So-net無料ブログ作成
検索選択

ニャンコはいなかったのだろうか?:加曽利貝塚 [猫]

c20170617_9490.jpg


犬の骨や人骨が出土するのは貝殻が多くて土壌がアルカリ性になっているからだそうですが、猫の骨が出ているとは今のところ聞いていません。




c20170617_9494.jpg


この日はずっと晴れていて雨は降らなかったのですが、ニャンコ達はしきりに顔を洗い、体をきれいにしていました。




c20170617_9497.jpg


c20170617_9504.jpg


c20170617_9505.jpg


c20170617_9507.jpg


この子は気が強いらしく、負傷多数です。




c20170617_9508.jpg


c20170617_9509.jpg


c20170617_9518.jpg


後ろ足はこんな風に舐めるのですね。




c20170617_9519.jpg


c20170617_9520.jpg


c20170617_9522.jpg


c20170617_9523.jpg


生後一年ほどの男の子だそうです。(いつものおじさん談)




c20170617_9524.jpg






c20170617_9525.jpg


c20170617_9529.jpg


c20170617_9530.jpg


c20170617_9532.jpg


c20170617_9533.jpg


この子はとても慣れていて頭を撫でると腹ばいになってしまうそうです。

元は飼い猫だろうとはおじさん談です。




c20170617_9534.jpg


c20170617_9536.jpg


c20170617_9537.jpg


c20170617_9538.jpg


c20170617_9541.jpg


この子も慣れていておじさんにベッタリです。




c20170617_9542.jpg


c20170617_9543.jpg


c20170617_9544.jpg


平和そうですが、いつか見た目が見えないらしいニャンコは姿が見えなくなったそうです。

 

向こうの方ではよそ者らしい三毛が追い払われていました。




 

nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコ達:加曽利貝塚 [猫]

c20170507_7937.jpg

いつものおじさんがいたのでニャンコ達も集まってきていました。

c20170507_7935.jpg

ケンカでかなりの怪我をしているニャンコ、皮膚病で目も開かないらしいニャンコ、もらわれて行くニャンコなど、さまざまです。

c20170507_7936.jpg
c20170507_7939.jpg
c20170507_7942.jpg


いつ見てもきれいになっているのが不思議です。








nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

久しぶりのニャンコたち:加曽利貝塚 [猫]

l20170311_4784.jpg

昨日の午前、いつもより早い時間に加曽利貝塚に行ってみたのですが、雉子の声も姿もありませんでした。

やっぱり早朝に行ってみることにしましょう。

その代わり、ニャンコには会えました。



l20170311_4683.jpg

良い方向から狙うことができません。

このニャンコは鼻を怪我していますね。



l20170311_4684.jpg

一匹やってきました。



l20170311_4688.jpg

奥に引っ込みます。



l20170311_4691.jpg

別のところにもう一匹。

まだ若そうです。



l20170311_4693.jpg

土器を焼く準備でしょうか、煙が立ち始めました。



l20170311_4696.jpg

l20170311_4698.jpg

奇妙な木がありました。



l20170311_4700.jpg

枝が真っ直ぐ上に伸びているのです。



l20170311_4701.jpg

l20170311_4703.jpg

l20170311_4705.jpg

葉っぱはこんなです。



l20170311_4714.jpg


l20170311_4707.jpg

l20170311_4708.jpg

l20170311_4717.jpg

まだ他の木々は寂しいです。



l20170311_4718.jpg

l20170311_4719.jpg

l20170311_4729.jpg

戻ってみると、まだいました。



l20170311_4730.jpg

l20170311_4736.jpg

l20170311_4758.jpg

蚤でしょうか?



l20170311_4763.jpg

このニャンコたちは耳が欠けていませんので手術はされていないと思われます。



l20170311_4765.jpg

l20170311_4766.jpg

l20170311_4769.jpg

l20170311_4771.jpg

銀色がもう一匹きました。



l20170311_4772.jpg

この鼻の色は見たことがあります。



l20170311_4774.jpg

l20170311_4781.jpg

l20170311_4783.jpg

鳴き交わし始めました。



l20170311_4787.jpg

おめかしして臨みます。



l20170311_4788.jpg

l20170311_4792.jpg

様子を探っています。



l20170311_4794.jpg

l20170311_4795.jpg

l20170311_4799.jpg

良い雰囲気です。



l20170311_4801.jpg

l20170311_4803.jpg

l20170311_4804.jpg

l20170311_4806.jpg

l20170311_4807.jpg

l20170311_4809.jpg

見たことのないニャンコがすたこら去っていきます。

追い払われたのかもしれません。



雉子は草が伸びればまた姿を見られるでしょう。

また行ってみることにしましょう。







nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

千葉城でもニャンコに会う [猫]

c20170107_1536.jpg

千葉城でも野良と思われるニャンコを見かけました。



c20170107_1531.jpg

誰かが餌を置くようです。



c20170107_1533.jpg

いつもと違って広角でかなり近寄っていますが、動じる気配がありません。



c20170107_1534.jpg

耳に切り欠きがあるので手術済みですね。

野良にしてはこの子もきれいですね。



猫が安心して暮らせる社会は良い社会です。

 






nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコは四匹:加曽利貝塚 [猫]

c20170102_1323.jpg

どうかなと思って見に行ってみますと、いつものおじさんとニャンコがいました。

これはボス猫だそうです。



c20170102_1325.jpg

こちらは親子。

毛色がそっくりですね。

後ろにいる子は強い猫に無謀にも喧嘩をふっかけて傷だらけにされたとのことです。



c20170102_1326.jpg

日差しは暖かです。



c20170102_1330.jpg

c20170102_1333.jpg

こちらは以前お母さんにじゃれついていたあの子猫です。



c20170102_1378.jpg

すぐ大きくなりますね。



c20170102_1335.jpg

お母さんの面影があります。



c20170102_1380.jpg

平和です。



c20170102_1353.jpg

c20170102_1355.jpg

c20170102_1381.jpg

c20170102_1356.jpg

c20170102_1377.jpg

1日猫を眺めているというのも良いですね。







nice!(31)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

日向ぼっこして暮らしたい。 [猫]

j20161204_9915.jpg

加曽利貝塚に行くと必ずニャンコを探すのですが、おじさんの姿が見えないのでいないかな?と思いましたら、いました。



j20161204_9916.jpg

なかなかこっちを向いていてくれないので脇に回ってみました。



j20161204_9917.jpg

どうも良くないですね。



j20161204_9918.jpg

j20161204_9924.jpg

陰を作ってみます。



j20161204_9925.jpg

迷惑でしょうか?

 

おや、脚に傷があるようです。

 


j20161204_9926.jpg

療養中なのかもしれません。



j20161204_9928.jpg

もう一匹いました。


子供のようですが、これ一枚しか撮れませんでした。

 

 

今朝は頭も体もスッキリで完全回復と思ったのですが、会社で仕事をしているうちに次第に体調は下降し、午前中は少し暑かったり、午後は寒気を感じたりとどうも会社というものが悪影響を及ぼしているように思えてなりません。

 

食欲もなくなりましたが、仕事を終えて帰宅途中写真店に作り直した年賀状データを持ち込み、カレンダーの作成も注文完了となった頃には少し気分は良くなりました。

 

 

あとはシチリアーノの譜面を修正すればひとまず期限のあるものは完了です。

 

 

もう喪中の挨拶状が一枚届いています。

時間はどんどん流れていますね。






nice!(38)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコは一匹@加曽利貝塚 [猫]

c20160919_6117.jpg

ニャンコのいる場所にも行ってみました。

いつものおじさんがいる時間ではなかったのでどうかと思いましたが、見つかりにくい場所に一匹いました。



c20160919_6070.jpg

c20160919_6122.jpg

落ち着いた様子で、逃げるような様子もありませんでした。



c20160919_6111.jpg

こちらを見たり、Nさんの方を見たり。

 


c20160919_6106.jpg

知らなければ気づかれないところです。

 

いそうな場所は分かっていますし、なんとなくいそうだと感じるのです。


それにしてもいつもきれいです。
このニャンコは顔つきが穏やかで整っています。
人間もこうありたいものです。





nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

今日も母子のニャンコ:加曽利貝塚 [猫]

i20160717_2448.jpg

今日と言っても先日土曜日のことです。



i20160717_2368.jpg

加曽利貝塚ではこういう催しが行われています。



i20160717_2370.jpg

なので博物館周辺は賑やかですが、それ以外は人は多くはありません。



i20160717_2372.jpg

i20160717_2444.jpg

いつもの場所に先日とは別の親子がいました。



i20160717_2445.jpg

眠っているわけではありません。

 

i20160717_2466.jpg

目がきれいです。



i20160717_2449.jpg

i20160717_2454.jpg

とても暑い日でした。

野良にはクーラーはないのです。

 

 

i20160717_2447.jpg

先日のやんちゃな子猫とは違っておとなしそうです。


子供はみんなかわいいですね。






nice!(41)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコはいたが:加曽利貝塚 [猫]

l20160710_2056.jpg

雉子に会えるかと思ったのですが、今日は鳴き声もあまり聞こえず、結局姿は見られませんでした。

初めて出会ったのがこの時期でしたので会えるだろうと思ったのですが、空振りに終わりました。



l20160710_1960.jpg

l20160710_1966.jpg

l20160710_2021.jpg

とても暑い一日でした。



l20160710_2025.jpg

出会えたのは親子のニャンコでした。



l20160710_2029.jpg

l20160710_2031.jpg

l20160710_2038.jpg

最初は親子とも警戒していたようでしたが、次第に緊張が解けたようで、特に子供の方はまだ遊びたい時期で怖いものも知らないのでしょう、お母さんに甘え始めました。



l20160710_2041.jpg

l20160710_2045.jpg

ねえねえお母さんてば~。



l20160710_2048.jpg

l20160710_2052.jpg

時間を忘れますね。



l20160710_2136.jpg

こんな夕空でした。



l20160710_2138.jpg

月も出ています。

 

まだ梅雨は明けないので傘の出番があるのでしょうね。

 





nice!(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

久しぶりにニャンコ:加曽利貝塚 [猫]

l20160508_2107.jpg

昨日の記事で雉子に会う前には一旦は帰ろうと思ったのですが、その部分が抜けていましたので後で補記します。

 

以前お馴染みになったおじさんとニャンコは「エサやり禁止」の立札が立てられたことと関係あると思うのですが、姿が見られません。

 

しかしいつもの場所をのぞいてみると、一匹いました。

 


l20160508_2109.jpg

毛色には見覚えがあるように思いますが、少し大きいように思います。



l20160508_2111.jpg

成長したのかもしれません。


l20160508_2112.jpg

相変わらず汚れがありません。



l20160508_2118.jpg

この辺りは草の丈はそれほど伸びていません。



l20160508_2122.jpg

アザミはよく見られます。



l20160508_2124.jpg

l20160508_2129.jpg

川に近い辺りにて。

植えたわけではないでしょうから、自然に生えたのでしょうね。



l20160508_2133.jpg

古くは(縄文時代はともかく)交通の要所でもあったのかもしれません。



l20160508_2134.jpg

l20160508_2135.jpg

正面には

 なり田道(成田

 とうがね道(東金)

 八日市ば道(八日市場)

 ちゃをし道(銚子

と彫られています。



l20160508_2136.jpg

l20160508_2142.jpg

古くから生えているのであろう桐です。

桐は花がゴマに似ていますが、ゴマの仲間なので本来は草です。

だから柔らかくて成長が早いのですね。



l20160508_2144.jpg

また会いました。



l20160508_2146.jpg

確かに毛色はあのニャンコです。



l20160508_2150.jpg

l20160508_2152.jpg

基準点らしきものがありました。


l20160508_2153.jpg

 3級基準点
   KSR3-1
加曽利貝塚博物館
  2015

と刻まれています。


雉子に遭遇するのはこのすぐ後です。


会いたいという想いを忘れないことが大事だと思います。

 





nice!(44)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域