So-net無料ブログ作成
美味しそう ブログトップ
前の10件 | -

久しぶりにコーヒーゼリーを作る [美味しそう]

j20180505_5052.jpg


一昨年作ったのが最後でしたので久しぶりですが、ずいぶん以前に買った本に載っていたコヒーゼリーをそれまでは毎年作っていました。

 

 

本は有名レストランのシェフがオリジナルレシピで作ったスイーツを集めたもので、そのシェフのお店に行ってもメニューには載っていないようです。




j20180505_4962.jpg


レシピではインスタントコーヒーを使うように書いてあるのですが、私は豆から淹れています。




j20180505_4967.jpg


豆は毎回 UCC のガテマラの深煎りを使っています。

 

悪くはないのですが、やむを得ない事ながら取り除かなければならない豆が多いです。

また、いつも膨らみが良くないので多分ローストしてからそれなりに時間が経っていると思います。

 

まあ、ショーケースに入れてあるのではどうしてもガスは抜けてしまいます。

 

 

新鮮な豆なら最初に注湯した段階でもっとブワッと膨らむはずなのです。




j20180505_4971.jpg


湯を注ぎながらですのでちょうど良いタイミングで撮るというわけにはいきません。

 

飲む時は普段はプレスか金属フィルターですが、ゼリー作りの時は円錐のペーパーフィルターを使います。

ゼリーの中に微粉が出るのは好ましくないので。




j20180505_4973.jpg


香りは良く立ちます。




j20180505_4999.jpg


ゼリーなら普通はゼラチンを使うわけですが、愛用のレシピではカラギーナン(アガー)を使います。

すると一般的なかためのゼリーでなくジュレのようなプルプルの仕上がりになります。

 

 

そのまま飲めるようなゼリーが出来上がります。

 



j20180505_5033.jpg


撮影用にアンティークの Baccarat を引っ張り出しました。

 

 


j20180505_4992.jpg


ゼリーの色がきれいです。

 



j20180505_5017.jpg


グラスも美しいです。




j20180505_4993.jpg


j20180505_5010.jpg



j20180505_4995.jpg


j20180505_5020.jpg


j20180505_5024.jpg


j20180505_5021.jpg


j20180505_5056.jpg

 

グラニュー糖も使っているのでホイップクリームがなくても美味しくいただけます。

 

レシピにはない隠し味も使っています。

深煎りですが鋭い苦みはうまく隠されています。

コーヒーの苦手な方でも大丈夫です。
 
 


 

nice!(22)  コメント(2) 

あんぽ柿 [美味しそう]

a20180303_0099.jpg


あんぽ柿をいただきました。

冷凍便で届きました。



自然解凍していただきます。

 



k20180310_0368.jpg


シャーベット状の時が食べごろだそうですが、少しそれより時間が経っています。



柿なので柿右衛門の小皿に載せてみました。




k20180310_0372.jpg


表面の食感がとても良いです。




k20180310_0389.jpg


あんぽ柿は渋柿の蜂屋柿や平核無が原料だそうですが、これは大粒なので多分蜂屋柿です。

 



k20180310_0403.jpg


硫黄で燻蒸して乾燥させるという製法で作るため固くならず柔らかいのが特徴です。

 

硫黄は揮発してしまうそうで、勿論害はないそうです。




k20180310_0410.jpg


小皿はコーヒーカップのソーサーです。




k20180310_0412.jpg


切って並べてみます。




k20180310_0414.jpg


柔らかな内側としっかりした外側の対比がとても良いです。




k20180310_0420.jpg


種はありません。




k20180310_0424.jpg


k20180310_0439.jpg


k20180310_0441.jpg


k20180310_0457.jpg


ひと切れをお出しするときは小皿がよろしいかと。




k20180310_0480.jpg


k20180310_0493.jpg


本来は蔕を取ってもう少し小さく切って食べやすくしてお出しします。




k20180310_0511.jpg


でも楊枝でいただくほどの大きさよりこの半分ほどの大きさの方が食べ応えがあって良さそうです。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



 

nice!(26)  コメント(4) 

神楽坂:ChikaLicious NY Amarige [美味しそう]

j20180310_0337.jpg
 

去年五月、いただいたお菓子をご紹介しましたが、今日お店に行ってみました。

 

j20180310_0349.jpg
 

チカリシャス アマリージュ と読みます。

 

甘い(amai)ものとスイーツと相性の良いお酒とのマリアージュ(mariage)という意味が込められているそうです。

“ChikaLicious” はオーナーシェフのチカ・ティルマンさんのお名前とデリーシャス(delicious)から作られているようです。

 
 
j20180310_0335.jpg
 

検索するとトップに地図を含むサイトが表示され、今回訪れたお店ともう一店が表示される場合がありますが、HP の "Access" によればもう一店の方から現在のお店に移転したらしく、もう一店が表示される場合は “ファクトリー” とついている方を目指してください。

 
 
j20180310_0336.jpg
 
また、同じページの ‘弊社商品お取扱店舗’ に松屋銀座の食品街が載っていますが、昨年夏に行った時には「今日はまだ届いていない」と言われ、今日事前に電話で確認したところ、「もう取り扱っていない」と言われましたので、購入できるお店は一店だけと思った方が良いです。
 
 
j20180310_0338.jpg
 

季節柄イチゴを使った商品が目立ちます。

 
 
j20180310_0340.jpg
 
j20180310_0341.jpg
 
j20180310_0342.jpg
 
j20180310_0343.jpg
 

イラストの描かれたケーキです。

 
 
j20180310_0345.jpg
 

間口の大きなお店ではありませんが線路沿いの道を歩いて行くと右手に見えますのでわかりやすいです。

 
 
j20180310_0346.jpg
 
j20180310_0347.jpg
 
l20170528_8762.jpg
 

美味しそうなケーキも買いたかったですが、今日は去年いただいたものと同じものを。

 
 
j20180310_0351.jpg
 
都営大江戸線の牛込神楽坂駅が最寄りです。

 




nice!(18)  コメント(2) 

カップでイチゴ [美味しそう]

l20180303_0048.jpg


装置を組み立ててイチゴを撮ってみました。




l20180303_0055.jpg


品種は昨日買った「紅ほっぺ」です。




l20180303_0060.jpg


お昼頃に行ったので大きなものはありませんでしたが、この器にはちょうど良い大きさです。




l20180303_0065.jpg


上のイチゴを取り替えて撮ります。

 

真上から撮るときは緑が見えた方が良いですね。

 





l20180303_0070.jpg


 

器は WEDGWOOD の  HARLEQUIN Collection の Polka Dot Collection です。

 

ピンク、イエロー、黄緑、水色があります。

 



l20180303_0073.jpg


l20180303_0059.jpg


l20180303_0083.jpg


不揃いなのはご愛嬌。




l20180303_0087.jpg

 

j20180303_9835.jpg

こちらは買ってすぐに自然光で撮ったものです。

j20180303_9837.jpg
 

蔕も新鮮ですし、色がきれいです。

 

j20180303_9840.jpg
 
j20180303_9848.jpg


l20180303_9994.jpg


バックがピンクなのは夜撮ったものです。




l20180303_10006.jpg


半日でも鮮度は落ちますね。




l20180303_10022.jpg


一番近い直売所に朝行ってすぐ買って帰れば良いのですが、なかなかそうも行かないのです。

JA の直売所で売っているものも朝収穫したものだと思いますので鮮度は良いでしょう。

 

スーパーなどに並んでいるものは完熟前のものを収穫しているはずです。

そうでないと二、三日のうちに傷んでしまいます。

 

粒が大きいものの方がお値段も高いです。

一口サイズも良いですね。


 




 

nice!(26)  コメント(4) 

いちご:かおりの [美味しそう]

l20180224_9538.jpg


昨日帰ってみるといちごがありました。

頂き物だそうです。




l20180224_9546.jpg


先月イチゴ狩りでも味わった品種です。




l20180224_9548.jpg


あまり赤くない部分でも甘みがあって比較的柔らかい品種です。




l20180224_9551.jpg


i20170513_8110.jpg


取り急ぎの撮影でしたが、以前取り上げたことがあります Baccarat と今右衛門さんのコラボレーションの作品を使ってみます。


この時はマッセナのグラスとの組み合わせでしたが、コラボレーションはもうひと組あります。


l20180224_9554.jpg


こちらは星型の器で、イチゴの蔕との対比が面白いかなと思ったのです。





l20180224_9559.jpg


l20180224_9561.jpg


イチゴの形もいろいろあって面白いです。




l20180224_9564.jpg


じっくり撮ることができたらもう少し見応えのあるものになったかもしれません。
 
 


 

nice!(30)  コメント(6) 

いちごは直売で [美味しそう]

ii20180214_9218.jpg


河津桜が一輪咲いていました。

週末はもっと見られるでしょう。

 

 


s20180210_8969.jpg


千葉市内に何軒かいちご農家がありますが、月曜日にそのうちの一軒に行ってみました。

イチゴ狩りをやっている農園ではもう小さいものしかないとのことだったので次の農園へ。

 

 


s20180210_8967.jpg


こちらはまだいちご狩りはやっていないとのことで直売のみでした。

品種は紅ほっぺ。




s20180210_8968.jpg


おすすめは大きいものとのこと。




s20180210_8970.jpg


イチゴ狩りは二十三日からとのことでした。




s20180210_9078.jpg


完熟のものを収穫して販売していますので、スーパーで買うよりも有名店で買うよりも美味しいものを味わうことができます。




s20180210_9083.jpg


写真は夜撮っていますのでヘタが少し萎れていますが、味も香りも食感も最高です。




s20180210_9091.jpg


はらぺこあおむしのソーサーに並べてみました。




s20180210_9105.jpg


s20180210_9113.jpg


お値段はスーパーより少し安めのようです。



また買いに行きたいです。





s20180210_9144.jpg



 

nice!(31)  コメント(6) 

思いがけず赤福 [美味しそう]

i20180114_8193.jpg


昨日所用があって千葉そごうに行きますと、催事のフロアで物産展が行われていました。

「ご当地うまいもの大会」だそうで、全国の美味しいものが集められているようです。




i20180114_8159.jpg


エスカレーターを上りますと目に飛び込んで来たのは赤福です。




i20180114_8184.jpg


正午からの販売で、お話では三時ごろには売り切れてしまうだろうとのことでした。




i20180114_8195.jpg


8個入りと12個入りが積み上げられていました。 




i20180114_8201.jpg

 

趣味期限は冬なので二日後まででした。

多分当日製造したものを正午までに届けているのでしょう。

 

大好物という人が多い赤福、今年の2月以来です。

 

 

美味しくいただきました。

 
 


 

nice!(31)  コメント(6) 

いちご狩り@山武市 [美味しそう]

j20180113_8043.jpg

フラワーミュージアムに行こうかと思ったのですが、予定を変更してシーズン真っ盛りのいちご狩りに行ってみました。

 

最初千葉市内の有名どころに問い合わせてみたのですが、もう残りが小さいもの主体になったとのことで、さらにお目当の「チーバベリー」(去年披露された新しい千葉県産の品種)も朝のうちになくなったとのことで断念。

j20180113_8069.jpg

そこでイチゴ狩りが盛んで最大の観光資源でもある山武市(旧成東町)に行くことにしました。

以前仕事でお付き合いのあった農園もあるのですが、もう世代は代わっているかもしれません。

最初に訊いたところでは作付け面積が多くないのでイチゴ狩りはやっていないとのこと。

 

道をそのまま進むとすぐまた別の農園があります。

 

j20180113_8068.jpg
j20180113_8063.jpg

こちらは殿台(とのだい)という地区で、昔からの農園が連なっています。

 

j20180113_8065.jpg

この先山武市と東金市にまたがる一帯に食虫植物の群落があります。

春頃が見頃です。

 

 

j20180113_8066.jpg

鹿島神社と書かれていました。

 

 

j20180113_8060.jpg
こちらマルキ農園さんではガイドブック 生産組合の HP では午前中だけとあったのですが伺ってみるとできますとのことで、お願いすることにしました。
j20180113_8067.jpg

ハウスはすぐ後ろにあります。

 

ガイドブック 生産組合の HP では苺の生産組合(山武市成東観光苺組合)に加盟する所はどこも大人1600円(30分)とあるのですが、こちらでは 40分、と言われました。





j20180113_8002.jpg


各品種二列づつのようです。




j20180113_8003.jpg


子供も大人も採りやすい位置で栽培されています。




j20180113_8004.jpg


車椅子でも大丈夫だと思いますが、列の間はあまり広くはない印象でした。




j20180113_8005.jpg


j20180113_8006.jpg


まずは「かおり野」という品種です。





j20180113_8007.jpg


j20180113_8008.jpg


お話では赤みはあまり強くない品種だそうで、確かにあまり赤くない部分も甘く柔らかく美味しい品種でした。




j20180113_8009.jpg


こちらは見かけることがある「さちのか」です。




j20180113_8010.jpg


大粒で甘く美味しいです。





j20180113_8011.jpg


花はどれもよく似ていて見分けがつきません。




j20180113_8012.jpg


これも知っている品種「紅ほっぺ」です。




j20180113_8014.jpg


形がよく、明るめのきれいな色です。




j20180113_8015.jpg


「やよいひめ」。




j20180113_8017.jpg


大粒で、ちょっと細長いものもありました。




j20180113_8018.jpg


j20180113_8020.jpg


j20180113_8021.jpg


初めて見ました。

「おいCベリー」だそうです。




j20180113_8022.jpg


葉が反っていて食べやすいです。




j20180113_8023.jpg


面白い名前ですね。

「もういっこ」。




j20180113_8024.jpg


j20180113_8025.jpg


有名な「とちおとめ」。




j20180113_8026.jpg


少し尖っています。




j20180113_8027.jpg


「ふさのか」。

千葉県で開発された品種でしょうか?




j20180113_8028.jpg


j20180113_8029.jpg


お目当の「チーバベリー」。




j20180113_8030.jpg


甘みと酸味のバランスが良く、柔らかすぎずしっかりとしています。




j20180113_8031.jpg


ここからマクロに替えて少し寄って撮ります。



一つの品種二個を目安に。

 

ミルクをつけるとたくさん食べられなくなりますのでミルクなしで。

撮影もするのであまりゆっくりはしていられません。




j20180113_8032.jpg


j20180113_8033.jpg


j20180113_8035.jpg


j20180113_8036.jpg


j20180113_8038.jpg


j20180113_8039.jpg


j20180113_8040.jpg


j20180113_8041.jpg


j20180113_8042.jpg


j20180113_8044.jpg


ダイナミックな形ですね。




j20180113_8045.jpg


j20180113_8047.jpg


j20180113_8048.jpg


j20180113_8049.jpg


j20180113_8050.jpg


小さいものも試してみました。




j20180113_8051.jpg


全部小さいわけではありません。




j20180113_8052.jpg


こんな形のも。




j20180113_8054.jpg


ピンクの花びらが残っていました。




j20180113_8057.jpg


j20180113_8058.jpg


j20180113_8059.jpg


イチゴを採るときは実を持って強く引っ張ったりせずに茎を片方の手で持って捻るようにした方が良いです。

 

軽く引いて取れるものもありますが、完熟でないものなどは取れにくいものがありますのであまり強く引くと苗を傷めてしまうかもしれませんので。

 

まだまだシーズンはこれからですのでもう一度くらい行ってみたいです。

 

 

花がないので明日の朝は更新はお休みします。





 

nice!(30)  コメント(8) 

有楽町で会いましょう:かっつぁんおにぎり [美味しそう]

j20171009_4288.jpg


体育の日で行楽日和のこの日、いすみ米が有楽町にお目見えしました。




j20171009_4273.jpg


いすみ市のイヴェントだそうで、かっつぁんはキッチンカーでおにぎりを握りました。




j20171009_4277.jpg


新米です。

 

 

j20171009_4289.jpg



j20171009_4276.jpg


j20171009_4278.jpg


場所は有楽町駅近くの無印良品の前です。

 



j20171009_4274.jpg


一人でその場で握るので大変です。




j20171009_4280.jpg


お客さんは次々に並びます。




j20171009_4284.jpg


どれも美味しいです。




j20171009_4285.jpg


j20171009_4287.jpg


顔出し OK です。




j20171009_4290.jpg


シンプルな「千葉おにぎり」を是非一度。




j20171009_4291.jpg


外国の方も並びます。




j20171009_4292.jpg


良いお天気でした。




j20171009_4294.jpg


おにぎりを持っているので日陰を歩きます。




j20171009_4299.jpg


j20171009_4307.jpg


自家製梅干を使っています。



j20171009_4308.jpg


青まぜ海苔と鴨川の天然塩がとても美味しいです。



j20171009_4309.jpg


j20171009_4310.jpg

いすみ米はかっつぁんに脱サラと移住を決意させた、かっつぁん曰く日本一のお米です。
新潟と同じ時期に千葉県にも導入されたコシヒカリです。
enmusubi_L_1.jpg

今回は残念ながら「えんむすび」の販売はありませんでした。

 

k20150627_2289.jpg

おにぎりは通信販売はできませんが、お米なら大丈夫かもしれません。

 

ダジャレではない「えんむすび」には裏付けがあります。

機会がありましたら是非お求めになってみてください。


 

nice!(19)  コメント(0) 

メロンと杏仁豆腐:セブンイレブン [美味しそう]

i20170712_0670.jpg


まだかなと思っていたら店頭に並んでいました。

多分地域限定(千葉県内のみ?)、期間限定(今度買ってみようなんて思っているとなくなっている)の商品だと思います。




i20170712_0671.jpg


ネーミングは今までと少し違っていてメロンも増えているように思います。




i20170712_0674.jpg


旭市(旧飯岡町)の「貴味メロン(たかみメロン)」を使っています。

 

おすすめです。


 



 

前の10件 | - 美味しそう ブログトップ