So-net無料ブログ作成

バッグに悩む [写真]

l20171210_6552.jpg


少し前に望遠レンズ用のポーチを購入し、バッグから出して別に収納するようにしているのですが、また一本レンズが増えたのでどうしようかと考えました。

 

 

i20171014_4366.jpg

 

愛用しているのは VANGUARD のショルダーですが、上蓋が手前から開くので肩に掛けたままレンズを入れ替えするには好都合です。

 

 

i20171014_4359.jpg

 

このメーカーのものはクッションも厚く、レンズを保護するにも適しています。

実際七月に役に立ちました。

 

レンズを交換するとき都合の良い場所があれば不自由はないのですが、立ったまま素早く交換しなければならない場合があります。

今までは右腕に交換しようとするレンズを抱え、左手てレンズを外してリアキャップを付け替え、取り外してレンズをバッグに収納してから右腕のレンズを取り付ける、などという手順で交換していました。

 

スリングタイプのものを購入しようかとも思ったのですが、試しに今使っているバッグをたすき掛けのようにしてみると右肩にかなりの負担がかかることが実感できました。

 

右には普段使いのバッグを掛けているので、右にだけ負担がかかってしまうのです。

 

 

l20171210_6554.jpg

 

ヨドバシカメラに行って現物を見ながら考えました。

軽量なトートバッグのようなものは論外です。

 

リュックタイプはレンズ交換の際は一旦下ろさなければさなければなりませんし、大容量のものはそれ自体がかなり重いです。

機材を一覧できる点は魅力を感じますが。

 

 

トロリータイプは加曽利貝塚のような場所では使いづらいですし、移動中の衝撃が心配です。




l20171210_6555.jpg


結局バッグを新調するのはまた見送って、今持っている望遠ズームも収納できる容量のものを一つ購入し、レンズ交換の際に一旦ここに収納するような使い方をすることにしました。




l20171210_6553.jpg



NATIONAL GEOGRAPHIC ブランドですが、中に Manfrotto のタグがありましたので多分その OEM でしょう。

 

デザインは今はタウンユースにも使えるようなものもラインアップされていますが、機材を保護するという点では十分とは言えないと思います。




l20171210_6557.jpg

 

 

掃除用のツールなど小物をこちらに入れておいても良いですね。

 

しばらくこれでやってみましょう。

 
 


 

nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

X-T2 も退院 [写真]

iaa8cf.jpg


修理に出していた X-T2 が帰ってきました。



今回の写真は二枚を除いて iPhone X で撮っています。

ホワイトバランスは思ったより良いですね。

 



i6299c.jpg


i439245F8E7BA.jpg

 

原因はわかりませんが液晶モニタをこのような角度にしないと表示が止まり、やがて消えてしまったり最初から表示されなかったります。

 



id4230.jpg


何度かぶつけたりもしたので接触不良になったのだろうと思うのですが、どういう風に本体と繋がっているのかわかりませんね。

 

液晶の交換だとかなりの費用になるだろうと思っていたのですが、どういうわけか「再修理」の扱いとなって修理費はかかりませんでした。

 

今年七月に一度修理していますのでそれからまだ半年経っていません。

確かに半年以内の再修理は無料となっているのですが、症状や故障箇所は違いますのでどうして再修理としてくれたのかはわかりません。

 

 

前回修理後各部の動作チェックをしているのですが、ことによると今回の症状がその時(強いショック)の影響であると判断されたのかもしれません。

 

 

あまり追及すると「そういえばそうですね」として有料になるかもしれませんので。これ以上は考えないことにしましょう。


 


i20171212_6558.jpg


こちらは X-T2 でホワイトバランスは AUTO です。




i20171212_6559.jpg


向ける方向によってかなり色が変わります。

かなりシビアに色を判断しているようです。

 

重要でない写真は iPhone X でも良いかもしれませんね。





 

nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

楽器を撮ってみる:等倍マクロ [写真]

j20171209_6439.jpg


花の大きさはいろいろなので最近接で撮ってもどのくらい寄れているのか分かりづらい嫌いがあります。




j20171209_6417.jpg


そこでマニュアルで最近接にピントを固定してフルートを撮ってみました。




j20171209_6420.jpg


ここまで寄れると古い楽器の細部を調べる時など役に立ちます。




j20171209_6421.jpg


彫刻の彫り方もわかりますし、傷もバッチリ写ってしまいます。




j20171209_6425.jpg


ポイントアームの取付部分も良くわかります。




j20171209_6426.jpg


ポストの取付部分。




j20171209_6430.jpg


歌口のカットの様子やライザーとリッププレートの取付の様子もよくわかります。




j20171209_6431.jpg


ライザーの取付部分も。




j20171209_6435.jpg


バネも。




j20171209_6436.jpg


j20171209_6437.jpg


FMC フルートマスターズ特製の掃除棒のきれいなネイルアートも。

 

明日の朝はお天気は良いようです。

 

感覚を掴むために明日もマクロで一応撮ります。

氷はないかもしれませんが、花も多分ありません。



アップできるものが撮れたら更新します。


 



 

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XF80mm / 2.8 R LM OIS WR MACRO [写真]

IMG_2543.JPG


朝は少し雲がありましたが良いお天気でした。

気温は低めで、外来はお休みだからとパジャマのままで外に出たらやっぱり羽織るものが必要だと感じました。


たまたまでしょうが、昨夜もカラーの夢を見ました。

早めに目が覚めた時に一度、寝直した時にもう一度見ました。

先に見た方は車のディーラー。

そこで新型車を見て次に同じ系列の行きつけのお店で同じ車を見たのですが、なぜかそこにミニカーをそのまま大きくしたようなごついデザインの黄色い大型トラック(「激突!」に出てくるようなやつ)があって、それを動かしてみたところアクセルの反応が乗用車並みに機敏でした。


次に見たのはやっぱり乗物。

大通りから細い脇道に自転車で乗り入れたのですが下り坂でウネウネとした道で舗装もされていない農道です。

途中に蝦蟇のような気味の悪い生き物がいたのですが、それを過ぎると左側に見事なブルーベリー農園が広がっていました。

面積も広くちょうど色づき始めで、こんなによく育てる秘訣を今度教えてもらおうと思いながら通り過ぎました。

その先の右上に我が家が見えました。




さて看護師さん達は良く世話をしてくれますが、たまたま先日再読した本に看護に対する感想を述べた部分がありましたので一部引用します。


Dr. ヘリオットのおかしな体験
  ジェイムズ・ヘリオット
  池澤夏樹・訳  集英社文庫
  第二十四章
   P. 360 
   ぼくはベッドに横になったまま、いったいどんな性格の女性なら、看護婦という苦労の多い暮しに耐えていけるのだろうかと考えたものだ。他人の安楽を思うやさしさか?  本能的に世話好きなのか?  なんにせよ、生まれつきのものであることはまちがいのないことだ。

1981年に文庫化されたものなので “看護婦” となっています。

この章ではジュディーという名のシープドッグが登場するのですが、そのシープドッグはヘリオット先生が家畜の治療に当たっているとそばでじっと見ていたり針を抜いた痕を舐めたり、横になった牛のまわりを点検したり顔を舐めたり、正面にじっと座って見守ったりとまるで看護しているようなことをする犬で、具合の悪い動物がいると駆けつけてくるというのです。


多少の脚色はあるかもしれませんが、多分実際にあった話でしょう。



IMG_2494.JPG


FUJIFILM の新しいマクロレンズが先月末に発売になりました。

ちょうど入院のタイミングと重なったので病室が決まるとすぐにネットで注文し、それが昨日届きました。



IMG_2495.JPG


等倍まで撮れる待望のレンズです。

今までの 60mm / 2.4 はすっかり自分の手の一部となった感があるのですが、 0.5 倍までというのがどうにも歯がゆく思っていましたので、やっと発売されたかといったところです。


実は X-Pro2 も持ってきていまして、昨日午後届いてから早速取り付けて暗くなり始めた外に出て撮ったのがこれらの写真です。

X-T2 は液晶の具合が悪くて持ち主と同じく入院中です。



IMG_2497.JPG


まだ寄れる距離などが掴みきれないので今までのレンズと同じような撮り方をしています。



IMG_2500.JPG


解放だとかなり深度が浅いですが、60mm ではここまでは寄れません。



IMG_2502.JPG


暗くて寒いので引き上げます。



IMG_2504.JPG


これで最近接です。



IMG_2505.JPG


これは X70 で撮っています。



IMG_2506.JPG


IMG_2508.JPG


最小絞りは 60mm と同じく22 まで。

もう一絞りあっても良いかなと思います。



IMG_2509.JPG


メガネクリーナー。



IMG_2510.JPG


IMG_2514.JPG


IMG_2516.JPG


最近接。



IMG_2519.JPG


今朝改めて撮ってみました。

少し感覚がわかりかけてきています。



IMG_2520.JPG


IMG_2522.JPG


IMG_2531.JPG


IMG_2525.JPG


IMG_2527.JPG


山茶花以外には花らしい花がありません。



IMG_2528.JPG


中望遠レンズとして使うとこんな感じです。



IMG_2530.JPG


少し風があります。



IMG_2534.JPG


IMG_2539.JPG


午後もう一度トライします。

1枚目のタンポポもこのとき撮っています。



IMG_2546.JPG


光の具合の良いところがなかなかありません。



IMG_2547.JPG


こいう撮り方だと今までと同じ。



IMG_2550.JPG


IMG_2551.JPG


もうちょっと絞るべき。

ただ、バックが邪魔になります。



IMG_2552.JPG


IMG_2554.JPG


これも同じく。



IMG_2556.JPG


IMG_2566.JPG


太陽が西にあるので変化があります。



IMG_2568.JPG


等倍マクロらしい画像です。



IMG_2576.JPG


単色の花弁に光で変化を。



IMG_2582.JPG


バックの色に変化を。



IMG_2583.JPG


ピント合わせはもうちょっと慎重に。



IMG_2586.JPG 

 
次のお休みにはこれで庭が撮れます。
 
明日退院の運びとなりました。
 
 
 


 


共通テーマ:趣味・カルチャー

22まで絞っても [写真]

t20171029_4748.jpg


先日ブツ撮りをした時に以前撮ったアクセサリーを取り直してみました。

 



p20171015_4471.jpg


前回は出先でホワイトバランスを合わせただけでしたので明るさも十分とはいえずあまり絞ることはできませんでした。

 


t20171029_4753.jpg


今回は 22まで絞ってピントもマニュアルで拡大して確認しながら撮っているのですが、これだけ小さいものになると奥まではピントが合いません。

 

発売予定の 80mm Macro は等倍まで撮れるのですが最小絞りは 22なのでこれ以上深度を稼ぐのは無理かもしれません。

 



p20171015_4475.jpg


 

GFX50s なら 4X5 対応のアダプターがあるのでアオリもできるのですが、そこまでは投資できないですねえ。

 

今度また以前使った CONTAX のベローズと 100mm の等倍マクロでやってみようかなと思います。

 



m20150823_5672.jpg

 

アオリの作例がないのですが、以前掲載しました超拡大の画像を再掲します。

 

 

m20150823_5675.jpg

  

m20150823_5676.jpg

 

  

m20150823_5688.jpg

 

 


l20150920_7077.jpg

 

l20150920_7080.jpg

 

j20150809_4484.jpg


 
 
 

 

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Nikon は 100周年 [写真]

i20171029_4735.jpg


最初に買った一眼レフは OLYMPUS OM-1 でしたが、愛用したのは F3 です。

HP 発売前の最初期のモデルです。

181,000円でしたね。

 

なので F は使っていないのですが、Nikon が100周年を記念した製品をいくつか発売したのと共にこんなものを発売しました。




i20171029_4725.jpg


i20171029_4727.jpg


パッケージも再現されて、リーフレットのようなものまで入っています。




i20171029_4729.jpg


アクリルのケースに入っています。




i20171029_4730.jpg


フィルムを剥がそうと思ったのですが、ケースがシールで止められていたので開けるのはやめました。




i20171029_4731.jpg


i20171029_4733.jpg


よくできています。




i20171029_4736.jpg


フィルムを装填するギミックがあるようなのですが、確かめていません。

フィルムはもちろん撮影はできません。

カートリッジ(110)フィルムなら入りそうですが、写せるようなものにするとかなり高くなってしまうでしょうし、まあ、やらないでしょうね。




i20171029_4741.jpg 

 
もうほとんどの製品は販売を終了したようですが、今現在双眼鏡とシューカバーはまだ買えるようです。

ネットオークションに出回りそうですね。

 
 


 

nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラバッグをどうしようか [写真]

i20171014_4370.jpg


休日にカメラを持ち出す時、レンズはほぼ全部持っていきます。

本体は首に下げるか手に持つようにしてバッグには入れません。

 

 

今使っているものはほぼ一杯で、テレコンバーターなどは小さなポーチ状のものに入れて外に下げている状態です。




i20171014_4320.jpg


もう一本増やすことを検討しているので収納をどうしようかと思い、実物を確認するためにYカメラに行きました。

多くの機材を持つ人はリュック式にするようで、大容量のリュックがたくさん並んでいます。




i20171014_4322.jpg


しかし私はショルダータイプを使い続けています。


リュックタイプにすると咄嗟にレンズを交換することができないのです。

 



i20171014_4323.jpg


愛用しているのは台湾のメーカー、VANGUARD のものです。

 

 

同じメーカーのものをいくつか見ます。




i20171014_4324.jpg


NATIONAL GEOGRAPHIC のものもあります。

ちょっと惹かれますが、私のニーズには合いません。




i20171014_4321.jpg


収納を増やすためには大きなものを買えば良いわけですが、今以上にかさばるのは電車に乗った時などに邪魔になります。

 

そこで一番大きなレンズを別に収納するものを買うことにしました。

これで大きなものを新調するのに比べ出費が1割で済みました。




i20171014_4325.jpg


機材が多くなければこのようなもので済むのですが、仕方がありません。




i20171014_4359.jpg


引き続き使うことになった愛用のバッグです。




i20171014_4362.jpg


そこそこ入ります。




i20171014_4363.jpg


お腹部分が膨らんでいます。




i20171014_4364.jpg


このメーカーのこのタイプ(リュックタイプもあります)が良いところは蓋の部分が手前から開くところです。




i20171014_4365.jpg


i20171014_4366.jpg


100-400mm を外に出して別に収納します。




i20171014_4367.jpg


テレコンバーターは二個で、今までは小さなポーチにそれぞれ入れて外に下げていました。



それを一個にまとめます。

 

実を言いますと今の状態で肩にもうかなり負担がかかっています。

もう一本増やすときついかなと思うのです。

 

一番重いレンズを分ければ片方の肩にかかる負担を軽減できるかなと思うのです。




i20171014_4357.jpg

もうフルサイズの一眼は持てませんね。

 

 

休憩しましょう。

 

 

追記:明日の朝も雨かもしれません。

雨だったら残念ですが更新はお休みします。

 

 

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro [写真]

l20170930_3749.jpg

来月末発売予定のレンズに触ってみました。

発売前なので撮影データを持ち帰ることはできません。

l20170930_3748.jpg
仕様などは次の通りです。

 

 レンズ構成:12群16枚

 (非球面レンズ:1枚、EDレンズ:3枚、スーパーEDレンズ:1枚)

 絞り:9枚(円形絞り)

 最短撮影距離(センサー面まで):25cm

 フローティングフォーカス方式、シフトブレに対応

 リニアモーター搭載

 レンズ前玉にフッ素コーティング

最大撮影倍数は等倍です。

 

メーカー HP によれば

 フォーカスレンズ群をフロントフォーカス群とリアフォーカス群の2つに分け、撮影距離に応じて駆動させフローティングフォーカス方式を採用。2つのフォーカスレンズ群の間隔を高精度に制御することで、近接も含めた全撮影領域で収差を良好に抑制し、高画質な撮影を実現します。さらに、この2つのフォーカスレンズ群の傾きを抑える新機構を開発したことで、画像周辺部まで均一な高い解像性能を発揮します。

 フォーカスレンズ群がレンズ内部を移動するため、レンズの全長は変わらず一定。被写体への接触を心配することなく、マクロ撮影をお楽しみいただけます。

 

 マクロ撮影時に影響が顕著になるシフトブレに対応した手ブレ補正機能を新たに搭載。ジャイロセンサーと加速度センサーにより角度ブレとシフトブレを高精度に補正し、手持ちでの撮影をサポートします。

 

 CIPAガイドライン準拠で5.0段分の手振れ補正性能を実現しています。

 

とのことで、現在使用している 60mm マクロに比べかなり進歩しています。
フッ素コーティングは 100-400mm と同じで、油性ペンで汚してもきれいに拭き取ることができます。

現在使っている XF60mm は 0.5倍が最大ですので、これは魅力です。

 引きがないケースなどでは 60mm の出番もあると思いますが、 新しいレンズは 1.4x と 2.0x の TC に対応しているので今までより撮影の幅が広がるでしょう。

特に 2.0x の TC は 100-400mm に着けると手持ちではかなり厳しいのであまり出番がありませんでした。

l20170930_3750.jpg

最近接の状態です。

 

l20170930_3747.jpg

フードを取ったところです。

フードは 60mm と違ってプラスチック製です。

 

l20170930_3751.jpg

2.0x の TC を着けた状態のモニタ画像です。

 

近寄ると逃げてしまう被写体は多いですが、これならかなり迫ったショットが撮れそうです。

もちろん深度はかなり浅いので注意しなければなりません。

l20170930_3753.jpg


こちらは 60mm での撮影ですが、これなどもうちょっと広い画角が欲しいくらいですので、80mm を使うようになっても 60mm の出番がなくなるわけではなさそうです。

 

明るさは 60mm が 2.4、80mm が 2.8 で、十分な明るさです。

 

普段 2.8 で撮ることが多いので、このレンズを使うときは開放か 4.0 くらいで使うことになりそうです。

楽しみです。


 

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヨシダ ナギ さん写真展@そごう千葉店 [写真]

j20170918_3436.jpg

お名前を存じ上げなかったので是非観ようと思ったわけでないのですが、時間があったので覗いてみました。

j20170918_3435.jpg
j20170918_3424.jpg
j20170918_3409.jpg

今旬の人のようです。

j20170918_3410.jpg

「HEROES」と題された展示は初の写真集「SURI COLLECTION」からのものが多いようでした。

j20170918_3412.jpg
j20170918_3413.jpg

みなさんスマートフォンで写真を撮っているようでした。

j20170918_3414.jpg

著書によればドイツの写真家ハンス・シルヴェスターの作品集『NATURAL FASHION』に衝撃を受けて自分も行きたいと思ったのだそうで、検索してみると確かにそうだと思えます。

 
j20170918_3415.jpg

当初はこれらの作品に見られるようなファッションは見せてもらえなかったとのことですが、著書にあるようなやり方(多分)でアプローチしてようやくこうしたファッションを見せてもらうことができるようになったのだそうです。

j20170918_3416.jpg

ボディペインティング自体は珍しいものではありませんが、新鮮な植物を使うというのは初めて見ました。

j20170918_3417.jpg

天候には恵まれたとありますが、人の並びは作者の指示に基づくものでしょうが、なかなか指示通りにはしていてくれないのだそうです。

j20170918_3418.jpg

カメラは EOS であるようです。

j20170918_3419.jpg

百貨店のあるスタッフから聞いた話では、色彩は撮ったままではなくて作者が感じたように手を加えているとのことです。

j20170918_3420.jpg
j20170918_3421.jpg

影響を受けたという写真とは異なる作者独自の作品になっています。

j20170918_3423.jpg
j20170918_3425.jpg

土曜日にはトークショーもあったようですすが、それは聞けなかったものの来月にはカルチャーセンターで講演があるようですので都合がつけば聞きに行ってみたいと思います。

 
j20170918_3426.jpg

撮影の様子が流れていました。

なるほど。

j20170918_3428.jpg
j20170918_3429.jpg

友達が少ないという作者がなぜこのようになれたかは著書に詳しいです。

j20170918_3430.jpg
j20170918_3431.jpg

写真集、書籍、作品などを購入するとサイン会の整理券がもらえます。

j20170918_3432.jpg
j20170918_3433.jpg

照明は複雑ではなかったのでホワイトバランスを合わせるのはやりやすかったです。

j20170918_3434.jpg
j20170918_3445.jpg
j20170918_3446.jpg
j20170918_3447.jpg

裸でと言っても道中ずっとという意味ではなく、その民族と親しくなるには同じ格好をするのが一番という作者の信念によるもので、それは成功しています。

ある部族では女性たちに手伝ってもらって着替えますが、前後に葉っぱをつけたところで最後の一枚を脱ごうとすると女性たちはそこまではというように止めるのだそうですが、「こんなダサイ柄の○ン○を見られたくない」として、意思を伝えると、女性たちはもう止めようとはしなかったそうです。

 
j20170918_3459.jpg

待っている間に7章まで読んでしまいました。

面白いです。

 

j20170918_3448.jpg

サイン会の順番はまだ先なので一服します。

j20170918_3453.jpg

外は暑いですが、室内は快適ですしもともとホットの方が好きなので。

j20170918_3461.jpg

撮った覚えのないデータが二枚ありましたが、どうやら私が荷物を置いている間にスタッフの方が撮ったようです。

 

 

j20170918_3471.jpg
j20170918_3462.jpg


ツーショットを撮ってもらうことはあまりないのですが、全員撮ってもらっているので私も。


 

nice!(31)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

出番の少ないレンズを使ってみる [写真]

j20170903_2729.jpg

よく使うレンズは決まってしまって、使用頻度が少ないレンズはせっかくの性能を発揮する場がないのでたまには使ってみようと思い、しばらくぶりの場所に行ってみました。

j20170903_2701.jpg

まずは比較的出番のある広角ズーム、XF10-24mm で。

場所は東金市の高台にある山王台公園です。

以前も取り上げたことがありますが、そのときはまだコンパクト機を使っていたと思います。

24mm 側で、F14です。

 

j20170903_2702.jpg

右上に神社があります。

22mm 程度で、F7.1 です。

j20170903_2703.jpg

神社は階段の上です。

10mm、F18 です。

これだと遠近感が強調され過ぎて、神社が肉眼での感じよりかなり遠くになってしまいます。

 

歪曲収差が感じられないのは立派です。

 

 

j20170903_2707.jpg

 

24mm、F18 です。

 

もうちょっとアンダーの方が良かったですね。

j20170903_2704.jpg

西方向を望みます。

10mm、F18。

j20170903_2705.jpg

24mm、F18。

肉眼での感じに近いです。

コンパクトカメラで撮った時と比べると、細部の描写がまるで違います。

 

画素数ももちろん違うのですが、画質の違いをまざまざと見せつけられる思いです。

j20170903_2708.jpg

南方向、市内を望みます。

遠くに見えるのは海のはずです。

j20170903_2709.jpg
j20170903_2710.jpg
j20170903_2714.jpg

 

XF56mm  F1.2。

ポートレートに特化したようなレンズです。

FUJIFILM では APDフィルターを内蔵したタイプも併売していますが、ボケはさらにきれいです。

 

XF35mm F1.4 は名玉と言って良いレンズですので人物もきれいに表現できますが、背景の描写は中望遠の方が被写体が浮き上がります。

 

85mm 相当で 解放1.2 ですから、深度は非常に浅く、ボケはきれいです。

非常に素直な描写で肌色もきれいなはずですが、活用する場がほとんどないのが残念です。

 

ここは背景のボケ具合を見て F2.8で。

j20170903_2717.jpg

ここは F16 で。

j20170903_2718.jpg

F1.2 で。

刻まれた文字にピントを合わせます。

 

文字が浮き上がります。

 

解放でのこの質感の描写は見事です。

j20170903_2726.jpg

XF100-400mm を使い始めるまではよく使った 55-200mm です。

望遠端で解放 F4.8 です。

 

j20170903_2727.jpg

74mm あたりで F14 です。

j20170903_2728.jpg

200mm、解放です。

 

100-400mm は昨年の2月、奈良行きの直前に発売されたので奈良がテストの場になりました。

 

こちらは 100-400mm に比べると柔らかな描写です。

100-400mm がピントの合った部分の非常にかっちりとした描写とそれ以外の部分のきれいなボケの描写がすごいのに比べるとややおとなしい印象ですが、全体がコンパクトで軽く、表現意図によってはこちらの方が好ましい場合があります。

 

室内では使いやすいですね。

 

100-400mm と 50-140mm には 1.4x と 2x の TC がありますが、これには使えません。

でも、庭で撮っているようなバックのボケ具合はやっぱり 400mm だなあと思います。

 

 

全部あれば良いのにとバチが当たりそうなことを考えています。



 

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー