So-net無料ブログ作成

コルトーの前にコルトーなく、コルトーの後にコルトーなし [CD]

i20170913_2980.jpg

必要があって図書館で何枚かショパンの CD を借りました。

コルトーはメインではなかったのですが、じっくり聴いたことがなかったので借りてみました。

 

コルトー、ティボー、カザルスといえば最高のトリオです。

ジャック・ティボー、はマルグリット・ロンとともに創設(1943年)したロン=ティボー国際コンクール(ヴァイオリンとピアノだけ)でも有名ですし、アルフレッド・コルトーはオーギュスト・マンジョと共にエコール・ノルマル音楽院を設立しています。

エコール・ノルマルは工藤さんが教えている音楽院としてフルート吹きにはおなじみです。

i20170913_2974.jpg

この CD は SP からの復刻ですのでスクラッチノイズはたくさん入っています。

 

 

i20170913_2982.jpg

 

しかしこれを聴き始めてワルツ第1番が進んでいくと、まるで古い演奏という感じがしなくてこうあってほしいというショパンのワルツに対して持っているイメージ通りに演奏されていることに深い驚きを覚えました。

 

ポリーニのような完璧な技巧を持っているわけではありませんが、SP でもわかるそのダイナミクスの変化とタッチの変化による表情はまさに歌です。

心情が伝わる演奏というのはこういう演奏をいうのです。

 

評価しない向きにはこんなにルバートをきかせた演奏はショパンではないと言われているようですが、先日読んだ音楽家の病気を取り上げた本からも伺えるように、ショパンは決して楽譜どおりではなかったようなのです。

楽譜は不完全な手段ですのでもしコルトーが演奏したスタイルをそのまま記そうとしたら極めて演奏しづらいものになってしまうはずです。

演奏が再現芸術である所以ですし、まさに才能が現れる作業でもあります。

 

この「音楽」を聴いてしまうと、きっちり楽譜通りに弾いたと思われる演奏がつまらなく思えてしまいます。

 

i20170913_2975.jpg

Wikipedia には弟子の名前として ディヌ・リパッティ、クララ・ハスキル、遠山慶子、エリック・ハイドシェックの名が挙げられていますが、なるほどと思える顔ぶれです。

 

スタイルは違いますがこれにベネデッティ=ミケランジェリ、リヒテル、ポリーニを加えれば評価するピアニストが揃ってしまいます。

 

遠山さんは聴いたことがないので今度聴いてみようかと思います。

i20170913_2977.jpg

今までコルートーをじっくり聴かなかったことでずいぶん時間を無駄にしてしまったように思えてきました。



ショパン : ワルツ集&バラード集(グランドマスター・シリーズ・エクストラ -GR編-)

ショパン : ワルツ集&バラード集(グランドマスター・シリーズ・エクストラ -GR編-)

  • アーティスト: コルトー(アルフレッド),ショパン
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/02/21
  • メディア: CD

次は他の曲も聴いてみましょう。

でも、バラードやポロネーズは今の所ポリーニから離れられません。


 

nice!(31)  コメント(0) 

これが原点:J.-P. Rampal '75 [CD]

i20170811_1750.jpg

午前中ははっきりしないお天気で降ったり止んだりでした。

練習場所の花も雨に打たれたようです。

i20170811_1731.jpg
i20170811_1733.jpg
i20170811_1745.jpg

こちらは別の場所のランタナです。

我が家のランタナもこの色だったのですが、変わってしまいました。

i20170811_1748.jpg

こんな色のもあります。

i20170811_1749.jpg

ハイビスカスも我が家のとは少し違うようです。

i20170811_1751.jpg

さて帰りにショッピングセンターの CD 店に立ち寄ってみました。

ここではあまり買うことはないのですが、廉価版の中にランパルの古い録音があったので懐かしくなり買ってみました。

i20170811_1752.jpg

昭和五十年の録音ですね。

昔 LP で買ってよく聴いたものです。

同じような内容で企画ものの LP も出ていました。

矢代 秋雄さんの編曲した曲集も大切にしていました。

 

フルートの名曲(1)ランパル編

フルートの名曲(1)ランパル編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2004/07/09
  • メディア: 楽譜

久しぶりに聴きましたが、やっぱりこれだなと思いました。

圧倒的な鳴り、素晴らしい音色。

ランパルは金の Louis Lot を ’80年のマリナーとの録音を最後にしまいこんでしまいます。

初来日の演奏会のプログラムにも ヘインズとロットを持ってきていると書いてありますので、この時代はまだ使っているはずです。

 

私たちが何より魅入られたのはその「音楽」でした。

この表現、ひとつひとつのフレーズに感情が豊かに表現されています。

 

最近先生に言われて少し吹き方を変えました。

先日は山野楽器の Flute World で象牙の頭部管を吹いて、それがまだ不十分だったと痛感しました。

 

 

この演奏を忘れずにこれからも精進したいと思います。

i20170811_1755.jpg

帰宅するとホトトギスが開いていました。

i20170811_1756.jpg


明日の朝はもっと咲いているかもしれませんが、朝更新できるかどうかはお天気次第です。

 

nice!(33)  コメント(2) 

工藤さんもいよいよ Bach の無伴奏チェロ [CD]

i20170406_6423.jpg

最近あまり CD を買っていないのですが、山野楽器に行ったところ新譜のコーナーにこれが並んでいました。


工藤さんは今までにも無伴奏曲を録音されていますが、いよいよ大曲になって来ました。



マイゼンの楽譜にもありました通りフルートの無伴奏パルティータとの関連も指摘されていますが、多分それは正しいのでしょう。



i20170406_6424.jpg

次に4番以降がリリースされるはずです。



i20170406_6426.jpg

まだ聴いていませんが、音質にも期待できそうです。


録音場所を見てちょっとびっくりです。


旭市 館山市 の南総文化会館のホールのようです。



使用楽器は Haynes の 14k, #3000 と YAMAHA の18k の Bijou とあります。


どちらだろうかと考えながら聴くのも興味深いですね。







バロックヴァイオリンとハープシコード [CD]

i20161208_9958.jpg

次の日曜に伊藤ハープシコード工房さんで恒例の演奏会が行われます。


バロックヴァイオリンとハープシコードでバッハのヴァイオリンソナタ演奏会が企画され、その前半3曲が今回演奏されます。


第一番 ロ短調 BWV1014、第二番 イ長調 BWV1015、第三番 ホ長調 BWV1006(無伴奏パルティータ)の予定です。


 

演奏はヴバロックヴァイオリンの宮崎蓉子さんとハープシコードの大村千秋さんです。


 

i20161208_9959.jpg

宮崎さんは CD を一枚出されていて、チェンバロは同じく大村さんです。

後半は来年の予定とのことです。


i20161208_9961.jpg

体調はもうかなり回復したのですが、まだ喉の調子が良くありません。

滋養を摂ろうとこのところ何度か帰りにパスタを食べています。


i20161208_9962.jpg

フレッシュトマトとモッツァレラチーズ。
麺は細麺です。
ちょっと塩味が私には強めかなと思うのですが、まあまあいけます。






原曲を聴こう [CD]

i20161201_9871.jpg

アルルの女のメヌエットといえばフルートの曲では最もよく知られていると言って良いと思います。

この曲に憧れてフルートを始める人は多いでしょう。

 


『アルルの女』の第二組曲に入っていますが、ビゼーが編んだのは第一組曲で、第二組曲は友人のギローが編み、その時ビゼーの『美しきパースの娘』から持ってきたというところまでは割合知られていると思います。



i20161201_9872.jpg

しかし『美しきパースの娘』は国内では CD は出ていないようで、やっと探したのが EMI の録音です。

 


指揮はジョルジュ・プレートル。


主要なキャストはジューン・アンダーソン(1952 - )、アルフレード・クラウス(1927 - 1999)、ジノ・キリコ(1955 - )、ジョゼ・ヴァン・ダム(1940 - )。

 


録音は良く、クラウスの歌唱はとても素晴らしいですね。

 

i20161201_9873.jpg

以前も取り上げましたが、「アルルの女」はオペラではなく劇なのでその音楽はいわゆる劇伴です。


その録音も多くはありませんが出ていて、このホグウッドあたりが比較的知られているのではないかと思います。


この CD を慌てて買ってしまうと「メヌエット」は収録されていませんのでご注意ください。



Capture.jpg

『美しきパースの娘』の第三幕の4曲目の二重唱が「メヌエット」の原曲です。

Wikipedia には第二幕とありますが、誤りです。



Toast.jpg

自分用にそれらをまとめた CD を作ります。


ついでに「ハバネラ」の原曲も入れます。


フルート吹きが聴きたくなる CD の出来上がりです。



アルルの女~劇場のための音楽 Vol.1

アルルの女~劇場のための音楽 Vol.1

  • アーティスト: ホグウッド(クリストファー),ビゼー,R.シュトラウス,バーゼル室内管弦楽団
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/10/20
  • メディア: CD

  • Bizet: La Jolie Fille De Perth

    Bizet: La Jolie Fille De Perth

    • アーティスト:
    • 出版社/メーカー: EMI France
    • 発売日: 2009/04/23
    • メディア: CD








    En Un Salon De La Habana

    En Un Salon De La Habana

    • アーティスト:
    • 出版社/メーカー: Rne
    • 発売日: 2000/10/17
    • メディア: CD


↑この CD はとんでもないお値段になっているので今はちょっと買えませんね。






ボローニャの音 [CD]

k20151118_0383.jpg

医院の順番取りをするために朝早くから並びますが、雨が降るとずっと傘をさしていなければならず、夏は蚊の攻撃を受け、冬は氷点下にもなる庭で立ったまま並んでいなくてはなりません。

明るい時期なら本を読みます。
普段はなかなかまとまった時間が取れないので貴重な時間でもあります。

この時期のように暗くなってくると iPad に保存した音楽を聴きます。

新しい SONY のイヤホンがとても良く、ヘッドホンアンプ無しでも以前使っていたモデルよりずっと良い音で楽しめます。


k20151118_0382.jpg

先日の土曜日はパヴァロッティの CD のうち二枚目を聴いていました。
ナポリ民謡は普段あまり聴かなかったのですが、初めて親しんだのはジュゼッペ・ディ・ステファノの録音で、高校生の頃だったでしょうか。

それ以来ステファノが基準になってしまって、他の録音をあえて聴こうとは思わなかったのです。


ザ・ベスト・オブ・ナポリタン・ソング

ザ・ベスト・オブ・ナポリタン・ソング

  • アーティスト: ペンニーノ,ファルヴォ,タリアフェッリ,ラマ,マリオ,クルティス,カプア,カルディロ,デンツァ,トスティ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD


今回改めてパヴァロッティを聴いてみると、ステファノより心に迫ってくるというわけではないのですが、リマスターされた音質の良さとともに驚いたのはボローニャ市立歌劇場管弦楽団の音です。
その金管の響きはまさに「アイーダ」の輝かしい響きです。

こうしていろいろな録音が並んでいると意図しなくても聴き比べができるのが興味深いところです。

ちなみに先日「星も光りぬ」のクラリネットの音がどうにも、と書きましたが、その録音のオケはナショナル・フィルでした。


パヴァロッティとダッラが共演した "CARUSO" の映像がありました。

ここで Dalla が使っているのは、はっきりは見えませんが YAMAHA のエレクトリックピアノのように見えます。
CP-70 か CP-80 のシリーズによく似ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマハ・CPシリーズ

バックはオーケストラです。

パヴァロッティの録音でも Dalla がキーボードを弾いていたか同じ楽器を使っていたのかもしれません。

二人とももうこの世の人ではありません。
もともと友人であったと先日も触れましたが、詳しいことはわかりません。
パヴァロティかダッラの伝記でも探してみましょうか。






格が違う:東京六人組 [CD]

c20151108_9753.jpg

 

聴きました。

アンサンブルの名前は「フランス六人組」から取っているそうです。

なるほど。

でも、ロシアにしろフランスにしろあちらは皆作曲家の集団です。

他に何か、と思ってしまいますが、まあ、しょうがないですね。

 

さて、聴いた印象です。

いやあ、これは素晴らしいですね。

曲目もスリリングで手に汗握るというと大げさですが、どれとは言えませんが最近聴いた五重奏とは格が違うという印象です。

 

アンサンブルとしての完成度が素晴らしく、心おきなく鑑賞できると言えるレヴェルです。

選曲も良いです。

その五重奏でもの足りなく感じていた点が全くありません。

五重奏の方は耳に馴染みのある曲が揃っていますし、プーランクのノヴェレッテなどとても面白くて良いのですが、総合的にこちらの方が上と言わざるを得ません。

 

 

各々の音色も技量も素晴らしく、難曲をいとも簡単にこなしているように聴かせます。

特筆すべきは N響の福川さんですね。

 

ブックレットやジャケットの写真を見ると、なんとベルが木製です。

検索してみると楽器はアレキサンダー1103MBLHGで、なんと楽器のできる宮大工さんに作ってもらったのだそうです。

福川さんはソロアルバムを二枚出されているそうですが、ピアノはこのアンサンブルのメンバーでもある三浦友理枝さん

 

 

クラリネットは音色に限って言えば私の好みとは違うのですが、検索してみるとビュッフェ・クランポンの RC であるようです。

私の好みはライスター(使用楽器はヴーリッツァー)なので、これは仕方がないですね。

 

聴いていてぶっ飛んでしまうのは期待の「ボレロ」。

スネアは使いませんが、キーを叩いたりしてリズムを刻みます。

フルートはピッコロ、オーボエはコーラングレなど普通に持ち替えられる楽器もありますが、ここではトロンボーンも登場します。

これは誰が演奏しているのかと言いますと、なんとホルンの福川さんです。

アダプターを使ってホルンのマウスピースで吹いているそうです。

いやこれは脱帽ですね。

 

編曲では当然ピアノも登場しますが、三浦さんは管楽器的なニュアンスをうまく出しています。

チェレスタも登場しますので、多分三浦さんの持ち(?)替えでしょう。

 

ダブルリードの楽器がサックスのように吹く様も聴きものです。

通常使わないヴィブラートをたっぷり効かせて、ニヤリとさせられます。

ただ、福川さんのトロンボーン持ち替えはやはり本職とはちょっと違うのかなと思えるところもありますが、それはちょっと意地の悪い感想でしょう。

 

スネアのリズムは手の空いたメンバーが担当しているのだと思いますが、やはり皆さん本職ではないな、と思ってしまうところもありますが、それはひとまず脇に置いて拍手を送りましょう。

 

編曲に関して言えば、最後はホルンに戻るのでなくてトロンボーンでやってほしかった、とだけ言っておきます。

 

もう一言。

このメンバー(ピアノはなしですが)であの五重奏の CD の曲目をやってみてほしいです。

 

去る二日にサントリーホールで公演があったようです。

生で聴きたいですね。

 

 

c20151108_9752.jpg

 

ところでこの CD、構造がちょっと変わっていて、すぐ開けることができませんでした。

 

 

c20151108_9751.jpg


ケースの表と裏が逆に使われているのです。
これは開けづらいですね。
一旦裏を上にしないとスムーズに開けられません。
オクタヴィアレコードでは5月からこうしたようです。
まだ慣れませんね。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



「東京六人組」 [CD]

k20151102_9278.jpg


発売されたばかりの CD です。
DAC で見かけたので買ってみました。


魔法使いの弟子-東京六人組 デビュー!-

魔法使いの弟子-東京六人組 デビュー!-

  • アーティスト: 東京六人組,プーランク,ルーセル,ドビュッシー,デュカス,フランセ,ラヴェル,寺嶋陸也,浦壁信二,磯部周平,川島素晴
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2015/10/23
  • メディア: CD

 

新しいアンサンブルですね。

 

 

k20151102_9280.jpg

 

メンバーは

 フルート:上野 由恵さん(洗足学園音楽大学、ムラマツレッスンセンター講師)

 オーボエ:荒 絵理子さん(国立音楽大学非常勤講師)

 クラリネット:金子 平さん(読売日本交響楽団首席奏者、紀尾井シンフォニエッタメンバー、

               東京藝術大学非常勤講師)

 ファゴット:福士 マリ子さん(東京交響楽団首席奏者、洗足学園音楽大学非常勤講師)

 ホルン:福川 伸陽さん(NHK 交響楽団首席奏者)

 ピアノ:三浦 友理枝さん

の各氏です。

 

録音は今年7月、相模湖交流センターです。

 

帯には「日本版 "ル・ヴァン・フランセ"」とありますが、正しくは「レ・ヴァン・フランセ」です。 

Le は男性不定名詞で「ル」、Les は複数定冠詞で「レ」だそうです。

Les Vents Français は「フランスの風」という意味だそうです。

 

六重奏といえば以前取り上げました「ゼクステット魅生瑞(みゅうず)」が素晴らしいのですが、同じ編成のこちらはどうかなと興味を持っています。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2008-03-18

 

「魔法使いの弟子」をこの人数でやるのもすごいですし、「ボレロ」は全員が楽器を持ち替えるというのです。

 

しかし「六人組」というネーミングはちょっとどうかなと思います。

「ロシア五人組」というのはありますが。

 

「ゼクステット魅生瑞」だって字面で損していると思うのですが、まあ他人がとやかく言っても仕方がないですね。


明日また出かけるので iPad に入れて聴いてみようと思います。


感想はそのうちアップします。

 

 

 ※追記。

 明日はまた早めに出るので朝の更新はお休みします。

 

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ

にほんブログ村



グノー:「私は夢に生きたい」 [CD]

n20151018_8557.jpg

 

先月聴いた森さんの歌唱が忘れられないので録音を探していました。
グノーの「ロミオとジュリエット」は録音が少なく、森さんもまだ録音はしていないくらいで、見つかるのは全曲盤が何種類かだけでした。

全曲盤を買う気にはなれないので海外の盤にまで対象を広げて探しましたところ、一枚見つかりました。


n20151018_8558.jpg

歌手はマリエラ・デヴィーア。

 

オケはスイス・イタリアーナ管弦楽団、指揮はマルチェロ・ロータとありますが、全然知りません。

 

Marcello Rota はニーノ・ロータの親戚らしいですが、チェコ・ナショナル交響楽団との録音が結構あるようです。

英文のプロフィールが NAXOS のサイトにあります。

http://ml.naxos.jp/artist/64779

 

Orchestra della Svizzera italiana はスイス・イタリア語放送管弦楽団、ルガーノ放送管弦楽団と表記されることもあるそうで、2008年からはミハイル・プレトニョフが首席客演指揮者を務めているようです。

セルジュ・ボド、ヘルマン・シェルヘンらの名前も挙げられていてアルゲリッチやナカリャコフとの録音もあるようです。

 

Mariella Devia については日本語の情報がほとんどありませんが、2011年に東京オペラシティで公演を行った時の招聘元にプロフィールがあります。

実力派のようです。

 

 

n20151018_8559.jpg

 

ベッリーニやドニゼッティが得意のようですね。

 

早速グノーを聴いてみましたが、「これ、これ」とまず嬉しくなりました。

しかし歌い方は森さんとはやはり違いがありますね。

 

次のアルバムで録音してくれないかなと期待しています。

「宝石の歌」も良かったので、それも一緒に。

 

 

 

l20151018_8535.jpg

 

夕方、夕焼けは見られませんでしたが、夕日が黄金色でした。

 

 

l20151018_8536.jpg

 

l20151018_8538.jpg

 

群舞のようです。

 

 

l20151018_8539.jpg

 

l20151018_8543.jpg

 

l20151018_8540.jpg

 

l20151018_8544.jpg

 

l20151018_8545.jpg

 

l20151018_8546.jpg

 

羽虫がたくさん飛んでいました。

 

 

l20151018_8551.jpg

 

l20151018_8554.jpg

 

白が遅れて咲きました。

 

 

l20151018_8556.jpg

 

秋は写真の季節です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



聴いてみた:池田昭子クインテット [CD]

k20151016_8330.jpg

 

車の CD プレーヤーが不調でごまかしながら使っていましたがとうとうディスクのイジェクトもうまくいかなくなったので先週ディーラーで交換してもらいました。

もう 10年以上乗っているので新品は手に入らず、オーバーホールした再生品です。

 

 

早速池田昭子さんのアンサンブルを聴き始めましたが、内容については微妙なところです。

もちろん日本の有名オーケストラのトップ奏者ばかりですから私たちのようなレヴェルとはそもそも比較の対象ではないのですが、そういう比較ではなくてプロのアンサンブルとしてどうか、というポイントです。

 

 

たまたま "ザ・フルートカルテット" の神田さんの編曲による「小組曲」が入っているからというわけではないのですが、形態は違うもののアンサンブルとしての練り上げられ方はまだ物足りないという印象です。

 

録音は優秀ですが、ワンポイントマイクセッティングによる収録はメリットもデメリットもあります。

収録場所の響きもよく拾われていて過度にオンでなくて演奏会の雰囲気が味わえますが、井阪 紘さんが書いていらしたように録音という作業を経た CD という商品は単なる記録ではないのです。

 

ワンポイントを基本にしながら曲の部分によってはマルチマイクを併用するような音作りがあっても良いのではないかと思います。

と言いますのは個々の演奏者が最大限に表現しているであろうニュアンスやデュナーミクや音色の変化が十分拾いきれたいないともどかしく感じられるところがあるのです。

 

アンサンブルに関しましては、トップ奏者の方々ばかりですから技術的なことは特に言うことはありません。

しかし常設で長い歴史のある同様のアンサンブルと比べますとまだ一つの団体としての個性が確立されているかと言えばまだと言わざるを得ません。

神田さんのアンサンブルはフルートだけですが、メンバーの交代はあったものの強力な結びつきが感じられ、フルートだけであるということを忘れてしまいそうなほど多彩な響きを聴かせてくれます。

 

池田さんのアンサンブルではまず一人一人の音色に "もう少し" と言いたくなるものを感じてしまうのです。

フルートに限って言うなら私は工藤さんのような響きを支持しますので、止むを得ない要求なのではありますが。

クラリネットはつくづく難しいのだなと感じさせる音色です。音域によって全く異なる表情を見せる、それがクラリネットの音の最大の魅力です。

 

楽器の音というものは優れたアンサンブルにおいては(オーケストラでも吹奏楽でもそうですが)例えばフルートとクラリネットが同じメロディーをなぞっている時、フルートとクラリネットが鳴っていると聴こえるのでなく二つの楽器が一体となった一つの楽器となって響くのが理想だと思うのです。

それは単に縦の線が揃っているということだけではないのです。

 

 

これからこのアンサンブルがどれだけ響きを練り上げて歴史を重ねていけるか、それはこれら日本のトップ奏者たちにとっても決して容易な道ではないはずだと思います。

 

 

 

明日はお天気が悪いようですし、早く出なければならないので朝の更新はお休みします。

12月の日程が決まりました。

練習しなければ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村