So-net無料ブログ作成

キーホルダーでなくキーケース [手作り]

k20160311_6731.jpg

キーを差し込まなくても持っていれば良いというのがスマートキーで、新型PRIUS のがそうです。


今乗っている 20系でもたしかオプションでそういう機能がつけられたと思いますが、今ではこれが標準装備です。


 


今まで車を降りるときはキーを抜いてポケットに入れればよかったのですが、これからは例えばカバンの中に入れっぱなしでも良いので、降りるときに持って出るのを忘れてしまう可能性があります。


 


確実なのはポケットベルのケースのようなものに入れてベルトに取り付けておくことですが、探してみてもそうしたものは少なく、カラビナなどでベルト通しに吊り下げるタイプが多いようです。


それ以外ではキーを保護するためのぴったりしたシリコンのケースなどがあります。



sk20160109_3343.jpg

メーカーのロゴが入ったキーケースもあるのですが、どれも正規のものではないようです。


それにどれもデザインが似たり寄ったりでセンスも良いとは言えず、持ちたいと思うようなものがありません。


 


そこで革製品を販売している業者さんに問い合わせてみたところ、オーダーを受けてもらえるとのことだったので、図面を書いて依頼しました。


出来上がりはまだ先なのですが、依頼に際しては今までより大きくなったキーのサイズをメーカーに確認しました。入らないのでは間抜けですし、大きすぎても困ります。

 

縦が 70mm、横が 42mm、厚みが 16mm とのことでしたので、今使っているものよりだいぶ大きいです。



k20160311_6732.jpg

その業者さんの製品を一つ買ってみました。


キーホルダー、カードケース、小銭入れを兼ねたもので、イタリアンレザーが使われています。


ベジタブルタンニンなめしというその革は発色が良くしなやかです。


使われている金具もしっかりしたもので、細部も丁寧に作られています。

 

イニシャルなどを入れることができ、革の色、糸の色も選べます。

 

これをキーケースに使うこともできそうですが、ベルトに取り付けることはできないので、やはり作ってもらうほかなさそうです。

ベルト通しに下げることはできそうですが。

 

 

展開図ができているので自分で作れなくもないのですが、接合部の処理が面倒そうなのでプロに頼んでみることにします。



k20160311_6734.jpg

k20160311_6738.jpg

オーダーのための見本が送られてきました。

厚みも調整できるようです。

 

自分で設計したものならどこにもない一点ものです。

お値段はもちろんそれなりですが、自分の使い方に合わせたものになりますので、手放せないものになるはずです。

 

 

考えることも楽しみの一つです。






nice!(27)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

食品用金箔 [手作り]

jz2013_0929_075456AA.jpg


昨日に続いてコーヒーゼリーですが、こちらはいつもの容器に作ったものです。



jz2013_0929_080015AA.jpg



jz2013_0929_080111AA.jpg


いつもと違うのは飾りを使ったこと。

飾りは食品用の金箔です。


パッケージに成分が書かれていますが、

 プルラン 92%

 シェラック 4%

 着色料(金箔)4%

とあります。


シェラックはどこかで聞いたことがあるなと思いましたら、SP盤の材料ですね。

Wikipedia によれば

 食品や薬品にも使われていて、おなじみのものでは天津甘栗の光沢剤

 レモンやグレープフルーツのワックス

などなどだそうです。


プルランは同じく Wikipedia によれば

林原が製造法を確立したもので食品、化粧品、医薬品など幅広く使われていて、主原料はでんぷん。

食品用としてはフィルムやカプセルなど。


上の写真で何かが溶けたように見えるのはこの二つのうちどちらかでしょう。


金はここでは一応食品用とありますが、基本的には金は金で特に違いはないようです。



jz2013_0929_075800AA.jpg


チョコレートケーキなどでは金はよく飾りに使われますね。


この星形の金、とっても軽くてピンセットでも使わないと思ったように配置する事はできません。

ピンセットも静電気が起きるようなものはだめですね。


ちょうど良いものがないので、仕方なくストローを使いました。

近づけると、ストローに吸い寄せられます。

これをゼリーの上に持って行って、指で弾いて落とします。


そういうわけで全然きれいにできません。


今度作る時はもっときれいに作りたいです。



jz2013_0929_075922AA.jpg


容器はこれがお気に入りです。



 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昔作った聖火台 [手作り]

jz2013_0908_201918AA.jpg


56年ぶりと聞いて母がもうそんなに経つのかと言っていましたが、2020年の時点での話ですね。

前回の東京オリンピックが 1964年。

私は小学生でした。



jz2013_0908_201936AA.jpg


きれいなものでなくて申し訳ありませんが、何年生の時だったか、小学校の図画工作の時間に作った聖火台です。

たしかあったはずと思い、本棚の奥に置きっ放しだったものを探し出しました。

埃だらけですが、洗って擦るとすり減ってしまいそうなのでそのまま撮影しました。

穴があいている部分はもともと素材がそうなっていたので、あとから削ったわけではありません。



jz2013_0908_202048AA.jpg


写真を見ながら作ったわけではなく、記憶で作っているので細部は実物と違います。

今見ると全然違いますね。

でも当時の私は不鮮明な TV 画面で視たものをこう認識していたのでしょうね。


階段の部分は創作です。

当時も実物そのままを作ろうと思っていたわけではなく、言わば聖火台をモチーフにした自分の作品を作ったつもりでいるのです。



jz2013_0908_202111AA.jpg


炎のつもりです。

こんなに高くは上がりませんね。



jz2013_0908_202148AA.jpg


あるとき落としたところ一番細い部分でポッキリ折れました。

その部分は接着してあります。



先日のプラモデルといい、今回の工作の作品といい、そんな昔のものをとってある私はよほどの物好きですね


一つ確かなのは当時の私はカメラに触れた事もなかったのでこうして装置を使って撮影してインターネットで公開するなんて全く想像の及ばないところだった事です。



 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



一枚革のトートバッグ [手作り]

lz2012_0917_164101AA.jpg


最近これより一回り大きな茶色のトートバッグを使っているのですが、先日たまたまレッスンに持って行ったところ、予想外に目を惹いていました。



lz2012_0917_164340AA.jpg


lz2012_0917_164400AA.jpg


このサイズのものは色はこの他黒やワイン、オフホワイトなどがあります。



lz2012_0917_164447AA.jpg


lz2012_0917_164512AA.jpg


内ポケットもないシンプルな作りで、総革にしては軽量です。



lz2012_0917_164811AA.jpg


扱っているのは通常材料や道具を売っている 千葉そごう 9F の革楽屋さんですが、お訊きしてみたところ一回り大きなサイズ(上の写真の「トールサイズ」の方)だと一頭分(牛)の革で二つか三つできるそうで、通常はこの色だけですが注文があれば作っていただけるそうです。



lz2012_0917_164920AA.jpg


色はこれだけあります。
オリーブは7番、オフホワイトは6番、キャメルは5番、黒は多分1番、ワインは15番だったと思います。

今まで布製や布にビニールコーティングしたものなどを使ってきましたが、丈夫さや質感ではやはり革です。
iPad は結構重いので本や iPhone などいろいろ入れると結構バッグに負荷がかかります。

縫製は手縫いかと思いましたがミシンだそうですが、持ち手を縫い付けた部分もしっかりとしていて安心です。
手触りもしなやかで永く使えそうでお勧めです。

 






 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



携帯用ルーペケース:レザークラフト [手作り]

cz2012_0812_183853AA.jpg


それほど出来が良いというわけではないのですが、掲載する事にします。

見た目は携帯用灰皿か小銭入れみたいですが、ちょっと違います。



cz2012_0812_183920AA.jpg


エッシェンバッハの携帯用ルーペを愛用しているのですが、これは最近買ったものと同じ型です。

革のケースに収められていて中から引き出して使うようになっています。


レンズ面に傷がつく心配はしなくても良いのですが、このままポケットに入れると、繊維くずなどが付きそうでそちらが心配です。


エッシェンバッハではこれ用のケースなどは売っていないというので適当なものが流用できないか探したのですが、これはというものがありません。



ないなら作ってしまえ、というわけで今日の午前中に道具を引っ張り出しました。



cz2012_0812_183954AA.jpg


最初はレザー用ミシンで縫う事を考えていたのですが、やってみると厚過ぎてうまくいきません。


ちなみに材料は白い方がセーム、茶色い裏地がスペインラムです。

裏地はなくても保護はできるのですが、裏側からは細かいくずがどうしても出るのでそのために裏同士を張り付けています。


手縫いは久しぶりですが、二枚の革を貼り合わせた(周辺だけ)後、実物に当てながら適当な大きさにカットします。



次に縫い合わせる部分に接着剤を付けて貼り合わせます。


そして菱目打ちと呼ばれるフォークのような道具で針を通す穴を明けて行きます。


穴を明け終わったら蝋引きの糸を十分な長さに切り、両側に針を通します。



そうして両刀使いのように同じ針穴に左右から交互に針を通し、縫い上げて行きます。

縫い終わったら最後をほつれないように留め、ライターの火であぶって処理します。


手縫いの良さは丈夫な事で、使っているうちに糸の途中の一部が切れてもミシン縫いのように糸が抜けてしまう事はありません。


今回使った革はかなり柔らかいので、縫うたびに締め付けていたら皺ができて変形して、本来真っ直ぐだった縫い目が糸巻き型に曲がってしまいました。



cz2012_0812_184103AA.jpg


cz2012_0812_184057AA.jpg


最後にホックを取り付けて完成です。

ホックはまず丸い小さな穴を明け、両側からホックのパーツで挟んでおいて然るべき道具で叩いてしっかり固定します。

固定する前に蓋を閉じた状態にして最初に明けた穴を通して下に穴明け用の目印を付けます。こうしないと位置がずれて仕上がりが少々みっともない事になります。


蓋の部分にパーツを固定したら本体部分も同じように二つのパーツを挟んで叩いて固定します。


仕上がりはいまいちでも、一目一目縫い上げたものは愛着がわきますね。






 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



いつも一緒 [手作り]

l20120127_z_0004.jpg

時々ご紹介しています千葉そごう 9F にある滝の広場の周囲では時折一週間程度専門店の出店があります。

今回見かけたのはレザークラフトの鞄や財布やカードケースにカーヴィングという技法でペットの写真をもとに顔を描くというお店です。


l20120127_z_0001.jpg

l20120127_z_0002.jpg

とても良くできています。
人だけでなく動物も顔を描くのは難しいです。
線一本で変わってしまうからです。


l20120127_z_0005.jpg

l20120127_z_0003.jpg

こんなふうに写真を使っています。


l20120127_z_0000.jpg

l20120127_z_0006.jpg

小物からバッグなどの大きなものまであります。


l20120127_z_0005.jpg

壁にかけられるパネルまであります。


アトリエ カービンテク というお店です。
http://www.carvintech.gr.jp/

写真はメールでも送れるようです。
手間がかかりますのでちょっとお高いですが、世界に1つだけのものが出来上がります。

いつもペット一緒にいられるこんなもの、1つくらいあっても良いかもしれませんね。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

工夫は楽し [手作り]

amiz2011_0710_102345AA.jpg

依頼されていたストラップが出来上がりました。
概ね良いのですが、カメラを取り付ける黒いテープ状のパーツとラム革を縫い合わせている部分(赤と黒の印伝風の部分)が思ったより厚く、ミシンがギブアップ寸前になりました。
そのため表はともかく裏側の縫い目がかなり乱れています。

テープ状のパーツは実は中を貫通しているので取付部はそんなにきっちりと縫わなくても良かったのですが、ついやってしまいました。
手縫いにすれば良かったと反省しています。


amiz2011_0710_102235AA.jpg

見慣れたストラップに比べてなんだがごつい感じに見えるかもしれませんが、これは実は本体部分を取り外す事ができるようになっています。

首や肩にカメラを提げる時には必要なストラップですが、首から外して撮影するときは実に邪魔です。
そこで全体を3つのパーツに分け、左右のカメラ取付部と本体部分に分かれ、本体部分を取り外せるようにしたわけです。


fjz2011_0712_210832AA.jpg

取り外したあとはぶらんと両側にぶら下がるのかと言うとそうではなくて、繋げる事ができます。
中央の本体部分ももちろん両端を繋ぐ事が出来ます。
カメラを首から提げている時、首から抜くのは急いでいるともどかしく感じる事があります。
このストラップはワンタッチで取り外す事ができ、左右を結んでハンドストラップとして使う事ができます。

本体部分も2枚目の写真のように首に掛けたまま繋げておけば置き忘れる心配はありません。
撮影が終わったらまた元通りに繋げればネックストラップとなります。


fjz2011_0712_211147AA.jpg

ハンドストラップ部分は長さを調節すればグリップを安定させるような使い方も可能です。
ただし、カメラ側(向かって右下の角)にはストラップを通せる金具はありませんので確実に固定する事はできません。あくまでも簡易的な使い方です。手の甲に当たる部分にもラム革を使うなどすれば少し使い心地が向上するかもしれません。


今回使用例を撮影するために実際にカメラに通してみて感じたのですが、このテープ状のパーツは少々柔らかく、コシがあまりありません。もう少し丈夫な素材を使った方が安心かもしれないと思えます。
見つかったらもう少し見てくれにも配慮して作ってみたいと思います。

以前オーディオ関係でも工夫して作ってみたものがあります。
電源関係のものですが、プラグを差し替えしなくてもホットとコールドを切り替えられるようにしました。
ある程度詳しい方には常識ですが、プラグの差し込む方向で音は変わります。
機会があったらご紹介したいと思いますが、何かを工夫して作ってみるというのはとても楽しいものです。

以前作ったキーボードを運ぶための道具は今でも楽器店で使われているようです。

本当は何かを作る仕事に就きたかったなあと今更そんな事を考えています。
もっと早く気づいていれば人生変わっていたかもしれませんね。

レザーストラップを作ろう [手作り]

fjz2011_0703_122415AA.jpg

まだ作った事はないのですが、依頼を受けてカメラのショルダーストラップを製作中です。
使用する革は大変手触りの良いスペインラムです。
ワインレッドとホワイトを合わせ、中に丈夫なテープ状のストラップを通し、ストラップ自体が荷重を受けるようにします。

長さ調節用のパーツや留めるためのパーツがまだ届かないので製作は中断していますが、パーツが間に合えば次の土曜、遅れた場合でもその一週間後には出来上がる予定です。

割合長い(80cm 弱)なので真っ直ぐ縫うのが結構難しいです。
レザー用のミシンは以前ご紹介しましたが、ある時その記事に英語で「どこで買いましたか?いくらでしたか?」とお問い合わせがあったのにはびっくりしました。
http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2008-06-29-1
http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2010-02-19-1

慣れると縫うのも楽しいですね。
デザインの細部をまだ詰めなければなりません。
考える事とプランが決まってから材料を揃えるのが楽しいです。

今回の写真、曇天だったので窓際で WB を曇に合わせたら自然な色で撮れました。
質感も良く出ていて結構気に入っています。

ハートがいっぱい [手作り]

hz2011_0204_213036AA.jpg

昨日は節分でしたが、次なるイヴェントはバレンタインデイであるらしく、街中にはハートが溢れています。
私も何かやってみようかと思いこんなものを調達しました。
Loft の製菓用品のコーナーにも型抜きがたくさん売っていてハートの型もあるのですが、どうもいまいち形が気に入らないのです。

いろいろ探してやっと見つけたのが写真のものというわけです。


hz2011_0204_213102AA.jpg

クッキーカッターですね。
何を作るかは計画中です。
できたら写真をアップしたいと思います。


コンポート作りの準備 [手作り]

sz2010_1006_210644AA.jpg

次のお休みは3連休ですね。
そのうち一日を使って洋梨のコンポートを作ってみようかと思います。

材料を少し仕入れました。
まずはシナモンスティック。


sz2010_1006_211420AA.jpg

続いてバニラビーンズ。


そして忘れてはいけない赤ワイン。
ジャム作りで使った無添加の井筒ワインを使ってみます。
今回は赤で品種はコンコード。やや甘口のタイプです。



sz2010_1006_212047AA.jpg

思い出して包丁を買ってみました。

sz2010_1006_212243AA.jpg


ダイヤモンドコーティングだそうで、よく切れそうです。
このメーカーはセラミックやチタンの包丁を作っています。
今回のものも保証期間は 10年だそうで、自信の程がうかがえます。


肝心の洋梨はちょうどその頃一番おいしい時期を迎えそうです。
どこかで舌なめずりの音が聞こえますが...(^^;)


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理