So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アウガルテン ブログトップ
前の10件 | -

ヴェルヴェデーレシェイプ:アウガルテン [アウガルテン]

au[z2011_0629_134425AA.jpg


代理店が変わってしまって以来展示会が開催されないオーストリアの AUGARTEN ですが、アイテムは少ないながら購入することは可能で、ものによっては取り寄せることもできます。

 

冒頭は6年前のオーストリア公邸での展示会で撮影したものですが、アウガルテンを代表する「マリア・テレジア」です。




l20171009_4300.jpg


昨日銀座に行って(株)創美さんに立ち寄りましたら珍しいことにマリア・テレジアのヴェルヴェデーレシェイプが六客も揃っていました。




l20171009_4301.jpg


ヴェルヴェデーレというのは佐倉市の川村記念美術館のレストランの名前でもありますが、展望台という意味だそうです。




l20171009_4302.jpg


オーストリア大使公邸で使われているシェイプで、多分本国の公式の晩餐会などでも使われるのでしょう。




l20171009_4305.jpg


カップの持ち手とソーサーの形が特徴的です。

 

素地の美しさ、釉の均一なことと素晴らしい上品な光沢は他と一線を画します。

 

手描きとはにわかには信じられない絵付け、乱れることのない金箔を貼ったかのような金彩は手にとって見る価値があります。




l20171009_4306.jpg

オーストリア大使公邸での展示会の様子などは新しくアウガルテンというカテゴリーを設けてそこに含めました。

なかなか見ることができない公邸内部の様子を見ることができますので是非ご覧になってみてください。


 

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

Biedermeier:Augarten [アウガルテン]

l20170122_2029.jpg

特に目的があったわけではないのですが、銀座に出たついでに(株)創美さんに寄ってみました。


特別なセールを開催するとの案内は来ていたのですが、名品展とは違ってめぼしいものはなさそうなのです。



l20170122_1977.jpg

今日も良いお天気です。

 

 

l20170122_1983.jpg


l20170122_1993.jpg

銀座線有楽町駅の出口のすぐそばは千疋屋です。

 


l20170122_1980.jpg

千疋屋の隣にアルマーニがあります。



l20170122_1992.jpg

ここから入ります。


l20170122_1984.jpg

パーラーに上がるこの階段はいつもは人が並んでいるのですが、珍しく誰もいませんでした。


l20170122_1986.jpg

銀座価格ですね。


l20170122_1988.jpg

そりゃあ美味しいでしょうけど。


l20170122_1989.jpg

これもいいですね。


l20170122_1994.jpg

創美さんではある時からリユース品も扱っていますが、未使用品のみで、皆状態は良いです。



l20170122_1995.jpg

端から見ていると以前展示会で素敵だと思ったアウガルテンの C&S がありました。



l20170122_1999.jpg

l20170122_2000.jpg

日本での代理店が変わってしまってから展示会も行われていないのですが、現在のネットでの販売価格は税込 95,040円だそうで、定価販売のところでは 11万円らしいです。

 


それではとても手が出ないのですが、リユース品で、以前購入した品物らしくかなりお買い得になっていました。



l20170122_2002.jpg

薄さ、軽さ、最上の光沢、どれをとってみても素敵で、アウガルテンの中でもこのビーダーマイヤーはとても上品で優雅です。



l20170122_2003.jpg

l20170122_2007.jpg

l20170122_2020.jpg

l20170122_2024.jpg

優雅なお茶の時間を想像します。






nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アウガルテン:マリアテレジア [アウガルテン]

agz2014_0123_205457AA.jpg


マイセンと同等か人によってはこちらに軍配を上げるオーストリアの名窯アウガルテンの「マリアテレジア」です。




agz2014_0123_205552AA.jpg


agz2014_0123_205622AA.jpg


その中でも「ベルベデーレ」と呼ばれるシェイプで、最も上等のお品です。



agz2014_0123_205805AA.jpg


agz2014_0123_210112AA.jpg


auz2014_0123_210138AA.jpg


こちらは同じ「マリアテレジア」の C&S です。

モーツァルトシェイプ。

他にシューベルトシェイプがあります。



auz2014_0123_210209AA.jpg


auz2014_0123_210233AA.jpg


下部は優雅な曲線でゆとりを表すかのように膨らみ、上部がわずかに括れて上辺は少し外側に広がっています。



auz2014_0123_210307AA.jpg


auz2014_0123_210319AA.jpg


アウガルテンはその白さ、光沢がこの上なく素晴らしく、厚みは極めて薄く非常に軽く出来ています。

絵付けも最上級のペインターによる手描きで、金彩の上品な輝きと相俟って持つ喜びを味わわせてくれます。



以前いくつか手にしましたが、今回は普段使いにするためにネットオークションで手の届く価格のものを入手しました。



満足感がコーヒーの味わいに何を加えてくれるか、今から楽しみです。




 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アウガルテン:インペリアルガーデン [アウガルテン]

az2012_1027_185853AA.jpg


展示会で見た商品ですが、簡易的な撮影セットで撮ってみました。



az2012_1027_190929AA.jpg


az2012_1027_190011AA.jpg


az2012_1027_190232AA.jpg


az2012_1027_190550AA.jpg


az2012_1027_191315AA.jpg


マイセンは素晴らしくてお値段もそれなりに高いですが、百貨店などで実物を見る事ができます。

ヘレンドも素晴らしく、高いものももちろんありますがマイセンにくべるとやや親しみやすいイメージがあります。

ウェッジウッドは品質は高いですが、プリント柄が主体ということもあって手が届きやすい製品が多いです。

セーヴルは超高級なお値段でお目にかかることも少ないですが、お目にかかる事ができても高嶺の花という他ない位置にあります。


そんな中何度かご紹介しましたアウガルテンはお目にかかることは確かに少ないですが、その品質は間違いなく最上級と言って良いもので、それはカタログでも見て取ることはできますが実物に触れると文句なく納得させられる種類のものです。


az2012_1027_191616AA.jpg

絵柄の筆遣い、金彩の光沢の素晴らしさ、磁肌の透き通るような色と質感、色彩と絵柄の織りなすハーモニー、シリーズ毎に表現された明確な性格、豊かさと趣味の良さが同居するその世界は洋食器に興味がある全ての人に知って欲しいものです。

アウガルテンの窯があるアウガルテン宮殿はウィーン少年合唱団の本拠地でもあります。

オーストリアの、ウィーンの、その文化を象徴するものと言って良いのかもしれませんね。






 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

AUGARTEN 展示商談会 '12 [アウガルテン]

az2012_0621_130350AA.jpg


当日は予報通り雨が落ちて来ましたが、それほど強くは降りませんでした。

しかし蚊が出るからという理由で庭園に出る戸が閉められ、庭を歩く事はできませんでした。


※ 6/23 追記。

 前回と前々回の様子を取り上げた記事の URL をいくつか挿入しました。

 よろしかったらご参考までにご覧になってみてください。



az2012_0621_123316AA.jpg


いつもの通り飲み物がサービスされます。


az2012_0621_115912AA.jpg


az2012_0621_115923AA.jpg


az2012_0621_122820AA.jpg


飾られた花もきれいでしたが、去年よりやや縮小されたような印象でした。



az2012_0621_132518AA.jpg


今年は長テーブルを使ってセットされていました。

器の緑に合わせた花が飾られ、土をイメージさせるようなやさしい色あいのクロスが使われていました。



az2012_0621_120006AA.jpg


去年はあまり注目しませんでしたが、アジサイが描かれたシリーズです。

質感と光沢が実に素晴らしいです。



az2012_0621_133230AA.jpg


az2012_0621_133455AA.jpg


こういうものも使ってみたいですね。


az2012_0621_133101AA.jpg


az2012_0621_133151AA.jpg


az2012_0621_121437AA.jpg


去年も展示されていた「インペリアルガーデン」と「マリー・アントワネット」です。

甲乙付けがたい素晴らしさです。


az2012_0621_115606AA.jpg


窓際の明りで自然な色が出ます。



az2012_0621_115434AA.jpg


こんなところで朝のお茶がいただけたら良いですね。



az2012_0621_114505AA.jpg


agz2012_0621_122038AA.jpg


agz2012_0621_122008AA.jpg


こちらは初めて見た「セイロン」というシリーズです。

描かれた花や蝶はヘレンドを強く連想させます。

真ん中をしっかりとした金で塗りつぶした意匠も個性的です。



agz2012_0621_112951AA.jpg


去年も展示されていた「オリオウ・ポット」です。



agz2012_0621_115132AA.jpg


agz2012_0621_115205AA.jpg

 

agz2012_0621_115141AA.jpg

 

使い途はないですが、あまりにも見事で欲しくなってしまいます。

 

 

agz2012_0621_113551AA.jpg

 

指ぬきもあります。

実用品というよりはコレクションの対象のようです。

 

 

agz2012_0621_113149AA.jpg

 

agz2012_0621_122232AA.jpg

 

ヨーゼフ・ホフマンのシリーズです。

 

 

az2012_0621_122244AA.jpg

 

昨年と同じカップも展示されていましたが、こちらはとても個性的でこれだけ並ぶと壮観です。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2011-07-04

 

 

agz2012_0621_113740AA.jpg

 

クリムトの陶板画もありました。

左は去年 #3/50 が展示されていたストックレー・フリーズの中の「期待」で #5/50、右は一昨年#2/50、去年が #3/50 だった「生命の樹」で同じく#5/50、中央は「接吻」をもとにしたもので、なんと #1/10 です。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2011-07-01

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2011-01-18

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2010-06-26-1

 

 

az2012_0621_132544AA.jpg

 

agz2012_0621_113450AA.jpg

 

「ウィーン・アニマル・フィルハーモニー」も展示されていましたが、こちらは初めて見るシリーズです。

 

 

agz2012_0621_115636AA.jpg

 

こちらは昨日も掲載した画像ですが、傾いていたので修正しました。

去年もこの「ビーダーマイヤー」は掲載しましたが、今回 X-Pro1 で撮ったところ、やはり画質の差を実感する結果となりました。こちらの画像の方が断然魅力的です。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2011-07-01

 

 

agz2012_0621_112933AA.jpg

 

agz2012_0621_113035AA.jpg

 

テーブルを撮っても違います。

質感や空気感の描写が違うのです。

 

 

az2012_0621_124308AA.jpg

 

さて去年と同じく本場のケーキとコーヒーで一服です。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2011-06-29

 

これも X-Pro1 ですが、こちらはザッハトルテ、

 

az2012_0621_124318AA.jpg

 

こちらはオーストリアのクリームチーズ(トプフェン)を使用したレアチーズケーキです。

ザッハトルテは去年もいただき、さすが本場と感心したのですが、こちらは初めてでしたが素晴らしい口どけで、ちょっとムースを思わせるほどの柔らかさで口の中でそのまま溶けてしまうようでした。

 

メニューには

 ウィーン菓子専門店 Neues(ノイエス)野澤孝彦パティシエ特製

とありました。

機会があったら行ってみたいですね。

 

コーヒーも良い豆を使用している事が感じられ。エグ味は皆無で後味もすっきり、尖った酸味や苦みもない美味しさでした。

ちょっと残念だったのは去年は使われていたアウガルテンの C&S が今年は使われていなかった事でした。

それも楽しみの1つなので、来年は是非、と期待します。

 

 

 

今回は大使がご不在だったという事で昨年使えた私邸への階段に繋がるスペースは使えず、ピアノの演奏もありませんでした。

 

それにしても私を除いては皆さん余裕のありそうな方ばかりで、なんだか別世界のようでした。

でもまた来年も是非参加したいです。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三度目の AUGARTEN [アウガルテン]

az2012_0621_114528AA.jpg


オーストリア大使公邸で開かれるアウガルテン展示会も3回目の参加となりました。

今夜はざっと写真だけをアップしておきます。



az2012_0621_114200AA.jpg


az2012_0621_115518AA.jpg


az2012_0621_121032AA.jpg


az2012_0621_120648AA.jpg


az2012_0621_120045AA.jpg


az2012_0621_120945AA.jpg


az2012_0621_115731AA.jpg


az2012_0621_115636AA.jpg


az2012_0621_122306AA.jpg


内容については明日改めてアップします。



 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アウガルテン展示会補遺 [アウガルテン]

agtz2011_0629_132202AA.jpg

先日掲載したアウガルテンのボックスですが、解説を写しておきましたので掲載しておきます。


agtz2011_0629_135513AA.jpg

agtz2011_0629_132918AA.jpg

本来はポットとして作られたのですね。
大事なものを入れるボックスとしても素敵ですね。
日本の香炉の影響があるというのも興味深いですね。

色の再現が難しいです。
WB を白熱灯に合わせたものとそうでないものそれぞれを補正しています。
やっているうちにどれが本当の色だったのかわからなくなってしまいました。
こういう時は紙の色を基準にするのですが、ガラス越しで反射もあるのでコントラストも低下しています。
出来るものなら自宅の装置で撮ってみたいですね。


agtz2011_0629_134133AA.jpg

ユニークな動物のオーケストラです。

agz2011_0629_133918AA.jpg

もし一つ買えるとするならワニが良いですね。


agtz2011_0629_134151AA.jpg

ヨーゼフ・ホフマンのデザインです。
ここでは「ミス」と書かれていますが、「ミス R(リッチ)」と表記しているものもあります。


agz2011_0629_131145AA.jpg

とても魅力的ですが、思ったより大きいです。


az2011_0629_144652AA.jpg

さてアウガルテンを代表するこれ、マリア・テレジアです。
このシリーズもシェイプがいくつかあるそうで、これはベルヴェデーレ (114) シェイプというものです。DM のチラシによれば「オーストリア大使公邸コレクション」です。
どういう意味かと言いますと、オーストリア大使公邸で実際に使われているものだという事で、更には一般の販売店では注文できずここでの展示会でしか買えないという事です。
ちょっと説明を加えますと、当日あの場所では実際にお金を払って品物を持って帰ることはできないのです。展示会であり商談会であるというわけです。
確かにあの場所は外国の大使館の中ですので日本であって日本ではないのです。

では通常購入できる「マリア・テレジア」はと言うと、実物を見ていないのでカタログの写真でご勘弁いただきたいのですが、次のようなものです。


agtz2011_0704_215915AA.jpg

agtz2011_0704_215945AA.jpg

ティーカップもこんな感じです。
目立つ特徴は把手ですね。

お気づきになりましたでしょうか?
冒頭のボックスの把手と同じデザインですね。


アウガルテンという窯自体の事についてはまた別の機会に取り上げたいと思います。
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アウガルテンの器たち@オーストリア大使公邸 [アウガルテン]

agz2011_0629_144212AA.jpg

さて主要な商品の写真をアップしましょう。

agz2011_0629_131547AA.jpg

agz2011_0629_131452AA.jpg

こちらはメインのテーブルにセッティングされたインペリアルガーデンというシリーズです。


agz2011_0629_131348AA.jpg

agz2011_0629_131412AA.jpg

自然ににじみ出る品の良さが素晴らしいですね。


agz2011_0629_135925AA.jpg

こちらはマリー・アントワネットというシリーズです。


agz2011_0629_132548AA.jpg

現代的で豪華でありながら決して華美ではなく、セーブルなどとは異なる美しい青がとても印象的です。


agz2011_0629_133021AA.jpg

agz2011_0629_133037AA.jpg

ビーダーマイヤーというシリーズです。
しゃしゃり出る事のない上品な配色です。
細かな花の模様が明るさと楽しさを演出し、豊かな暮らしを連想させる魅力的なシリーズです。


agz2011_0629_131716AA.jpg

昨年も展示されていたクリムトの「生命の樹」の隣に同じクリムトの「期待」が飾られていました。
これは「生命の樹」を中心に「期待」「成就」で構成されるストックレー邸のストックレー・フリーズの一部を再現した陶板です。
シリアル#はどちらも 3/50 でした。来年は「成就」が登場するのでしょうか。


agz2011_0629_131303AA.jpg

そのストックレー邸を設計したヨーゼフ・ホフマンのシリーズの一つ「デコ・ヴィエナ」です。
アール・デコそのものですね。


agz2011_0629_131133AA.jpg

こちらも同じくホフマンの「ミス R(リッチ)」です。


agz2011_0629_131145AA.jpg

揃えてみたいですが、とても手が届きません。


agz2011_0629_134030AA.jpg

階段の上は大使の私邸です。


agz2011_0629_133918AA.jpg

手前に並んでいるのはマイセンの猿の楽隊を連想させる動物のオーケストラ。
題して「ウィーン・アニマル・フィルハーモニー」です。


agz2011_0629_133350AA.jpg

チェスの駒です。


agz2011_0629_133759AA.jpg

agz2011_0629_133848AA.jpg

agz2011_0629_134210AA.jpg

agz2011_0629_134302AA.jpg

agz2011_0629_134336AA.jpg

実に楽しく優雅ですね。


agz2011_0629_143322AA.jpg

agz2011_0629_143431AA.jpg


agz2011_0629_144946AA.jpg

エントランスホールを挟んで反対側の部屋でお茶とケーキがサービスされました。
コーヒー、紅茶、ワインもあります。


agz2011_0629_145443AA.jpg

なかなか買う事が出来ない器でお茶が飲めるという何と言う贅沢さでしょう。

一つ訂正します。
昨日マリアテレジアと書いたコーヒーカップは正しくは「プリンツオイゲン」でした。
色あいは似ていますが、良く見ると絵柄は違い、カップのシェイプも違うのでした。

再度訂正します。やはりこちらは「マリア・テレジア」のようです。シェイプは「プリンツオイゲン」も同じヴェルヴェデーレですが、絵柄が6種類あるマリア・テレジアのうちの一つのようです。


展示されていた商品全てはご紹介しきれませんが、素晴らしいものを見て触れる事が出来る体験は気持を豊かにしてくれます。
本物を見るのはとても大切な事です。
まあ、心は豊かになっても懐は寂しくなりそうですが。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

今回の内部の様子を少し:オーストリア大使公邸 [アウガルテン]

auz2011_0629_133436AA.jpg

今日は会社の歓送迎会があったので帰宅が遅くなりました。
昨日の続きをアップする予定でしたが、まずは公邸内の様子を少しだけアップします。


auz2011_0629_133717AA.jpg

昨年も掲載しましたベーゼンドルファーのピアノと二階に続く階段です。


auz2011_0629_133457AA.jpg

今回は生演奏は聴けませんでした。


auz2011_0629_132342AA.jpg

エントランスホールに飾られた花です。
後ろの緑は庭です。


au[z2011_0629_134425AA.jpg

メインのテーブルです。
なんて上品なんでしょう。


auz2011_0629_134608AA.jpg

auz2011_0629_134940AA.jpg

auz2011_0629_134518AA.jpg

auz2011_0629_135032AA.jpg

アングルを変えて何枚も撮ってしまいました。


auz2011_0629_132802AA.jpg

auz2011_0629_132737AA.jpg

壁の照明です。
こんな空間で暮らしてみたいですね。


auz2011_0629_135609AA.jpg

今回のメイン、主役をご紹介しておきます。


auz2011_0629_135739AA.jpg

auz2011_0629_135627AA.jpg

ボックスです。
大きいです。
見事ですがお値段も見事で、庶民に許されるのは見る事と賛美する事だけです。
女王様というよりは若いお姫様、社交界にデビューしたての若さと美貌と教養が輝くばかりのプリンセスといった佇まいです。

続きはまた明日以降アップします。

新大久保から麻布十番へ [アウガルテン]

dz2011_0629_103736AA.jpg

今日はお休みをもらって出掛けました。
まずは新大久保の楽器店 DAC です。
中途半端な時間に出掛けると通勤ラッシュにぶつかるのでいつもと同じ時間に出掛け、7時半頃には着きました。
開店まで駅近くの M のマークのファーストフード店で時間をつぶしました。
読みかけの本は読み終わり、新聞も読み終わり、持って行った3種類の『無伴奏チェロ組曲』の比較検討も出来ました。

そろそろ時間だと10時前にお店の前に行ってみると開店は何と 11時です。
周囲を歩いたり写真を撮ったりして時間をつぶしました。


dz2011_0629_103728AA.jpg

あるお店の前に一輪の朝顔がきれいに咲いていました。
この時間はもう日差しが強く、真夏のような写真です。


dz2011_0629_101847AA.jpg

dz2011_0629_102317AA.jpg

dz2011_0629_102554AA.jpg

お店の入り口の写真です。
店舗は階段を上がったフロアから、地下はホールのようなスペースになっています。

今日の目的はオールドの楽器を一本試奏する事です。
比較のために持って行ったのは FMCフルートマスターズの特注モデルです。
予定していなかったのですがランパルモデルも試奏する事ができました。
その様子は写真と一緒に改めて記事にします。


az2011_0629_130349AA.jpg

二つ目の目的は昨年も足を運んだオーストリア大使公邸で行われた展示会です。


az2011_0629_130407AA.jpg

昨年は 6/26 でした。
建物内部の様子はそのときご紹介しましたので、今回は展示されている商品を中心に写真を撮りました。


az2011_0629_144652AA.jpg

昨年知らずに帰ってしまって悔しい思いをしたのはザッハトルテです。
今年こそはと思っていたのですが、念願かなってコーヒーと一緒にいただく事ができました。

カップは贅沢な事にマリア・テレジアです。


az2011_0629_145910AA.jpg

az2011_0629_145939AA.jpg

az2011_0629_144559AA.jpg

ザッハトルテを始めとしてリンゴやナッツ、リキュールを使ったケーキがおいしく、さすがと感心したのはコーヒーが美味しかった事です。
すっきりとして雑味がありません。深煎りの良い香りが生きています。
ああやはり美味しいコーヒーとはこういうものだと改めて思いました。
我が家で淹れるコーヒーもこのくらいの味が出ているという自負はあるのですが、自分でやったものがパーフェクトだと言い切るほどの自信はありませんが、間違っていなかったと安心できた味わいでした。


az2011_0629_150023AA.jpg

こちらはウインナーローズのティーカップですが、中はコーヒーです。
さすがにこれらのカップは口当たりが違います。
口当たりでお味が違ってしまう事、敏感な方ならご存知でしょう。
お高い磁器はそれなりの価値があるのです。

こちらも展示されていた商品などは改めてご紹介します。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - アウガルテン ブログトップ