So-net無料ブログ作成

Kalita Coffee Mill:Next G [コーヒー]

i20190818_1424.jpg


朝からコーヒーゼリー作りですが、新しいミルを試すのが楽しみでもありました。

 



i20190818_1382.jpg


 

台所が空くまでの間庭を見ていますと久しぶりにカタツムリを見ました。




i20190818_1380.jpg


i20190818_1381.jpg


i20190818_1409.jpg


今まではセラミックの臼刃のタイプ(C-90)を使っていましたが、思うところあってカット刃のタイプに更新しました。




i20190818_1410.jpg


Kalita の ナイスカットG というタイプと基本構造は似ていますが、ナイスカットG が鋼鉄製の刃を採用しているのに対し Next G ではセラミック製の刃を採用しています。

 

カット刃を使いたいと思っていたのです。

 

 

i20190818_1412.jpg

 

この機種で評価が高いのが静電気を除去して微粉の飛び散りを防止していることです。

どうやら他の機種では微粉の飛び散りが悩みの種であったようです。

 

 

今まで使っていたミル(C-90)は隙間がなかったので微粉は出ていましたが飛び散ることはありませんでした。




i20190818_1411.jpg


i20190818_1416.jpg


出口には粉は付着しますが、飛び散りはありません。

容器の中でも粉は落ち着いていて容器への付着はほとんどありません。




i20190818_1420.jpg


モーターの回転数を落としているそうですが、今まで使っているものに比べてもはるかに静かで、特別時間が長くかかるような印象はありません。

あまりに静かなので本当に動作しているのかどうかじっと見てしまったほどです。

 

出来上がった粒は大きさが揃っている印象です。

それにエッジが鋭い感じです。

カット刄の特性でしょう。

 

微粉の出具合がどうであるかはいつもの金属フィルターを使ってみるまではわかりません。

ーヒーゼリーを作るときはペーパーフィルターを使うのです。



ドリップしたコーヒーの余りを飲んでみたところ、酸味も苦味も少し立ったバランスになった印象です。

今までと同じ味わいを出すにはもう一段階くらい粗挽きにすれば良いかなと思えました。




i20190818_1442.jpg


出来上がったコーヒーゼリーを一口食べてみますと、やはりコーヒーの味わいがより強く出ている印象です。




i20190818_1450.jpg


i20190818_1454.jpg


次のお休みにいつもの金属フィルターで淹れてみましょう。


 


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 21

コメント 2

ぼんぼちぼちぼち

コーヒーゼリーまでお作りになれるとは尊敬でやす!
器も品がいいでやすね。
コーヒーゼリーは、甘い物苦手なあっしが唯一食べられるゼリーでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-08-19 13:58) 

センニン

ぼんぼちぼちぼち さん、こんばんは。

たまたまうまくできて評判も良いので何年も作っています。
この器、もう同じものが手に入らなくて残念です。

このレシピではグラニュー糖を使うので普通のコーヒーゼリーよりはスイーツらしい出来上がりで、何も加えずにそのままで美味しいのです。
オリジナルのレシピではこれに飾りのクリームなどを乗せるようになっています。
とにかくアガーを使ったこの食感がいいのです。

ゼラチンを使わないので厳密に言えばゼリーではないのかもしれませんね。
by センニン (2019-08-19 19:37)