はミックスフルーツ。

少し少なめです。




l20180804_0911.jpg


l20180804_0913.jpg


粗熱を取ってもパンは熱く、切るのが大変です。




l20180804_0915.jpg


l20180804_0916.jpg


味わいにはあまり違いがないように思えます。

 



j20180805_0972.jpg


こちらは4回目。




j20180805_0973.jpg


ちゃんと作りました。




j20180805_0983.jpg


撮り方もきれいに。




j20180805_0984.jpg


具材はミックスベリー。




j20180805_0987.jpg


j20180805_0996.jpg

 

全部ココナッツミルクにしたら違うのかもしれませんが、半分にした今回は特別な感じはありませんでした。

今度はまた違うことをやってみましょう。

 
 


 

nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

パンミックスを使った "パン・ド・ミ" [美味しそう]

j20180729_0648.jpg


昨日取り上げましたカルピスの特撰バターを使ってお手軽版の “パン・ド・ミ” を焼いてみました。




i20180728_0399.jpg


「ソフト食パンミックス」にカルピスバターを 5g 加え、水を 10g 追加。

そしてドライイーストを半分にします。

 

 

「プレミアムパンミックス(プレーン)」ならバターの追加は要らないしいです。




i20180728_0400.jpg


具材としてレーズンをいつもの半分ほど。




i20180728_0401.jpg


ふわふわの焼き上がりでよく膨らんで、ケースをはみ出すのでミトンが触れててっぺんが少し潰れてしまいます。



取り出してケースのまま粗熱を取ること2分。

 

 


i20180728_0407.jpg


i20180728_0403.jpg


あまりに柔らかくて、最初に半分に切るのは良いもののだんだん小さくなって皮の部分が少なくなるとよく切れるパン包丁なのに潰れてしまいそうなほどです。




i20180728_0411.jpg


生地を絞ったら水が滴るのではないかと思うほどしっとりです。

 

と言っても水っぽいというわけではありません。




i20180728_0414.jpg


通常のソフト食パンと工程で異なるのは少ないイーストで長い時間をかけて発酵させることです。




j20180729_0647.jpg


こちらは2回目。




j20180729_0649.jpg


具材は以前使った残りのドライフルーツ。




j20180729_0650.jpg


このドライフルーツは甘みが強いので少し使うのが良さそうです。




j20180729_0651.jpg


生地の感触はとても良好です。




j20180729_0654.jpg


j20180729_0656.jpg


j20180729_0665.jpg

 

職場の女子たちの反応はとても良く、今までで一番美味しかったらしいです。

 

濃厚ながらしつこくなくて、生地はとてもしっとり。

 

次回はもう一工夫加えてマニュアル通りでないものを作ってみたいと思います。

 
 
 


 

nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

カルピスの「特撰バター」 [美味しそう]

i20180728_0490.jpg


パン・ド・ミを焼くにあたっては本式にやるなら(”もちもちパン・ド・ミ” と “ふんわりパン・ド・ミ” を作るなら)出来合いの「パンミックス」では作れないと取扱説明書に明記されています。

しかしただの “パン・ド・ミ” なら「パンミックス」に手を加えればできるとも書いてあります。

 

調整するのはバター5gを加え、水を 10g 増やし、ドライイーストを半分にするという三点です。

 

難しくはないのですが、ドライイーストはもともと 2.7g なので、ちょうど半分の 1.35g はいつも使っているキッチンスケールでは量ることができません。

今回は仕方がないので平らなところに広げて目分量で行きます。

 

バターは普段常備していないので新たに購入するのですが、どうせなら「カルピスバター」を使ってみようと思いました。

職場で一緒に仕事をしている人の実家がパン屋さんで、先日頂いて食べてみたのですが、こってりと濃厚で食べたことがないお味だったので訊きますと「カルピスバター」を使っているということでした。

 

「カルピスバター」はもともと大量には作れない(カルピスを作るときの副産物)ので一般には販売されていなかったそうですが、現在は 450g のもの(有塩、無塩)と 100g のもの(無塩)が Amazon で手に入ります。

お値段は一般的なもののほぼ倍です。

 

カルピス特選バター

カルピス特選バター

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: その他

カルピスバター 有塩 450g

カルピスバター 有塩 450g

  • 出版社/メーカー: ママパン
  • メディア: その他

カルピス(株)特撰バター100g(有塩)

カルピス(株)特撰バター100g(有塩)

  • 出版社/メーカー: カルピス株式会社
  • メディア: その他

カルピス発酵バター 食塩不使用 450g

カルピス発酵バター 食塩不使用 450g

  • 出版社/メーカー: ママパン
  • メディア: その他

 

パンを焼くには無塩の方が良い(食塩は発酵を阻害する働きをするのだそうです)かと思うのですが、食塩の量は少ないですし今回使うのは 5g なので 100g の有塩のものを求めました。




i20180728_0491.jpg


カルピス株式会社が作るバターなので通称「カルピスバター」ですが、カルピスは含まれていません。

誤解を避けるため、商品名も「特撰バター」としています。




i20180728_0492.jpg


先に行きつけのコンビニを覗いたのですが、バターは一つも売っていませんでした。




i20180728_0497.jpg


昨日で二回焼きました。

使ったのは 10g です。

 

 

“パン・ド・ミ” はフランス語ですが、もともとフランス人はいわゆるフランスパンのように皮(クラスト)を食べるのが好きなのだそうです。

そのフランスでイギリスのパン(いわゆる食パン)を作った時、皮でなく中身(クラム)のパンだ、というので “パン・ド・ミ” (pain de mie)と呼ばれたそうです。

 

身も蓋もない言い方をすると食パンのこと。

しかし日本では既に食パンとして知られているのでベーカリーでは何か違いを打ち出そうとしてただの食パンとは違うものに仕上げて “パン・ド・ミ” として売ろうとしたようです。

 

なのでお店によっては普通の(少しは違うかもしれませんが)食パンを “パン・ド・ミ” として売っているかもしれませんので、買ってみようと思った時はよく見てからにした方が良いでしょう。




i20180728_0498.jpg

 

きれいな色です。

 

出来上がりの感じや食べてもらった感想はまた改めてアップします。

 
 


 

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

有機くるみのクルミパン [美味しそう]

i20180722_0205.jpg


勤務先の女子たちはクルミパンが大好きのようです。

初めて作ったのは失敗でしたが、二度目に挑戦しましたらまずまずの出来でした。




i20180722_0193.jpg


先日「ぶどうパン、大好物なんです」と言っていた人に訊いたら「クルミパンも」。

いったい大好物がどれだけあるやら。




i20180722_0195.jpg


メーカーが販売している「ソフト食パンミックス」が好評です。




i20180722_0201.jpg


i20180723_0332.jpg


くるみは有機栽培の生の丸のままのタイプを購入して、1/4くらいに切ってセットします。

このままでは大きすぎるのです。



i20180723_0334.jpg


カリフォルニア産 LHP(ライトハーフ & ピーセス)。

チャンドラー種。

 

 

i20180723_0335.jpg

 

どうやってこんなにきれいに殻を取るのでしょうね。

 

 

i20180723_0336.jpg

 

i20180723_0338.jpg

 

面倒な場合は細かく切ったタイプもあります。




i20180722_0204.jpg


くるみの色が出るのか、パンに少し色がつきます。

好評でしたが、「もっとくるみを多く」という欲張りな意見も。

ホームベーカリーの容量の制限でこれ以上は無理なのです。

 

 

今度は「パン・ド・ミ」に挑戦したいと思います。

 

“パンミックス” そのままではダメで、少し手を加える必要があります。

 


 




 

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年も貴味メロンゼリー [美味しそう]

l20180715_9645.jpg


毎年この時期になると発売が待ち遠しいのがセブン-イレブンの「貴美メロン&杏仁豆腐」です。




l20180721_0190.jpg


「貴美メロン」は「タカミメロン」と読み、旭市(旧海上郡飯岡町)の特産品(他の地域でも栽培はされています)です。




l20180721_0188.jpg


1990年(平成2年)に発表された品種で、「アムスメロン」や「アールスメロン」「ロッキーフォード」他の品種との交配で生まれたそうです。




l20180715_9642.jpg


l20180721_0182.jpg


ゼリーはどれでも同じというわけではなくて、例えばセブン-イレブンに並んでいる MARUHA や BOURBON と たらみ のフルーツゼリーを比べて見てもそれはすぐわかります。

 



l20180721_0185.jpg


このゼリーの食感がとても良くて杏仁豆腐との組み合わせがまた絶妙です。




l20180715_9651.jpg


l20180721_0189.jpg


食べすぎるといけないので一日一個に自制しています。




l20180721_0178.jpg


ところで今朝焼きあがったパンは失敗でした。

クルミパンなのですが、十分膨らみませんでした。

膨らまなかった原因ははっきりしていて、ホームベーカリーのせいではなくて材料に余計なことをしたからです。




l20180721_0181.jpg

 

明日の朝もう一度、余計なことをしないで作ってみたいと思います。

香りはとても良かったのですけどねぇ。

 
 


 

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

六種のフルーツのパン [美味しそう]

l20180714_9370.jpg


今日は早めに出なければならなかったので撮っておいた写真を使います。

先日焼いた三種類目のパンです。




l20180714_9362.jpg


上が少しいびつになりました。




l20180714_9364.jpg


生地も同じで焼き色も同じです。

 

今までは脚付きの金網を使っていましたが、下の方が切りづらいので専用の台を求めました。

 

粗熱を取るときも使えます。




l20180714_9365.jpg


フルーツは悪くないのですが、カットが比較的大きめで重いためか混ざり方が少し偏っているような印象です。




l20180714_9367.jpg


ここにはどうしても穴ができます。




l20180714_9369.jpg


攪拌用の羽がある部分ですが、ここに具が集まってしまっているようです。




l20180714_9375.jpg


混ざることは混ざります。




l20180714_9376.jpg


食べた印象はパンの味わいよりフルーツの甘みが優っている感じで、比較するなら前回のドライベリーの方が良かったかなと思えます。

キウィには少し硬い部分があります。




l20180714_9378.jpg


この具材はパウンドケーキなどの方が向いているかもしれません。




l20180714_9382.jpg


包丁は前回使ったものと違います。

前回使ったものも貝印の刃のしっかりした良いものなのですが、縦にまっすぐ切るのが少しやりづらい感じがしたので評価の良いものを探して求めてみました。




l20180714_9383.jpg


l20180714_9388.jpg

 

素材は少し柔らかめな印象ですが、独自の構造のようで、使ってみたところきれいに切れました。

どのくらい切れ味が持続するかわかりませんが、しばらく使ってみようと思います。

 
 


 

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四種のドライフルーツのパン [美味しそう]

l20180707_8797.jpg


材料を買いに行った時いつもの有機レーズン以外に何かあるかなと見たらミックスフルーツがありました。

ちょうど100gのパック。

これを使ってみました。




ll20180707_8789.jpg


食パンミックスはソフト。

レーズンの時以上に柔らかく上がったようで、てっぺんが沈んでしまいました。




ll20180707_8790.jpg


l20180707_8794.jpg


具材はクランベリー、カシス、チェリー、ブルーベリーです。

 

レーズンなどはオイルコーティングされたものは使わないようにと注意があるのでそうでないものを選んでいます。

オイルが熱で溶けてうまく投入されないことがあるのだそうです。

今回の具材は一つだけコーティングされたものがあると書かれていたのですが、特に洗うことはしませんでしたが大丈夫でした。

 

 

チョコレートチップなどはダメですのでマニュアルで投入する必要があります。




l20180707_8799.jpg


ぶどうパンは好きな人が多く私も好きなのですが、今回の具材は甘味だけでなく酸味もコクもあってとても新鮮でした。

 

これは傑作。

自画自賛。




l20180707_8800.jpg


焼き色は “ふつう” です。



l20180630_8493.jpg


l20180630_8497.jpg

 

蓋の上にドライイーストとナッツ類をセットする部分があります。

出来上がり時間をセットするとイーストと具材は自動投入されます。

そのほか必要なのは水だけです。

5℃以下の水 200g。

夏場は冷蔵庫で冷やしておきます。

 

フランスパンやパン・ド・ミ、サンドイッチ用パンもできますし、オーブンで焼くための生地だけを用意することもできます。

 

やったことはありませんが、ドライでないイーストを目覚めさせることもできます。

 

焼きたては本当に美味しいです。

 

焼きあがる前から家じゅうに香りが漂います。

 

 


 

nice!(24) 
共通テーマ:グルメ・料理

とびばこパン [美味しそう]

j20180629_8363.jpg


今日も真夏の一日でした。

少しでも風があるのがありがたいです。

 

先日千葉そごうに行った時、特別見てみようという気もなかったのですが催事が行われているフロアを覗いてみるとパンを集めた催しが行われていました。




j20180629_8359.jpg


知らなかったのですが、このパンはたいそう有名らしく、売り切れ必至だとか。




j20180629_8360.jpg


「とびばこパン」だそうで、まあよくこんな形にしたものです。

おまけに数字まで。

 



j20180629_8361.jpg


食べてみると比較的緻密な感じで、甘みの強いパンです。




j20180629_8365.jpg


こんなのもありました。




j20180629_8367.jpg


中身はつぶあんとチェリーですが。チェリーは半生のような果実が閉じ込められていました。




j20180629_8368.jpg


「千葉パンマルシェ」は四日まで開催されています。




j20180629_8369.jpg


singe というのは猿という意味だそうです。

 

 

j20180629_8366.jpg



j20180629_8370.jpg


j20180629_8371.jpg


i20180701_8539.jpg


暑さの後では冷たいものも欲しくなります。




i20180701_8526.jpg


i20180701_8533.jpg


i20180701_8540.jpg


i20180701_8544.jpg

 

今夜も熱帯夜のようです。

 
 


 

nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりのホームベーカリー [美味しそう]


i20180624_8204.jpg


久しぶりに銀座に行きましたが、写真を整理するのに時間がかかるので明日アップします。

 

今回は景色などを一部だけ。

着いた時は殆ど雨は上がっていました。




i20180624_8209.jpg


i20180624_8210.jpg


j20180623_8037.jpg


最後に焼いたのは随分前のことになってしまいましたが、最近新しいものを買ってみました。

作れる種類が随分増えていますが、作るのはいつものぶどうパンです。




j20180623_8038.jpg


j20180623_8042.jpg


材料は食パンミックス。

セットされているドライイーストもレーズンやナッツも自動投入されます。




j20180623_8048.jpg


j20180623_8049.jpg


サンドイッチ用パンやフランスパンも作れます。




i20180624_8176.jpg
 

今日展示されていたものを一部だけ。

  

ロイヤルコペンハーゲン、フローラダニカの三角形のカスタードカップです。

 
 
i20180624_8184.jpg

 

リヤドロの「優雅なダンス」。

 

今回も KPM の陶板画の素晴らしいものもありました。

 

明日アップします。

 

 


 

nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 美味しそう ブログトップ