So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今右衛門さんの講演を聴く@千葉市美術館 [アート]

i20190721_0118.jpg


魯山人展のイヴェントの一つ、十四代今泉今右衛門さんの講演を聴きました。






以前撮った写真です。

 

 

y20180224_9667.jpg

 

いろいろ興味深いお話があったのですが、その中で雪の結晶についてのお話がありました。

 

 

y20180224_9613.jpg

 

 

当初梅の花のつもりで描いたものがこの雪の結晶に発展したとのことで、墨はじきの技法と合わせて説明がありました。

 



y20180224_9577.jpg


同じシリーズでもう一種類ありますが、技法は同じです。




y20180224_9591.jpg


Baccarat とのコラボは三年前とのことでしたが、これを撮ったのは昨年の2月です。




y20180224_9632.jpg


当初既存のこのショットグラスと合わせてみたところ少し違和感があったので「もう5mm 低ければ」という意味のことを伝えたところ、Baccarat としては初めてのことらしいですが作ってくれたそうです。




y20180224_9663.jpg


y20180224_9665.jpg


お互いの作品にイニシャルが入れられています。




y20180224_9685.jpg


講演会は無料でしたが、事前の申し込みが必要で応募多数の場合は抽選でした。

有意義でした。


 


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヒゴタイ、咲く [花、植物]

i20190720_9959.jpg


今朝は霧になりました。

湿度は高いですが、今のところは気温は低いです。

 

昨日の朝の続きです。




i20190720_9937.jpg


先がほんの少し色づいた紫陽花が可愛らしいです。




i20190720_9939.jpg


鶏頭が姿を見せました。




i20190720_9941.jpg


皇帝ダリアにはやっぱり水滴。

 



i20190720_9946.jpg


落花生も花盛り。




i20190720_9947.jpg


この紫陽花はピークを過ぎました。




i20190720_9953.jpg


マンリョウの咲き始め。




i20190720_9954.jpg


ルリタマアザミ改め平江帯(ヒゴタイ)が色づき始めました。




i20190720_9955.jpg


上からです。




i20190720_9958.jpg


i20190720_9960.jpg


i20190720_9962.jpg


来週はきっと見頃です。




i20190720_9964.jpg


オカトラノオがまだ少し見られます。




i20190720_9965.jpg


アルストロメリアももう少し。

 



i20190720_9979.jpg


i20190720_9966.jpg


i20190720_9967.jpg


この紫陽花はこれから。




i20190720_9970.jpg


大部分赤くなりましたが、これから色付くものも。




i20190720_9971.jpg


i20190720_9972.jpg


お盆の頃にはみんな赤くなります。




i20190720_9973.jpg


緑から白、そしてまた緑へとアナベルは変わります。




i20190720_9975.jpg


この場所の桔梗はそろそろ終わりです。




i20190720_9976.jpg


i20190720_9969.jpg


フロックスは見頃の時期が短いです。

 



i20190720_9978.jpg


i20190720_9982.jpg


i20190720_9984.jpg


キレンゲショウマの蕾がほころび始めました。




i20190720_9986.jpg


オミナエシももう始まっています。




i20190720_9988.jpg


i20190720_9989.jpg


シダ植物に注意が向くようになりました。




i20190720_9990.jpg


i20190720_9991.jpg


i20190720_9993.jpg


シュウカイドウは鉢植えでよく育ちます。

 



i20190720_9998.jpg


パンが焼けるのを待ってお出かけです。

 

 

花を一つ、切っていきましょうか。


 


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりのローストは パナマ ゲイシャ [コーヒー]


l20190720_0058.jpg
 

このロースターを買ったのはいつだったかと調べましたら11年前の10月でした。

この機種は今でも売っているので安定した評価を得ているようです。

 
 
l20190720_0006.jpg
 

今回ゲイシャ種を飲んでみようと思いましたが、豆の状態でもとても高いので生豆を買って久しぶりにローストすることにしました。

 

 

ゲイシャはアラビカ種の一種で、エチオピアにある原産地の村名に由来し、日本の芸者とは関係ない。

 

ゲイシャは、エチオピア南西部カファ地方のゲシャ村で1931年に発見された、比較的新しい種である。

その後、ケニア、タンザニアを経由して、1953年にコスタリカの農学研究所 CATIE へ持ち込まれたが、当時の栽培地は標高が低かったため味が悪く、長らく見捨てられた状態が続いた。

 

しかし2000年になってから、パナマのボケテ地区の冷涼な渓谷にあるエスメラルダ農園で隔離されながら栽培されたゲイシャが、見事な実をつけるようになった。

エスメラルダ農園は元はスウェーデン人が開いた古い農園で、1964年にバンク・オブ・アメリカの元社長ルドルフ・ピーターソンが買い取ってそれを息子のプライス、孫のダニエルが受け継ぎ、そうやってゲイシャの栽培に成功したのはダニエルの代になってからだった。

 

エスメラルダ農園ゲイシャは、2004年にコーヒーの国際品評会“ベスト・オブ・パナマ”で当時の落札最高額の世界記録を更新して[優勝し、一躍脚光を浴びるようになった。

 

この国際品評会には日本の輸入業者も来ており「ゲイシャ」の名が定着した。

その後、エスメラルダ農園ゲイシャは、「ベスト・オブ・パナマ」「SCAAカッピングパビリオン」「レインフォーレスト・アライアンス・カッピング・フォー・クォリティ」といった各種の品評会で1位を獲得している。

 

現在ゲイシャは、原産地と環境条件が似たパナマ、コスタリカ、コロンビアといった中南米で主に栽培が行なわれている。

(Wikipwdia)

 
 

業者の説明では欠点豆は一割程度なので一割増しにするとありましたので正味 990g くらいあるのだろうと思いますが、実際のところはハンドピックしてみなければわかりません。

 

 

l20190720_0007.jpg
 

ハンドピック用のトレイに広げます。

 
 
l20190720_0008.jpg
 

ざっと見たところでは悪くありませんが、始めます。

 
 
l20190720_0009.jpg
 

このようにして見ていきます。

 
 
l20190720_0014.jpg
 

ザルを使用してゴミなどを落とします。

 
 
l20190720_0017.jpg
 

まず取り除くのは小さい豆。

 
 
l20190720_0018.jpg
 

かなり厳しく選んでいます。

 
 
l20190720_0019.jpg
 
l20190720_0020.jpg
 

そのほかの取り除いた豆はこれだけ。

 
 
l20190720_0021.jpg
 
l20190720_0024.jpg
 

ピーベリーは欠点豆ではないのですが、小さいものが多いので私は取り除いています。

 
 
l20190720_0025.jpg
 

決して混じっていてはいけないのはこれらです。

 
 
l20190720_0027.jpg
 

腐敗豆など。

 
 
l20190720_0028.jpg
 

傷みのあった豆。

 
 
l20190720_0029.jpg
 

虫食いや変形など。

 
 
l20190720_0030.jpg
 
l20190720_0032.jpg
 
l20190720_0034.jpg
 

虫食い、腐敗、カビ、未熟といった豆は一つも残せません。

 
 
l20190720_0035.jpg
 

未熟と思われる豆です。

色が薄く、軽いです。

これはローストしても色があまりつかないのでローストしてからでも取り除くことができます。

 
 
l20190720_0036.jpg
 

ピーベリーはこれだけ。

 
 
l20190720_0037.jpg
 

そのほかの悪い豆。

 
 
l20190720_0038.jpg
 
l20190720_0039.jpg
 

形の悪いものや欠けたものです。

 
 
l20190720_0040.jpg
 
l20190720_0041.jpg
 

久しぶりなので長期保存していた古い豆でウォーミングアップします。

 

設定温度は 230℃、時間は15分です。

 
 
l20190720_0042.jpg
 

現在温度と経過時間です。

 
 
l20190720_0043.jpg
 

筒が斜めにセットされるので豆がゆっくりと撹拌されます。

 
 
l20190720_0045.jpg
 
l20190720_0047.jpg
 
l20190720_0059.jpg
 
l20190720_0060.jpg
 

だんだん色づいてきます。

 
 
l20190720_0072.jpg
 

ほぼ終わりです。

加熱が終了すると冷却が始まります。

 

 
l20190720_0082.jpg
 

32g のチャフと水分が飛びました。

 

 

l20190720_0083.jpg
 

ハンドピックもせず品種も混じっているのでムラがあります。

 

 
l20190720_0084.jpg
 
l20190720_0093.jpg
 
l20190720_0096.jpg
 

こちらは本番が終わった状態です。

水分量が多いので時間を16分に設定し、残り5分のところで温度を5℃上げました。

飛んだのは38g。

 
 
l20190720_0097.jpg
 

もう少し深煎りにしても良かったかなという印象です。

 

 
l20190720_0100.jpg
 

おすそ分けするものをすぐ真空パックにします。

 
 
l20190720_0101.jpg
 

カチカチになりますが、半日経つとかなり緩くなり、1日経つ頃にはパンパンに膨らみます。

 
 
l20190720_0109.jpg
 

数日置いた方が味わいが深まるのですが、結果を確認するためにすぐドリップします。

 
 
l20190720_0112.jpg
 

冷却の段階でかなり香りが飛ばされますが、時間が経つにつれ内部からじわじわと出てきます。

 

そして味わいは、期待以上のものでした。

マイルドそのもの。

これは素晴らしい。

酸味の苦みも暴れることがなく、ほどよい甘みが全体をまとめています。

 

飲み終えてすぐもう一杯欲しくなるコーヒーは久しぶりです。

 

これこそ至福というものです。

 
 
 
88_31.gif

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

いよいよ夏だ [花、植物]

i20190720_9918.jpg


昨日から急にこの時期らしい陽気になりました。

昨夜は少し寝苦しかったですし、今朝は不快指数が高いです。

それでも雲があるのでまだ少し凌げますが、風がないですしベタベタする感じが嫌ですね。




i20190720_9882.jpg


バラが少しだけ咲いています。




i20190720_9884.jpg


百合も蕾を持ちました。




i20190720_9885.jpg


紫陽花はまだまだ見られます。




i20190720_9886.jpg


i20190720_9887.jpg

 

i20190720_9889.jpg


ノウゼンカズラはピークです。




i20190720_9890.jpg


i20190720_9891.jpg


i20190720_9892.jpg


可愛らしいのに毒があります。




i20190720_9897.jpg


皇帝ダリアは露を溜めます。




i20190720_9898.jpg


パイナップルリリーはまだ焦らします。




i20190720_9900.jpg


ランタナも咲こうとしています。




i20190720_9901.jpg


マンリョウが開花しました。




i20190720_9902.jpg


i20190720_9903.jpg


i20190720_9904.jpg


白藤。

食べられないのでしょうか?




i20190720_9905.jpg


ブッドレアはオカトラノオにちょっと似ています。




i20190720_9907.jpg


i20190720_9908.jpg


i20190720_9911.jpg


蝶が好みます。

 



i20190720_9909.jpg


ムクゲはしばらく楽しめます。




i20190720_9910.jpg



白は一旦終わりましたが次が控えています。




i20190720_9912.jpg


i20190720_9913.jpg


i20190720_9914.jpg


i20190720_9915.jpg


クチナシの八重が次々に咲いて辺り一面濃厚な香りが漂っています。




i20190720_9919.jpg


二度目に咲いた花たちはちょっと小さめです。




i20190720_9920.jpg


i20190720_9921.jpg


この場所のグラジオラスは赤と白は終わってしまいました。




i20190720_9922.jpg


i20190720_9923.jpg


i20190720_9924.jpg


夏野菜も次々に食卓に上ります。




i20190720_9926.jpg


i20190720_9928.jpg


赤一色のものにもよく見ると黄色が混じっているようです。




i20190720_9929.jpg


i20190720_9930.jpg


i20190720_9931.jpg


遅めにできるラビットアイです。




i20190720_9932.jpg


パウダーブルーというこの品種はとても上品な感じです。




i20190720_9935.jpg


ツユクサも咲いていました。

ムラサキツユクサとはまるで違います。




i20190720_9936.jpg


赤くなったものが多くなってきました。

 

続きは明日アップします。


 


nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春海バカラ [アート]

i20190717_9838.jpg


先日取り上げました Baccarat の古いグラスが春海バカラと呼ばれるものであることはその時触れました。




i20190717_9832.jpg


箱もオリジナル(日本の)です。




i20190717_9833.jpg


i20190717_9879.jpg


i20190717_9836.jpg

 

ギヤマンという表記に後で触れます。



i20190717_9880.jpg


i20190717_9839.jpg


大阪、高麗橋の春海商店がデザインして発注したものです。




i20190717_9843.jpg


i20190717_9874.jpg
 
i20190717_9876.jpg
 

大変貴重な、オリジナルの栞も残っています。

 
 
i20190717_9878.jpg

横書きの表記が現在と同じ左から右です。

 

ちなみに「白耳義」はベルギーの漢字表記です。

「阿蘭陀焼」というのはイギリスやオランダのプリントウェア(銅版転写陶磁器)のことで、現代ではイギリスの SPODE などのような製品です。

 

 

当時は京橋に支店があったようです。

 



i20190717_9845.jpg


この製品がいつ頃作られたかを探りたいと思っているわけです。

 

 

春海商店がバカラ製品の取扱を始めたのが 1904年とされています。

 

栞をもう一度見ていただきたいのですが、「東京市」とあります。

 

これは現在の23区であるそうですが、東京都に呼び名が変わったのが 1943年。終戦の2年前です。

 

 

大雑把ですがその間に作られたものであるはずですが、オリジナルにデザインして注文するのは 1904年よりもう少し後でしょうね。

 

 

110年くらい前から 75年くらい前まで、およそ35年の間に作られたものと推測します。

 



i20190717_9846.jpg


クリスタルガラス自体の質は現代の方が良くなっていますが、カットの技術は決して劣るとは言えません。




i20190717_9848.jpg


i20190717_9851.jpg


i20190717_9852.jpg


i20190717_9860.jpg
 
i20190717_9867.jpg


この、横方向のカットはアンティークバカラにも見られますが、上下に二箇所あるものは今のところ見つかりません。

想像ですが、これは日本の樽のデザインではないかと思います。

さらに想像するなら、春海藤次郎のデザインが他のバカラ製品に使われた可能性もあるかもしれません。




i20190717_9853.jpg


金彩も非常にきれいに残っています。




i20190717_9859.jpg


どのグラスにも良く見ると気泡が残っています。




i20190717_9868.jpg


このカットをぴったり合わせるのが高度な技です。




i20190717_9871.jpg


さて「ぎやまん」という表記ですが、ダイヤモンド(ディアマン)やすりを使ったカットガラスのことで、江戸時代の終わりまでそう呼ばれていましたが、明治の初めにドイツから製法を取り入れてそれまでの和ガラスから変わった時に呼び名も「ガラス」と変わったそうです。

なのでこの栞にそういう表記が使われているのは普通にそれが使われていたからではなくて知識人層や趣味人の間ではそういう呼び名が好まれていたからと推測します。

 

 

Tennoji938.jpg

 

日本語が左から右への横書きになったのは戦後と思われていますが、戦中(昭和17年頃)からそうしようという動きはあったそうです。

ただ、横書きがなかった日本語では作られ始めた辞書などでは原語を横書きにして日本語を90度右か左に回転させて表記していたそうで、不便だとして横書きが始まったそうですが、そういう経緯があるので当然左から右へ書いたそうです。

 

検索してみると

 1938年(昭和13年)10月頃の大阪の天王寺駅

 1938年(大正15年)12月24日(大正最後の日)の朝日新聞

の画像が見つかりましたが、表記は混在しています。

そしてはっきりと方向を統一すると宣言したのが読売新聞、昭和20年12月31日付紙面。

 

翌元旦から変更したのだそうです。

 

Yomiuri.jpg

 

 

製造年を推測するには今のところこれ以上材料がないのですが、現在も大阪で営業している春海商店にはデザイン画が残されているそうですし、フランスのバカラ本社にも図面はあるでしょう。

 

機会があればさらに調べてみたいものです。




ちょっと横道に逸れますが、箱の横に貼られたラベルに「湯」の文字が見えますが、湯呑みでもないし、茶の湯の意味とも違うような気がします。

いろいろ調べていますと、あの「吉兆」が創業当時から夏のものとしてバカラの器を使っていたことがわかりました。

創業は 1930年。創業者は湯木貞一。

ことによると湯木さんが書いたかあるいは次の所有者が来歴の記録のために書いたのかもしれません。

推測の域を出ませんが、そうであったらすごいと思います。



 


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

直木賞候補だったのか [本]

n20190707_9441.jpg


昨日芥川賞と直木賞の受賞作の発表がありましたが、芥川賞候補の五人中三人が女性で、直木賞に至っては全員女性ということも話題になっていました。

原田さんの『美しき愚か者たちのタブロー』も候補に挙がっていたのですね。

現在開催中の松方コレクション展に行かれる方にはちょうど良い本でしょう。



美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: 単行本


先日『原田マハの印象派物語』を取り上げたあと、同じ作者の文庫本『本日は、お日柄もよく』を貸してくださる人があったので1日で読みました。

 

 

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

  • 作者: 原田マハ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/06/07
  • メディア: 文庫

 

以前買ってみようかと検討したことがありましたが購入しなかったので、良い機会でした。

 

スピーチライターという馴染みのない職業を取り上げていてとても興味深く、またヒロインが支持するその道の達人のスピーチも素晴らしかったので読み進めることができたのですが、途中から選挙に舞台が移ると、なかなかうまく話を進めてはいるもののだいぶ現実離れしてきたなという印象で、ちょっと気持ちが離れてしまいました。

 

なんだか清水義範さんの『国語入試問題必勝法』みたいで、なるほどなるほどと読ませはするものの現実的にはどうなのだろうという感じです。

 

 

思わず涙ぐんでしまうところもあるのですが、一押しというわけにはいきませんね。

 

 

 

以下の写真は iPhoneX での撮影なので画質はいまいちです。



iIMG_1777.jpg


次いで書店で選んだのがこの二冊です。

『ジヴェルニーの食卓』は出世作で、『フーテンのマハ』はその作品ができる背景などが綴られているので手始めには良いかなと思います。

 

 

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/06/25
  • メディア: 文庫






iIMG_1779.jpg


語り口はうまいですね。

まるで本当にそういうことがあったかのように興味深く読むことができます。

 



iIMG_1778.jpg


作品に描かれた人々や当時の境遇、交友関係などは綿密な取材に基づいて描かれていると思うのですが、著者の手でそれらの人物に命が吹き込まれているかのようです。



『~印象派物語』も手元にあると描かれた作品を見ることもできてより理解が深まります。

ドガの少女像なんてその本で初めて見ましたし。




iIMG_1787.jpg


iIMG_1782.jpg



フーテンのマハ (集英社文庫)

フーテンのマハ (集英社文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: 文庫

こちらはまだ読んでいません。






iIMG_1783.jpg


iIMG_1784.jpg


iIMG_1785.jpg


iIMG_1780.jpg


iIMG_1786.jpg


『本日は~』の解説で知ったのですが、原田さんは同じく作家の原田宗典さんの妹なのですね。

彼の本はだいぶ以前何冊か読みました。

ユーモアの感覚がとても好きです。

 

スバラ式世界 (集英社文庫)

スバラ式世界 (集英社文庫)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1992/09/23
  • メディア: Kindle版

東京困惑日記 (角川文庫)

東京困惑日記 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2002/02/08
  • メディア: Kindle版



 


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:

中間の感じ:Uebel [楽器]

i20190710_9453.jpg


このところ以前入手した Uebel を使っています。




i20190710_9456.jpg


頭部管はオリジナルではなくて以前取り上げました FluteMakers Guild 製です。

ルーダルカルテの職人が設立したメーカーです。




i20190710_9457.jpg


葉巻型と呼ばれる他にない形状です。




i20190710_9461.jpg


クラリネットが有名ですが、フルートも評価を得ています。




i20190710_9462.jpg


反射板の先でカットされたような形状で、頭部管の長さも通常より長く作られています。




i20190710_9463.jpg


i20190710_9464.jpg


Eメカもキーカップを直接押さえる独自の構造です。




i20190710_9465.jpg


Aisレヴァーも可愛らしい形です。




i20190710_9466.jpg


左手親指周りも独特の形です。




i20190710_9469.jpg


キーカップも他にない形です。




i20190710_9471.jpg

 

右手小指周りも。

 

音色は木管に近いですが、 Isidor Lot ほど飛び抜けてはいません。

操作性や音の切れは普通の金属の楽器に近いです。

 

難点を言うならアルミ(合金)でありながら足部管一体型なのでかなり重くてハードケースに収納した状態でも長いことでしょうか。

 

 

以前も書きましたが、複数の同じタイプの楽器と比べた時この個体が一番結果が良かったのですが、それは多分頭部管のおかげです。

 

ルーダルカルテは Boosey & Hawkes に製造部門を売ってしまったのでそれ以降のこのブランドの楽器は別物と思わなければなりません。

そしてその時辞めて FluteMakers Guild を作った五人の職人たちは極めて優れた腕の持ち主だったということが言えます。

 

 

このブランドの楽器に出会ったら検討する価値ありです。

 



nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

加藤仁志さんの粉引き皿 [アート]

n20190714_9819.jpg


Pain de Lodève の撮影に使ったのは gallery ten で求めた 加藤 仁志 さんという作家さんの作品です。

 



n20190714_9810.jpg


gallery ten で昨年12月に企画展が行われたそうで、その記事から説明を抜粋して引用します。

 



n20190714_9818.jpg


 加藤仁志さん
 
  岐阜県土岐市で生まれ育ち、現在もその土地で作陶。
 
  大阪芸術大学で陶芸を専攻。
  卒業後、土岐市立陶磁器試験場で2年間、岐阜県の陶芸家のもとで1年半勉強したのち独立。
 
  山に土を採りに行き、粘土にする。
  いまや、ほとんどの陶芸家が著書(管理者注:業者か?)から買い求めるのがあたりまえですが、
  土づくりから加藤さんのものづくりが始まるのです。
  磁器に至っては薪窯で焼成。
 
  肌は、品のある粉引きや、クールな瑠璃釉、深みのある白磁、どれも料理が映える器です。
  食卓に落ち着いたアクセントが加わります。
 
オーナーの O さんのお話によれば
 土岐市は昨年NHKの連続テレビ小説『半分青い』の舞台になったところで、
 その役者さんが地元のラジオ番組に出演された時に、加藤さんも出演された
そうです。



n20190714_9820.jpg


粉引きのお皿です。

 

 粉引(こひき)とは、李氏朝鮮から日本に伝わった陶器のこと。粉吹(こふき)ともいう。

 由来は「粉を引いた(吹いた)ように白い」といわれたことから。

 当時、磁器に対しての憧憬から生まれた。褐色の素地の上に白化粧土を施したものである。

 日本では主に酒器や茶碗で高い評価、名品が生まれている。

(Wikipedia)




n20190714_9823.jpg


n20190714_9827.jpg


n20190714_9829.jpg

 

柔らかで優しい表情が窓越しの穏やかな光に似合います。

載せるものを引き立て、魯山人の緊張感を持った佇まいとはまた違う良さがあります。

 

 

l20190714_9780.jpg

 

フランス生まれのロデヴ。

どこかヨーロッパの地方の伝統的な陶器を思わせる、手作りの温もりを感じさせる器がとてもよく合います。

 

参考:http://www.kouboukaranokaze.jp/d-voice/701/

   https://shino-oribe.co.jp/blog/2907/

   https://www.tadanosuke.jp/products/detail.php?product_id=347

 



nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

GLESTAIN の刃物 [道具]

n20190714_9810.jpg


たまたま千葉そごうに行った時、7階で行われていた実演販売に目が止まりました。




n20190713_9617.jpg


グレステンというブランドは初めて目にしましたが、用意されていた野菜をまな板で切ってみたところその切れ味に驚きました。




n20190713_9621.jpg


いつものパンを焼き、求めたスライサーで切ってみます。




n20190713_9625.jpg


極めて珍しい刃がつけられています。

 

 

n20190714_9814.jpg


 

G型という、この会社の製品でも最も薄いタイプだそうです。

 



n20190713_9626.jpg


リブが刃を守るような構造になっていて、まな板に刃が直接触れることがありません。

なので食卓でお皿の上で食材を切ることもできます。





n20190713_9629.jpg


n20190713_9631.jpg


見かけからは想像できませんが、皮も身も非常にきれいに切れます。




n20190713_9649.jpg


n20190713_9659.jpg


n20190713_9664.jpg


n20190713_9666.jpg


n20190713_9669.jpg


n20190713_9670.jpg


右利き用で、左利き用(少し高い)もあります。

 

 

n20190714_9792.jpg



n20190714_9817.jpg


n20190714_9783.jpg


Premium は展示販売用のモデルだそうです。




n20190714_9784.jpg


n20190714_9789.jpg


n20190714_9790.jpg


n20190714_9791.jpg


一体型で、汚れが入ることがありません。




n20190714_9816.jpg




切れ味で GLOBAL、藤次郎 と並ぶ切れ味と評されています。

 

新たにペティナイフも買ってみました。

 

千葉そごうでの展示は今日で終わりのようです。


 


nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

Bios d'or の Pain de Lodève [美味しそう]

l20190714_9780.jpg


降っているかいないかくらいの雨だったので撮り始めたのですが、途中で傘が必要なくらいになったので中断しました。

 

今日は朝食の時間にふさわしいパンをご紹介します。




i20190715_9777.jpg


キモクレンが今頃咲いていました。




l20190714_9781.jpg


こちら、昨日いただいたパンなのですが、千葉市あすみが丘にある有名なお店でオーナーは帝国ホテルでパンを焼いていらした方とのことです。




l20190714_9782.jpg


スライサーについてはまた別の機会に。




l20190714_9796.jpg


お店は Bios d'or(ボワドオル)。フランス語で黄金の木という意味らしいです。

 

※追記:確かな筋の話によれば「金の林」という意味だそうです。

 

オーナーの金林さんのお名前です。

 

参考:

https://ameblo.jp/jirosho/entry-11456686786.html

https://www.panportal.jp/special/takeya_shokunin/vol13_1/




l20190714_9798.jpg


オーナーは金林達郎さんという方で、帝国ホテル、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(L’ATELIER de Joel Robuchon、六本木のフレンチレストラン)の責任者という経歴をお持ちで、2002年の 第2回クープ・デュ・モンド(パンのワールドカップ)で日本チームを優勝に導いた(審査員でもあった)そうです。




l20190714_9801.jpg


このパンは Pain de Lodève(パン・ド・ロデヴ)と言い、レーズンとクルミを使ったしっとりとした生地で皮がしっかりしている香り高いパンです。

 

Lodève はフランスの一地方のコミュニティの名前だそうで、一番人気で売り切れもあるとか。

 

金林さんは「パン・ド・ロデヴ普及委員会」の技術顧問も務められているそうです。




l20190714_9805.jpg


今までに知っているどのパンとも違う、これが良いパンの香りかと思わせる素晴らしい香りが鼻をくすぐります。

 

軽く半分は一度にいけますが、お腹にもたれることもなく全部食べられそうなくらいです。

 

噛み応えもしっかりしていて柔らかいレーズンとしっかりしたクルミのハーモニーが三重奏を奏でます。




l20190714_9778.jpg


地図はこちらで。

https://www.panportal.jp/boisdor/




l20190714_9730.jpg


「ロデヴ」を日本にもたらしたのはドンクだそうです。

http://www.donq.co.jp/pc/breadstory/breadstory02.html

http://panlabo.jugem.jp/?eid=1449

 

 

最近お気に入りの生食パンは神戸屋さん。

 

そういえば神戸屋さんでも何か宣伝していましたっけ。

 



nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -