So-net無料ブログ作成
美味しそう ブログトップ
前の10件 | -

冷製野菜カレー:gallery ten [美味しそう]

l20190907_2185.jpg


gallery ten はギャラリーであってカフェですが、毎月カレーランチが実施されています。

今月は大多喜町「蔵精(くらしょう)」さんの特製カレーです。




l20190907_2118.jpg


夏が戻ってしまいました。

大網駅の近くです。




l20190907_2181.jpg


l20190907_2179.jpg


素材をトロトロ煮込むのでなくて持ち味を生かしています。

水も小麦粉も使わないのでリンゴとハチミツが入っているようなカレーに馴染んでいる方にはびっくりでしょう。

お店の HP によればインドの方も美味しいとおっしゃるそうです。




l20190907_2191.jpg


l20190907_2196.jpg


トマトはロースト、ナスは蒸して。




l20190907_2202.jpg


玉ねぎはロースト。

人参は粗おろしで酒粕と炒め煮。




l20190907_2203.jpg


自然発酵豆乳ヨーグルト。

説明の通り、彼にかけると一層美味しいです。




l20190907_2205.jpg


器はデルフト焼だそうです。




l20190907_2206.jpg


l20190907_2212.jpg


外に出たくない陽気でした。


 


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Bios d'or の Pain de Lodève [美味しそう]

l20190714_9780.jpg


降っているかいないかくらいの雨だったので撮り始めたのですが、途中で傘が必要なくらいになったので中断しました。

 

今日は朝食の時間にふさわしいパンをご紹介します。




i20190715_9777.jpg


キモクレンが今頃咲いていました。




l20190714_9781.jpg


こちら、昨日いただいたパンなのですが、千葉市あすみが丘にある有名なお店でオーナーは帝国ホテルでパンを焼いていらした方とのことです。




l20190714_9782.jpg


スライサーについてはまた別の機会に。




l20190714_9796.jpg


お店は Bios d'or(ボワドオル)。フランス語で黄金の木という意味らしいです。

 

※追記:確かな筋の話によれば「金の林」という意味だそうです。

 

オーナーの金林さんのお名前です。

 

参考:

https://ameblo.jp/jirosho/entry-11456686786.html

https://www.panportal.jp/special/takeya_shokunin/vol13_1/




l20190714_9798.jpg


オーナーは金林達郎さんという方で、帝国ホテル、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(L’ATELIER de Joel Robuchon、六本木のフレンチレストラン)の責任者という経歴をお持ちで、2002年の 第2回クープ・デュ・モンド(パンのワールドカップ)で日本チームを優勝に導いた(審査員でもあった)そうです。




l20190714_9801.jpg


このパンは Pain de Lodève(パン・ド・ロデヴ)と言い、レーズンとクルミを使ったしっとりとした生地で皮がしっかりしている香り高いパンです。

 

Lodève はフランスの一地方のコミュニティの名前だそうで、一番人気で売り切れもあるとか。

 

金林さんは「パン・ド・ロデヴ普及委員会」の技術顧問も務められているそうです。




l20190714_9805.jpg


今までに知っているどのパンとも違う、これが良いパンの香りかと思わせる素晴らしい香りが鼻をくすぐります。

 

軽く半分は一度にいけますが、お腹にもたれることもなく全部食べられそうなくらいです。

 

噛み応えもしっかりしていて柔らかいレーズンとしっかりしたクルミのハーモニーが三重奏を奏でます。




l20190714_9778.jpg


地図はこちらで。

https://www.panportal.jp/boisdor/




l20190714_9730.jpg


「ロデヴ」を日本にもたらしたのはドンクだそうです。

http://www.donq.co.jp/pc/breadstory/breadstory02.html

http://panlabo.jugem.jp/?eid=1449

 

 

最近お気に入りの生食パンは神戸屋さん。

 

そういえば神戸屋さんでも何か宣伝していましたっけ。

 



nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年も「貴味メロンの杏仁豆腐」 [美味しそう]

i20190711_9472.jpg


今年も出ました。

セブン-イレブンの「貴美メロン&杏仁豆腐」です。




i20190711_9473.jpg


昨日から店頭に並びましたので早速買ってきました。




i20190711_9475.jpg


千葉県限定で、毎年この時期に出ます。




i20190711_9476.jpg


お値段は少し上がりました。




i20190711_9477.jpg


杏仁豆腐との組み合わせがまた良いのです。




i20190711_9480.jpg

 

千葉県では旭市(旧飯岡町)と銚子市が主要な産地です。

他では青森県と秋田県でも生産されているようですが、全国区ではないようです。

 

 

八千代市にあるこちらの会社が開発したようです。

 

 

セブン-イレブンのサイトにも情報がありますが、写真はあまり美味しそうではありません。

 

 

千葉においでの際は是非お試しになってみてください。

 



nice!(28)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

仕上がりはいつも通り:パン・ド・ミ [美味しそう]

v20190602_7634.jpg


このところ生食パンを買うこともあるのでホームベーカリーの出番が少なくなっていますが、相変わらず作っています。




v20190602_7637.jpg


安定しています。




v20190602_7640.jpg


大粒の特選レーズンとミックスベリーです。




v20190602_7644.jpg


具材は比較的下の方に集まる傾向があります。




v20190602_7646.jpg


普通の三徳包丁で切っていますが、とてもよく切れます。




v20190602_7647.jpg


v20190602_7649.jpg


v20190602_7650.jpg


v20190602_7651.jpg


v20190602_7656.jpg


包丁は土佐打刃物の “迫田刃物” の製品です。




v20190602_7657.jpg


 

伝統的な作りそのものです。

柄は紫檀らしいです。





v20190602_7658.jpg


船行型万能包丁と分類されています。




v20190602_7659.jpg


青紙スーパーという鋼を使っているようです。




v20190602_7660.jpg

 

手持ちの物の中でも最高に近い切れ味です。

 

 

刃物の世界に魅せられそうです。



nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いつものコーヒーゼリー [美味しそう]

bz2011_0504_133814AA.jpg


昨日作ったのは好評のコーヒーゼリーです。




jz2013_0503_210403AA.jpg


この二枚は過去の写真ですが、辿ってみると最初に作ったのは2011年でした。




u20190427_5476.jpg


作り方はずっと変わりません。




u20190427_5477.jpg


ゼラチンでなく、アガー(カラギーナン)を使うのが普通と違うところですが、レシピ本のオリジナルです。




u20190427_5478.jpg


本では飾りにクリームなどを使うようになっていますが、それは省略しています。




u20190427_5482.jpg


レシピではインスタントコーヒーを使うようになっていますが、そこはちゃんとドリップしていますので自信作です。




u20190427_5484.jpg


今まで食べていただいた方の中にはコーヒーが苦手という方もいらっしゃいましたが、これは食べられたそうです。

 




u20190427_5485.jpg





u20190427_5486.jpg


u20190427_5488.jpg


泡が少し残ってしまいました。




u20190427_5490.jpg


カラギーナンを溶かした液とドリップしたコーヒーを混ぜるときにどうしても泡ができてしまうのです。


レシピには食品用アルコールをスプレーすると消えるとあるのですが、躊躇っています。



u20190427_5493.jpg


明日以降ウィークデイの間は朝は更新しない予定ですが、庭の様子とお天気次第では半ばごろ更新するかもしれません。


 



nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

生食パン:神戸屋 [美味しそう]

t20190427_5452.jpg


連休初日はどこにも行きませんでした。

時折降りましたしね。

予定通りスイーツを作りました。

寒い時期につくるものではないのですが、時間にも気持ちにも余裕のある時でないと作ろうという気にならないのです。

それはこの次ご紹介することにしまして、今回は昨日買った生食パンを。




lIMG_1647.jpg


職場の近くにある神戸屋さんです。

生食パンといえば「乃が美」が有名で千葉市中心部にもお店があるのですが、まだ行ったことがありません。

職場でその話をしましたところ駅の「神戸屋キッチン」の生食パンも美味しいというので昨日初めて買ってみました。




t20190427_5453.jpg


焼きあがって間もないようで、余熱があるからとして袋の口は少し開けて包装されました。

 

夕方なら閉めても良いといわれました。

 

重いです。

 

水分量が多いのでしょう。




t20190427_5454.jpg


一斤を半分に切ってもらい、昨日のうちに半分食べてしまいました。




t20190427_5455.jpg


それをさらに包丁で半分に切ります。




t20190427_5456.jpg


「乃が美」の HP を見ると耳はパリパリとありますが、こちらは耳と中身の区別がつかないくらいしっとり柔らかです。




t20190427_5457.jpg


ほとんど耳の部分がない感じです。




t20190427_5462.jpg


生食パンの「生」は生ビールの「生」と違います。

パンですから加熱しなくてはできません。

生で何もつけずにそのまま食べるのが美味しいのですが、それがネーミングの由来ではなくて「乃が美」がしっとりなめらかな食感をこう表現したのだそうです。



「乃が美」はかなり材料にこだわって作っているようですが、共通するのは(他にもあるかもしれませんが)卵を使っていないことです。

 

確かにこれはくせになりそうな食感です。

Y社の「ダブルソフト」は登場した時ずいぶん話題になりましたが、それほど高級というわけではありませんが食感は新鮮でした。

 

これはその時の驚きを上回る経験です。

 

全部がしっとりなめらかです。





l20190427_5444.jpg


今回は以前購入したパン切り包丁と同じメーカーの三徳包丁を使ってみました。

「スーパーゴールドll」という鋼を使った製品で、見た目はどうということのないものですが、切れ味は怖いほどです。

今度焼きたても切ってみようかと思います。


 


明日の朝は早めに出るので今日の続きを予約投稿しておきます。



nice!(21)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

抹茶のわらび餅:菊園 [美味しそう]

i20190307_1738.jpg


先日取り上げましたわらび餅の抹茶版です。

 

 

i20190307_1733.jpg

 

 

箱入りはなくてこれ一種類です。




i20190222_1299.jpg


i20190222_1296.jpg


i20190307_1735.jpg


抹茶ですねぇ。




i20190307_1739.jpg


今回は切ってはみませんでしたが、中は同じでしょう。




i20190307_1743.jpg


器も用意したので遠からずまた撮ってみたいと思います。




i20190307_1750.jpg


i20190307_1752.jpg


きな粉も抹茶もたくさん残ります。

今回抹茶をカフェオレに入れみましたが、違和感はありませんが抹茶オレのようにはなりません。

次はミルクを加えて温めてみましょうか。


 


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

その他の和菓子:「菊園」 [美味しそう]

i20190222_1344.jpg


朝は霜がありましたが日中は暖かでした。

 

昨日ご紹介しました「菊園」の他の商品もご紹介します。




i20190223_1213.jpg


その前にこちらは昨日の河津桜です。




i20190223_1217.jpg


いよいよ春だなあと思います。




i20190223_1218.jpg


i20190223_1221.jpg


濃い色の花びらは桃の代わりにもなりそうです。




i20190223_1225.jpg


i20190223_1234.jpg


足元にはカラスノエンドウが咲いていました。

カラスノエンドウは食べられて、天ぷらなどが美味しいそうですが、道端にあるものは虫がついていたり犬猫が引っ掛けたりしている場合があるのでよく洗った方が良いとのことです。

虫を除くには40℃くらいのお湯に浸すと良いらしいです。

お通じ(有効成分:クエルシトリン)や精神の安定(セロリにも含まれるアイピン)に良いそうで、ビタミンB1 も含まれているそうです。




i20190222_1265.jpg


紅白の椿だそうです。




i20190222_1269.jpg


柿右衛門で。




i20190222_1270.jpg


i20190222_1273.jpg


繊細な色です。




i20190222_1274.jpg


i20190222_1275.jpg


i20190222_1276.jpg


雪のようです。




i20190222_1281.jpg


i20190222_1282.jpg


透けて見える様が奥ゆかしさを感じさせます。




i20190222_1284.jpg


i20190222_1286.jpg


i20190222_1288.jpg


外側は求肥のような感じです。




i20190222_1289.jpg


i20190222_1336.jpg


こちらも千葉市推奨のお土産「御成街道」です。

 



i20190222_1339.jpg


i20190222_1341.jpg


こちらは個包装されているので賞味期限は30日ほどです。




i20190222_1343.jpg


 




i20190222_1345.jpg






i20190222_1347.jpg


千葉県特産のピーナッツが使われています。




i20190222_1350.jpg


i20190222_1352.jpg


i20190222_1353.jpg


お土産としてはこちらの方が使いやすいですが、何度でも食べたいのはやはりわらび餅の方ですね。


 


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

お菓子の匠のわらび餅 [美味しそう]

i20190222_1328.jpg


以前から行ってみろと勧められていたお店なのですが、なかなか足が向かなかったところ先日そこの商品をいただきまして、食べてみたところとても美味しくてびっくりしたので行ってみることにしました。




i20190223_1259.jpg




i20190223_1256.jpg


i20190223_1257.jpg


HP によれば

 先代菊園店主は、加賀百万石の城下より身をおこし、大正・昭和の御代を通じ宮中に於いて和菓子を以って御奉仕してまいりました。

 宮中御儀式及び両陛下宮様方御日常の御菓子をはじめ宮中の秘菓名菓を誠心込めて謹製し、昭和三十年、長い宮中奉仕の大任を終えました。

 その際、菊の園生の愈々栄えまさんことを願い、故 入江相政侍従長より『菊園』との屋号を戴き、現在に至ります。

とのことで、天皇陛下をはじめとする宮中の方々や外国からの賓客も口にしたかもしれないお菓子が並べられています。




i20190223_1258.jpg


i20190222_1260.jpg


こちらが御進物用の箱入り「わらび餅」です。




i20190222_1261.jpg


平成22年に千葉市推奨土産品にされたとのことです。

 

 

i20190222_1335.jpg



i20190222_1262.jpg


八切づつ二つの箱に入っています。

 

 

i20190222_1299.jpg



こちらは “ご自宅用” の10切入りですが、御進物用も同じように紙箱の中に直接入れられてきな粉に埋もれています。

 



i20190222_1293.jpg


いつもの磁器でなく陶器のお皿に盛ってみました。




i20190222_1295.jpg


i20190222_1296.jpg


i20190222_1298.jpg


i20190222_1305.jpg


わらび餅というと白いものと普通は思うでしょうが、実はわらび餅の原料のわらび粉には二種類あって、さつまいもなどの澱粉が主体の普通のわらび粉とわらびの根から採ったものだけを使った “本わらび粉” だそうで、本わらび粉は灰色をしていてそれで作るとこのような色になるのだそうです。

 

片栗粉も代用になるそうです。




i20190222_1311.jpg


材料はわらび粉と砂糖と水。

それにきな粉などあるいは黒蜜。




i20190222_1321.jpg


冷やすのは冷蔵庫ではなくて氷を敷いたバットなどでゆっくりと。

 

保存も冷蔵庫ですと濁りが出てくるそうです。




i20190222_1323.jpg


こちらの商品も要冷蔵で、賞味期限は二日となっています。

保存料不使用です。

これからの季節は持ち歩くのも心配になりますが、今くらいの気温ですと直射日光を避けて車でも暖房を強くしなければ大丈夫だとのことでした。


できれば保冷バッグなどを用意するといいですね。




i20190222_1327.jpg


これは絶品です。

宅配便で送ることも難しいので近隣の人でないとなかなか食べられませんが、これは死ぬまでに一度は食べないと後悔すると思います。




i20190222_1332.jpg


i20190222_1333.jpg


入江相政日記〈第1巻〉

入江相政日記〈第1巻〉

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1990/04
  • メディア: 単行本
陛下側近として五十年

陛下側近として五十年

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1986/04
  • メディア: ハードカバー
侍従長のひとりごと (講談社文庫)

侍従長のひとりごと (講談社文庫)

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/12
  • メディア: 文庫

 

元号が変わる今年、この名品を味わいながら杉田時代に想いをはせるのも良いかもしれません。

 




nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソフト食パンはナチュラルな美味しさ [美味しそう]

t20190202_0394.jpg


このところパン・ド・ミでなくソフト食パンを焼いています。




t20190202_0390.jpg


t20190202_0388.jpg


タコみたいです。

 



t20190202_0400.jpg


小麦の香りが立ちます。




t20190202_0402.jpg


具材は同じです。




t20190202_0403.jpg


t20190202_0404.jpg


t20190202_0406.jpg


t20190202_0409.jpg



毎度写真を撮っていますが、その都度どうしたらもっと美味しそうに見えるかを考えています。




t20190202_0416.jpg


t20190202_0418.jpg


t20190202_0420.jpg


t20190202_0427.jpg


先日は波刃ながら刃渡りが短いケーキ用のナイフを使ってみましたが、やはり長さがギリギリでちょっと使いにくかったです。


 


もの自体は良いのですが、やはり適材適所(?)ですね。

 


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 美味しそう ブログトップ