So-net無料ブログ作成

足部管の影響 [楽器]

h20171001_3903.jpg

H足部管付きのフルートには大抵ギズモキーというキーがついています。

h20171001_3904.jpg

これを押すと一番下の音孔だけが閉じます。

h20171001_3897.jpg

何のためにあるかと言いますと、H 足部管付きの楽器の最高音(本当はもっと高い音まで出ますが)の C が出しやすくなります。

出ないことはありませんが、押した方が出しやすいのです。

C足部管付きの楽器ではそいうことはないのですが、H足部管付きではそうなのです。

考えてみれば管の途中で音孔が開けられていればそこで音程が決まるはずで、その下が開いていても閉じていても影響はないはずです。

しかし、その音孔より先が広い空間であるのと、穴が開いているとはいえ筒があるのとではやはり違うのです。

 

相原さんの特殊な足部管は B♭から G まで揃っていますが、G は意外に全体の響きが良いのです。

それは多分 G がハ長調の音階の属音であるからでしょう。

 

 

h20171001_3900.jpg

 

このキーを押しても同じなのですが、このキーだけを押すのはやりづらいのです。

 

相原さんのシステムなら違うのですが、一般的にはこうです。

 

 

h20171001_3905.jpg

 

このキーを押すと、音孔は二つ閉じます。

最低音の音孔は開きます。

 

音は C です。

 

h20171001_3898.jpg
h20171001_3906.jpg

これで C# です。

h20171001_3899.jpg
h20171001_3909.jpg

この時前面の音孔は閉じています。

 

h20171001_3911.jpg

h20171001_3910.jpg

D の時は前面の音孔も開き、足部管の音孔は全部開きます。

h20171001_3898.jpg

さてこうしてやってみて不思議なのは、この二つが閉じている時は最高音の発音に問題はないのですが、

h20171001_3899.jpg


これだと発音できないのです。

 

 

h20171001_3910.jpg

通常は最高音の C を出す時は足部管の音孔は前面だけが閉じていてそれ以外は開いています。

 

h20171001_3898.jpg

 

れだと影響がなくて

 

h20171001_3899.jpg

これだとダメ、というのは不思議に思えます。

i20170305_4494.jpg

こちらは既にご紹介しました相原さんのフットフォン各種ですが、一つだけ長いものがあります。

 

i20170305_4508.jpg

C 足部管付きの楽器に取り付けて H 音を出すことを可能にする(C は出なくなる)ものですが、先端がベルのように開いていますので、H 足部管付きの楽器とは上記のようなテストをすると異なる結果が得られるかもしれません。

 

i20170305_4509.jpg
今度やってみることにしましょう。
 
※追記
明日は母の通院の日なので朝の更新はお休みします。

 

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

進化するスーパーインライン [楽器]

j20170805_1673.jpg


 



タネフルートの調整を相原さんに依頼しました。

やはり素材は今の洋銀とは違うようです。

 

以前取り上げましたトーンホールの位置を揃えた特別な楽器ですが、それを注文された方があって、構造はさらに進化したものが作られていました。

 

 

写真はありませんが、以前掲載したものを使います。






j20170805_1665.jpg


足部管のトーンホールはこの楽器では全部前を向いていますが、進化したものでは全て同じラインに揃っています。

小指で操作する部分は見てのお楽しみです。




j20170805_1670.jpg


あるべき場所にトリルのトーンホールがありません。

 

 

j20170805_1669.jpg

 

前にあります。

 



j20170805_1668.jpg


親指の下にあるはずのトーンホールは人差し指の下にあります。

二階建てです。

 

 

足部管もこれと同じような構造になっています。




j20170805_1671.jpg


G# のトーンホールも裏にはありません。



注文主はあるプロの演奏家の方です。

遠からず披露されるものと思います。


 




 

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう10年 [楽器]

i20170923_3498.jpg


FMC フルートマスターズでは25周年記念のモデルを発売していますが、私の楽器は十五周年記念モデルです。


 


過去の記事を読み返してみますと、手にしたのが10年前の七月、その一年後には自分のものになっています。


 


 


i20170923_3495.jpg


i20170923_3502.jpg


製作者豊田さんのイニシャルが入って、イニシャルモデルと呼ばれます。


 


i20170923_3499.jpg


Flute Speed を長いこと装着しています。


 


i20170923_3504.jpg


シーム管で Type B(台座・ポストまでAg970製)、管厚 0.4 です。


 


 


i20170923_3507.jpg


 


i20170923_3506.jpg


限定12本でした。


出会ったのは YAMAHA 銀座店(有楽町駅に近い銀座一丁目の仮店舗)で、翌年になっても嫁入り先が決まらず残っていました。


何人か試奏された方はあったそうですが、決まらなかったとのこと。


 


その頃山野楽器にも一本ありました。


当時 青木 美咲 さんの CD “Brighty Shadw” を聴いていましたが、その録音は Brannen Bros. の楽器で録音されていました。


その後青木さんはこの楽器をお使いになります。


船橋で聴いた演奏会でもこの楽器が使われました。


 


 


以下は10年前の記事の抜粋です。


 



表面は柔らかく、芯はしっかりした強い音。
遠鳴りのする音。
キーの反応も良く、軽やかで、安心感があります。
音の立ち上がりも良いのですが、決して冷たい音ではありません。
しかしオールドフレンチのような複雑な倍音を含んだ音とも違います。



M970S IRHE.4
Ag970銀製のシーム管、管厚 0.4mm のモデルがベースです。



リッププレート、ライザー、クラウンリングは18K です。



手前はベースモデルです。



 


吹き方、フォーム改造中です。


長年の癖を直すのは大変ですが、一つ一つ順を追ってルーチンのように確認しながら定着を図っています。


 


10年後はどうなっているのでしょうね。


 




 


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タネフルート [楽器]

l20170916_3125.jpg


タネフルートは今は作られていませんが、種子さんという方が作られていたフルートで種子さんは muramatsu から独立されたそうです。

 



l20170916_3127.jpg


l20170916_3129.jpg


桜井幸一郎さんがお勤めされていたのがこのタネフルートで、ロゴデザインを考案されたのが桜井さんだそうです。

 

 

l20170916_3132.jpg

 

l20170916_3133.jpg

 


l20170916_3124.jpg


初期の muramatsu と共通する特徴を見ることができます。

 



l20170916_3128.jpg


l20170916_3148.jpg
l20170916_3149.jpg

リッププレートはストレートですが、奏者の反対側がが少し窪んだような形になっています。

 

 

l20170916_3151.jpg

l20170916_3150.jpg

クラウンはシンプルです。

 






l20170916_3168.jpg
l20170916_3169.jpg


材質は一応洋銀と思われますが、現在使われている洋銀とは異なるものと思われ、音がかなり違います。




l20170916_3137.jpg


キーカップも muramatsu に似ていますが、muramatsu よりふっくらとしているように思えます。




l20170916_3136.jpg


l20170916_3138.jpg


l20170916_3142.jpg


カップはトーンホールより大きめです。

 



l20170916_3131.jpg


l20170916_3153.jpg


表面には少々腐食も認められます。

 



l20170916_3147.jpg


音孔は引き上げでカーリング処理が施されています。

 

 

あまり使われていなかったようで、パッドには亀裂などはありませんが劣化していると思われます。




l20170916_3158.jpg


ノックピンが多用されています。




l20170916_3159.jpg


数字が刻印されている箇所なども初期の muramatsu に似ています。




l20170916_3160.jpg


モデル名などはありません。




l20170916_3164.jpg


歌口の手前側が少し平らに削られたようになっています。

オリジナルかどうかはわかりませんが、こういう処理は初めて見ました。




l20170916_3165.jpg


l20170916_3167.jpg


使ってみると最低音までちゃんと発音できますが、バランス調整とバネの交換が必要です。

またメカノイズが出る箇所がありますのでフェルトかコルクで対処する必要がありそうです。

 

音は現代の洋銀モデルのような軽い明るさではなく柔らかな響きがあります。

 

相原さんで調整していただく予定です。


 






 

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Smart Rod の クリーニングロッド [楽器]

j20170909_2865.jpg

先日山野楽器に行った時に買ってみた新しいクリーニングロッドです。

j20170909_2866.jpg

ちょっと変わった形をしています。

j20170909_2867.jpg

クリーニングロッド本体はさらに変わっています。

j20170909_2869.jpg

折れ曲がります。

 

j20170909_2868.jpg

中ではこうなっているわけです。

j20170909_2873.jpg

初めて見るメーカーです。

日本製と書いてありました。

j20170909_2894.jpg

では使ってみます。

j20170909_2895.jpg

くるっと一回りさせるとかなり反射板の水滴が取れます。

しかし、角の部分に水滴が残っています。

 

以前試した Roi のものの方が拭き残しが少ないです。

下に再掲します。

 

j20170701_0268.jpg
j20170701_0269.jpg

 

j20170909_2901.jpg

形状が違いますが、Roi の方が芯が入っているので形が崩れません。

j20170909_2902.jpg

折れ曲がる分だけ今回試したものの方が長いようです。

j20170909_2903.jpg


材質を見ると案の定ポリエステルで、吸水性はあまり期待できません。

コットンの方がまだ良さそうです。

これの上に YAMAHA のフルートインナークロスなどを被せて使えばよく水を吸うかもしれません。

 

先端が折れ曲がるのは良いアイデアですが、角の部分にぴったりフィットさせるのは難しいと思います。

 

お値段は Roi より安いですが、テストした中では今の所 Roi のものが一番のようです。


 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

知らないうちに癖がついている [楽器]

jjjj20170826_2253.jpg

引き続き良い響きを探求中です。

 

かなり外吹きが良さそうだと思いながらやっていたのですが、先週練習場所の鏡の前に立ってみますと楽器をかなり手前に回転させていることに気づきました。

j20170826_2243.jpg

だから過度の外吹きになっていたのでしょう。

楽器を普通に構えるなら頭部管はもっと内側に向けて良いことになります。

j20170826_2248.jpg

トーンホールは真上を向くのが普通ですが、実際はこれよりも内側に向いていました。

j20170826_2249.jpg

これは外に回し過ぎ。

j20170826_2250.jpg

こうでなければ。

 

 

 

jjj20170826_2253.jpg

頭部管にはたまたま付いた傷があり、胴部管側にもルーペで見なければわからない程度の点のような跡があります。

これをひとまず目印にすることにします。

j20170826_2256.jpg


録音しながら、先生に聞いてもらいながら、響きを探していきましょう。

 

 

 

明日の朝の更新はお天気次第です。

 

 


 

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Louis d'or で GOLD Louis Lot を [楽器]

i20170830_2400.jpg

ランパルが金の Louis Lot を入手した経緯は自伝に述べられています。

それについては以前の記事で取り上げていますが、今回入手した文書ではその経緯について少し異なる事情が述べられています。

 

この文書には昔のゴールウェイの演奏会(1978年頃)のプログラムに載っていた、ランパルが金の Lot を入手した経緯を語った内容が引用されています。

こちらの方が会話も使われていてリアリティがありますが、どちらが実際に近いのかは判断しかねます。

 

英文ですが、大筋を訳してみます。

 

例によって細部に誤りがあるかもしれません。

 

金の Louis Lot を入手したのは1948年で、幸運だった。

当時マネージャーが二人いたが、一人が

 M:ところでフランス製のフルートがあるんですが、金製で . . . 。

 R:金だって?

 M:ええ、金でフランス製ですが、中国の人が持っていたもので。

 R:中国の人?

 

それは一本だけ作られたというあの有名な Louis Lot ではないかと思った。

ジャン・レミュザのために作られたという Lot。

彼が年をとった頃(1959年。レミュザ54歳の時)上海のフィルハーモニック協会に要請されたのを受諾して会長に就任し、そのお礼にそのフルートは注文されたという。

 

 R:それは是非見てみたいね。

 M:わかりました。実は、壊れている状態なんですが。

 

持って来られた楽器を見ると案の定それは Louis Lot だった。

貸してくれるというので私は舞い上がってしまった。

その楽器をマルセイユの父の元に送ると、父は手にしてすぐ作業に取り掛かり、一晩中没頭していた。

 

i20170830_2399.jpg


翌朝父から「非常に素晴らしい楽器だ」と電話が掛かって来た。

 J:全然寝てないんだ。

  パッドやそのほかいくつか作らなければならないものもあったからね。

 

 JP:これは買わない手はないよ。

  買うにはルイドール金貨を用意しなければならないけど。

 

  24金のルイドールでというから、見つけるのは非常に難しいけどそれだけの価値はあるし、それでもそれで買えるなら格安というものだよ。

 

 

自伝では

 1948年の夏,パリ・コンサート協会の理事であるガブリエル・デュセルジュとその友人で骨董商のアンリ・ランベールと知り合う。

 

 その年の暮れ、ランベールがランパルに、戦前に買った金のフルート(中国で作られ,上海からフランスに来た)をつぶそうと思うと話す。

 

 ランパルは19世紀に Louis Lot が金のフルートを作り中国に輸出したという話は聞いていたが,噂のレベルの話だろうと思っていたし,中国から注文が来るとは信じられなかった。

 

 ランパルがランベールからその「楽器」を見せられた時は「フルートとは似ても似つかぬもの」だったが、すぐ「金の Louis Lot」である事が分かった。

 ランパルはその「くず」をマルセイユに持って行き,お父さんに話すとお父さんは非常に興奮し,一晩中かかってそれを組み立てた。欠けた部品は一つもなかった。

 

 重量が1ポンド(約450g)以上あったので1ポンドのナポレオン金貨(24金)と交換した。

 

となっていてどちらが本当だろうかと考えてしまいます。

 

 

なお、ルイドール金貨(Louis d'or)というのはルイ13世(Louis XIII)が1640年に発行したとされ、フランス革命(1789年)まで発行されていた 金91.7%、銀8.3% の金貨(22k)で希少なものは現在一枚 1,000,000円ほどで取引されるようです。

ナポレオン金貨は大量に作られて品位も 金90%(21.6k)とやや落ちるので流通価格はそれほど高くないようです。

 

どちらも 24k のものがあったのかどうかわかりませんが、どちらの資料でも24金としているので、あったのかもしれません。

 

希少価値を別にして金地金として価格に換算してみますと、今日の小売価格は 5,028円 ですので、1ポンド(453.592g)だと 2,280,660円となります。

金貨の価格ではどのくらいになるのかわかりませんが、希少価値を含めてその倍であるとしても 456万円。

muramatsu の 総18k SR C足 が 8,586,000円(税込)ですから、もし 456万円だとしたら確かにこの楽器の価格としては格安です。

更にこの倍(912万円)でも安いでしょう。

骨董商だったら金貨と交換するというのも自然ですね。

潰して地金にしたものより希少な金貨の方が良いでしょうが、骨董商なら素人のランパルが探すより金貨を見つけるのは容易なのではないかと思えます。

 

価格のことは傍に置いておいて、Louis d’or で Louis Lot d’or を買うというのが話としては面白いですね。

レミュザが亡くなったのが 1880年。

楽器は遺族の手に渡ったでしょうが、それから骨董商が入手したと言っている 1914年(第一次大戦開戦)あるいは1939年(第二次大戦開戦)前までにどういう歴史があったのかが、目下の最大の関心事です。

 

 

※2017.9.1 一部修正。


 

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jean Rémusat と Shanghai Philharmonic Society [楽器]

i20170830_2398.jpg

ランパルの金の Louis Lot と最初にそれを贈られたジャン・レミュザについては以前も触れましたが、レミュザについては詳しい情報がありませんでした。

 

しかし最近資料を探していますと上海パブリックバンドの成立について述べた論文が見つかり、さらにレミュザの若い頃について述べた文章が見つかりました。

i20170830_2403.jpg

その頃の上海の事情と上海パブリックバンドの成立やレミュザについて述べた、以前取り上げました「上海オーケストラ物語」の著者 榎本 泰子 さんによる論文が同志社大学発行の「言語文化」に掲載されています。

 

i20170830_2404.jpg

その二つの文章の中から上海バプリックバンドとレミュザに関わる部分を年代に沿って引用します。

文章は色分けして区別しています。

黒字は管理人によるものです。

 

1860年に、4人の外国人が競馬場の円周の内側に土地を買い、公共の運動場を作った。

中略)

62年に競馬場が移転する際、土地の所有者は元の価格で委員会に権利を譲り、委員会はすでに地価の上昇した運動場を売って巨額の利益を得た。そしてこれを上海娯楽基金(Shanghai Recreation Fund)とし、公共の福利厚生のために 運用することにした。

 

アマチュア演劇クラブ(1886年設立)の第一回公演は1867年3月1日に行われた。前日2月28日の『ノース・チャイナ・デイリー・ニュース』(The North China Daily News)10に掲載された広告によれば、(中略)音楽はオーケストラとピアノが担当することが予告され、上海交響楽協会(Shanghai Philharmonic Society)と指揮者レミュザの名が登場する。

 

1869年、金の Louis Lot が作られ、レミュザに贈られる。

上海フィルハーモニック協会」の設立は1864

(『上海オーケストラ物語』春秋社 榎本 泰子)

 

1874年、2代目ライシャム劇場の開設とともに、上海租界の演劇および音楽活動は隆盛を迎えた。アマチュア音楽家による管楽器協会(Wind Instrument Society)がパブリック・ガーデンで野外コンサートを始めたのも この年だった。

(中略)赤字状態が続いていた(ので)管楽器協会も運営資金の一部を上海娯楽基金の援助に頼らざるを得なかった。

 

1879年に結成される上海パブリックバンドも、娯楽基金の援助を受けてスタートしている。

 

1878年管楽器協会の指揮者レミュザ J. Rémusat が、フィリピンのマニラで14人の音楽家をスカウトしてきた。

 

上海パブリックバンドは、アマチュア音楽家だけでは対応しきれない租界の音楽的需要を、公的資金を用い、職業音楽家を多数雇い入れることによって満足させようとするものだった。ただし租界住民の中には、音楽の専門的訓練を受けた者はまだ少ない。そこで当時のアジアで最も西洋音楽の普及が早かったフィリピンから、フィリピン人音楽家をスカウトしたのである。

(中略)

こうしてパブリックバンドは、(中略)管楽器協会の活動を引き継いだのだった。

 

1880年パブリックバンドの指揮者に就任したばかりのレミュザが亡くな った。欧州で一定の名声を得ていた音楽家が、晩年を上海のアマチュアたちの指導に捧げ、帰国することもなく生涯を閉じたことには意外の感がある。

 

 

 上海租界の娯楽活動:パブリックバンド成立まで

  榎本 泰子

 

 上海パブリックバンドの誕生:工部局交響楽団の歴史(その1)

  榎本 泰子

 

 言語文化 = Doshisha studies in language and culture

  同志社大学言語文化学会運営編集委員会 編

 

  1巻1号 (1998年7月)-15巻4号 (2013年3月)




i20170830_2401.jpg

次に Tom Moore という人がネットにアップしたレミュザに関する文章を見ます。

英文ですが、主要な部分を訳します。

急いで訳しましたので細かい部分で違いがあるかもしれません。

 

 

レミュザは1815年5月11日、フランスのボルドーに生まれた。

最も古い資料ではボルドーのフィルハーモニック協会で演奏した記録(1829年12月8日)が見える。

 

レミュザはパリの音楽院でトゥルー(Tulou)に学び、1832年に一等賞を得ている。

1840年にはルイ・ジュリアンと共にイギリスに渡り、クイーンズ・シアターの第一フルート奏者となり、1853年にはパリに戻ってシアター・リリックで演奏している。

 

1869年に音楽情報誌 “吟遊詩人” は次のように報じている。

長らく死んだものと思われていたジャン・レミュザは、上海からの情報によば音楽協会を設立し、音楽家たちを集めて合唱付の管弦楽作品を演奏した。

 

1880年、同誌はレミュザの死を報じた。

パリで輝かしい業績を残したレミュザは故郷を遠く離れた上海で1880年9月1日に亡くなった。

 

レミュザは反ベームシステム派であると多くの資料で述べられているが、それとは対照的なリポートが1882年に “一般音楽新聞” 誌に掲載されている。

 

レミュザは1866年にロンドンのブロードウッド社でベーム式の楽器を見た後で同じ洋白(銅、ニッケル、亜鉛)の円筒管を注文している。

 

今はランパルのものとなっている(ベームシステムの)金の Lot もまたレミュザのために1869年に作られたものである。

 

たしかに音楽院ではベーム式を採用しなかったグループに属していますが、自分で注文しているということは少なくともその頃には使うことにしていたものと思われます。

 

肝心の Lot が注文された経緯はやはりわかりませんが、おそらく上海フィルハーモニック協会は高名な演奏家にして作曲家であったレミュザが晩年といっても良い54歳の時要請に応じて来てくれたことに対し、大きな感謝の気持ちを使えたかったのでしょう。

 

上海にはレベルの高い音楽家はいなかったようですから、レミュザが来てくれるというのは大変な事件であったはずです。

レミュザとしてもパリでは業績を残せたと感じていたのかもしれません。

 

 

当代最高のフルーティストに対する贈り物は最高の楽器、それもそれまで作られたことがない金で、ということになったのではないでしょうか?

 

 

明日以降のいつか、ランパルとその楽器との関わりについて新しく知った資料を基にして触れます。

 
2017.8.31 一部修正。

 

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Isidor Lot の秘密? [楽器]

l20160522_2658.jpg

 

相原さんのところに行くにあたって Isidor Lot を引っ張り出しました。

 

 

以前取り上げましたが、初代 Louis Lot の甥が作った楽器です。

 

先日のレッスンの時も少し吹いて先生にも試していただいたのですが、まず YAMAHA の Bijou が採用しているように右手のキーの間隔が普通のものより広いです。

 

先生はあまり手が大きくないので指が痛いとおっしゃっていました。

 

l20160522_2666.jpg
l20160522_2668.jpg

クラリネットのような本来のリングキーです。

l20160522_2669.jpg
l20160522_2672.jpg

Lot の象徴のようなティアドロップ形です。

i20170827_2363.jpg

視差もあるので正確な比較にはなりませんが。

比較するのは FMCフルートマスターズの15周年記念モデルです。

i20170827_2358.jpg

どのくらい間隔が違うのかと思い、たまたま持ち合わせていたメジャーで簡単に測ってみました。

まずこちら側のキーの位置を合わせます。

i20170827_2360.jpg

右手側はこれだけ違いがあります。

i20170827_2364.jpg
i20170827_2365.jpg
i20170827_2366.jpg
i20170827_2367.jpg

しかし胴部管の上から下までは同じのようなのです。

i20170827_2368.jpg

右手の三つのキーの間隔は確かに違います。

i20170827_2369.jpg
i20170827_2370.jpg
i20170828_2389.jpg

反射板はなく、コルクです。

i20170828_2390.jpg

クラウンはキーカップを使っています。

i20170828_2391.jpg

反射板がないのでネジはなく、嵌め込んでいるだけです。

i20170828_2393.jpg

コルクは所定の位置に押し込まれているだけです。

i20170828_2394.jpg
クラウンは非常に軽いです。
i20170828_2397.jpg


ライザーの角度は撮ることができません。

 

 

中嶋さんに試奏していただくと、「まさに Lot の音」と相原さん。

このリングキーの楽器は指を十分上げないと正しい音程が取れません。

 

右手も広く広げなければならないので吹きやすいとは言えません。

 

それにしても、です。

最近は胴部管と頭部管を固定したり、クラウンを重くしたり、反射板にいろいろな素材を使ったりと様々な効果を謳ったアクセサリーやパーツがありますが、このような軽いものやコルクの反射板で良い音がするからには音を良くする要因は別のところにあるのかもしれません。

 

もっとも、初代 Lot の頃と今では求められるものが違うので仕方がないのですが。

 

大きな会場でなければ、この楽器が使いこなせたら使ってみたいなとは思います。

 

 

 


 

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千葉豊さんの手になる楽器:muramatsu [楽器]

j20170827_2371.jpg

相原さんのところで古い mutramatsu を見ました。

 

 

私の楽器は桜井さんによれば1955年から1959年の間に作られたものであろうとのことですが、この楽器は 1957年でほぼ同年代です。

j20170827_2373.jpg
Y.CHIBA

ただ、この頭部管は付属していたものではないのではないかと思われます。

 

m20150704_2924.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2381.jpg
j20170827_2382.jpg
j20170827_2374.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2970.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2375.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2968.jpg
K.SAKURAI

K.SAKURAI の方にはブリチアルディキーが使われていません。

j20170827_2376.jpg
Y.CHIBA
m20150704_2925.jpg
s20150705_2977.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2377.jpg
j20170827_2378.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2985.jpg
m20150704_2926.jpg
K.SAKURAI

頭部管は別として左手親指周り以外はほぼ同じような作りに見えます。

 

j20170827_2380.jpg
Y.CHIBA
j20170827_2372.jpg

刻印についてはこちらは MURAMATSU と今と同じように刻印されています。

 

この楽器は先日のショーケースの記事でお名前に触れました千葉豊さんの手になるもののようですが、その上に後にパール楽器製造に移られる下山さんのお名前が刻印されています。

 

相原さんのお話では下山さんが入社されてそれほど経たない頃のものではないかとのことです。

 

胴輪のデザインが異なり、Y.CHIBA の方がその後もの(以前入手した古いもの)と同じデザインです。

 

刻印も Y.CHIBA の方が整っています。

 
ms20150704_2935.jpg
K.SAKURAI

 

確かな判断材料はありませんが、K.SAKURAI の方はもう少し古いかもしれないという印象を持ちます。

 

 

今後何か判明しましたらまたアップしたいと思います。

 

 



 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー