So-net無料ブログ作成

久しぶりのローストは パナマ ゲイシャ [コーヒー]


l20190720_0058.jpg
 

このロースターを買ったのはいつだったかと調べましたら11年前の10月でした。

この機種は今でも売っているので安定した評価を得ているようです。

 
 
l20190720_0006.jpg
 

今回ゲイシャ種を飲んでみようと思いましたが、豆の状態でもとても高いので生豆を買って久しぶりにローストすることにしました。

 

 

ゲイシャはアラビカ種の一種で、エチオピアにある原産地の村名に由来し、日本の芸者とは関係ない。

 

ゲイシャは、エチオピア南西部カファ地方のゲシャ村で1931年に発見された、比較的新しい種である。

その後、ケニア、タンザニアを経由して、1953年にコスタリカの農学研究所 CATIE へ持ち込まれたが、当時の栽培地は標高が低かったため味が悪く、長らく見捨てられた状態が続いた。

 

しかし2000年になってから、パナマのボケテ地区の冷涼な渓谷にあるエスメラルダ農園で隔離されながら栽培されたゲイシャが、見事な実をつけるようになった。

エスメラルダ農園は元はスウェーデン人が開いた古い農園で、1964年にバンク・オブ・アメリカの元社長ルドルフ・ピーターソンが買い取ってそれを息子のプライス、孫のダニエルが受け継ぎ、そうやってゲイシャの栽培に成功したのはダニエルの代になってからだった。

 

エスメラルダ農園ゲイシャは、2004年にコーヒーの国際品評会“ベスト・オブ・パナマ”で当時の落札最高額の世界記録を更新して[優勝し、一躍脚光を浴びるようになった。

 

この国際品評会には日本の輸入業者も来ており「ゲイシャ」の名が定着した。

その後、エスメラルダ農園ゲイシャは、「ベスト・オブ・パナマ」「SCAAカッピングパビリオン」「レインフォーレスト・アライアンス・カッピング・フォー・クォリティ」といった各種の品評会で1位を獲得している。

 

現在ゲイシャは、原産地と環境条件が似たパナマ、コスタリカ、コロンビアといった中南米で主に栽培が行なわれている。

(Wikipwdia)

 
 

業者の説明では欠点豆は一割程度なので一割増しにするとありましたので正味 990g くらいあるのだろうと思いますが、実際のところはハンドピックしてみなければわかりません。

 

 

l20190720_0007.jpg
 

ハンドピック用のトレイに広げます。

 
 
l20190720_0008.jpg
 

ざっと見たところでは悪くありませんが、始めます。

 
 
l20190720_0009.jpg
 

このようにして見ていきます。

 
 
l20190720_0014.jpg
 

ザルを使用してゴミなどを落とします。

 
 
l20190720_0017.jpg
 

まず取り除くのは小さい豆。

 
 
l20190720_0018.jpg
 

かなり厳しく選んでいます。

 
 
l20190720_0019.jpg
 
l20190720_0020.jpg
 

そのほかの取り除いた豆はこれだけ。

 
 
l20190720_0021.jpg
 
l20190720_0024.jpg
 

ピーベリーは欠点豆ではないのですが、小さいものが多いので私は取り除いています。

 
 
l20190720_0025.jpg
 

決して混じっていてはいけないのはこれらです。

 
 
l20190720_0027.jpg
 

腐敗豆など。

 
 
l20190720_0028.jpg
 

傷みのあった豆。

 
 
l20190720_0029.jpg
 

虫食いや変形など。

 
 
l20190720_0030.jpg
 
l20190720_0032.jpg
 
l20190720_0034.jpg
 

虫食い、腐敗、カビ、未熟といった豆は一つも残せません。

 
 
l20190720_0035.jpg
 

未熟と思われる豆です。

色が薄く、軽いです。

これはローストしても色があまりつかないのでローストしてからでも取り除くことができます。

 
 
l20190720_0036.jpg
 

ピーベリーはこれだけ。

 
 
l20190720_0037.jpg
 

そのほかの悪い豆。

 
 
l20190720_0038.jpg
 
l20190720_0039.jpg
 

形の悪いものや欠けたものです。

 
 
l20190720_0040.jpg
 
l20190720_0041.jpg
 

久しぶりなので長期保存していた古い豆でウォーミングアップします。

 

設定温度は 230℃、時間は15分です。

 
 
l20190720_0042.jpg
 

現在温度と経過時間です。

 
 
l20190720_0043.jpg
 

筒が斜めにセットされるので豆がゆっくりと撹拌されます。

 
 
l20190720_0045.jpg
 
l20190720_0047.jpg
 
l20190720_0059.jpg
 
l20190720_0060.jpg
 

だんだん色づいてきます。

 
 
l20190720_0072.jpg
 

ほぼ終わりです。

加熱が終了すると冷却が始まります。

 

 
l20190720_0082.jpg
 

32g のチャフと水分が飛びました。

 

 

l20190720_0083.jpg
 

ハンドピックもせず品種も混じっているのでムラがあります。

 

 
l20190720_0084.jpg
 
l20190720_0093.jpg
 
l20190720_0096.jpg
 

こちらは本番が終わった状態です。

水分量が多いので時間を16分に設定し、残り5分のところで温度を5℃上げました。

飛んだのは38g。

 
 
l20190720_0097.jpg
 

もう少し深煎りにしても良かったかなという印象です。

 

 
l20190720_0100.jpg
 

おすそ分けするものをすぐ真空パックにします。

 
 
l20190720_0101.jpg
 

カチカチになりますが、半日経つとかなり緩くなり、1日経つ頃にはパンパンに膨らみます。

 
 
l20190720_0109.jpg
 

数日置いた方が味わいが深まるのですが、結果を確認するためにすぐドリップします。

 
 
l20190720_0112.jpg
 

冷却の段階でかなり香りが飛ばされますが、時間が経つにつれ内部からじわじわと出てきます。

 

そして味わいは、期待以上のものでした。

マイルドそのもの。

これは素晴らしい。

酸味の苦みも暴れることがなく、ほどよい甘みが全体をまとめています。

 

飲み終えてすぐもう一杯欲しくなるコーヒーは久しぶりです。

 

これこそ至福というものです。

 
 
 
88_31.gif

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 14

コメント 2

ピストン

パナマ・ゲイシャ…一度飲んでみたいと思っている品種です。
評価が高いというのは以前から知っているのですが、特別な時に飲みたいコーヒーです(*^^*)
by ピストン (2019-07-21 12:22) 

センニン

ピストン さん、こんばんは。
お高いので生豆を買いました。
手間を厭わなければ至福の一杯が得られます。
この農園のものが一番です。
by センニン (2019-07-21 19:49)