So-net無料ブログ作成

再びの窯変天目:世田谷で二館をめぐる [アート]

i20180617_7817.jpg


美術館続きですが、以前から行こうと思っていた展覧会が今日までだったので出かけました。




i20180617_7804.jpg


二子玉川駅前では名古屋の PR が行われているようです。




i20180617_7805.jpg


i20180617_7806.jpg


i20180617_7807.jpg


バスを利用します。




i20180617_7808.jpg


i20180617_7809.jpg


最初は五年前に訪れた静嘉堂文庫美術館です。





i20180617_7810.jpg


この辺りは街の中に流れがあります。




i20180617_7811.jpg


i20180617_7813.jpg


こちらが「静嘉堂文庫」の建物で、この右側に美術館があります。




i20180617_7815.jpg


i20180617_7816.jpg


i20180617_7812.jpg


i20180617_7818.jpg


i20180617_7819.jpg


岩崎家の廟です。




i20180617_7820.jpg


美術館の裏から街を望みます。




i20180617_7822.jpg


i20180617_7823.jpg


まもなく開館です。




i20180617_7825.jpg


岩崎彌之助(彌太郎の弟)、小彌太親子のコレクションが収蔵されています。

http://www.seikado.or.jp/about/index.html

静嘉堂の名称は『詩経』の「籩豆静嘉」(へんとうせいか)の句から採った彌之助の堂号

とあります。




i20180617_7828.jpg


i20180617_7842.jpg


i20180617_7839.jpg


酒器も見事なコレクションですが、訪れる人のお目当は茶器である国宝曜変天目茶碗(稲葉天目)です。




i20180617_7841.jpg


i20180617_7844.jpg


日本にのみ残っているという、建窯で焼かれた曜変天目茶碗三点はいずれも国宝で、その中でもこの稲葉天目が最も見事です。

家光が乳母春日局が病に臥せった時にこれで薬をと与えた天目茶碗。

それが春日局の実家稲葉毛に代々伝わったことから稲葉天目と呼ばれます。




i20180617_7845.jpg


展示の中で印象に残ったのは大きな徳利。

見事の一言です。




i20180617_7846.jpg


写真は実物ではなく、カタログの一部です。




i20180617_7847.jpg


象嵌というのは焼物では初めて見ました。




i20180617_7853.jpg


前回訪れた後で一年半ほどかけてリニューアルが行われたとのことです。




i20180617_7829.jpg


次は砧公園に隣接する世田谷美術館。




i20180617_7831.jpg


i20180617_7832.jpg


広大な敷地です。




i20180617_7833.jpg


i20180617_7835.jpg


i20180617_7836.jpg


i20180617_7837.jpg


i20180617_7838.jpg


特に強く惹かれているわけではありませんが、近くですし、今日までなので。




i20180617_7840.jpg


i20180617_7843.jpg


i20180617_7848.jpg


印象に残ったのはゴーギャンに強い印象を受けた後で変わった、もろにその影響が見られる作品たちです。

その後独自の画風を確立します。

 

多くの作品が紙本彩色であることも驚きでした。

彫刻作品、下絵、習作、雑誌(表紙絵)、絵本などもあります。





i20180617_7850.jpg


本当はこちらにも行きたかったのですが、時間が少なくなりましたし、帰りのバスがぎゅう詰めで疲れたので、後日にまた来ることにしました。




i20180617_7851.jpg


もう一館別のところも訪れてみたいですし。

 

天目茶碗といえば以前 “鑑定団” で四つ目が発見されたと大変な話題になりましたが、画面で視た限りではそんなに素晴らしいものという印象はありませんでした。

鑑定では本物とされ 2.500万円の値がつけられましたが、本物としては驚くほど安い評価額です。

 

 

直後から疑問があちこちから出されたようですが、どうやら真作ではないというところに落ち着いているようです。


 



 

nice!(21)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

Baccarat:Verres de Legende:Tumbler Paris 1889 [アート]

j20180421_3474.jpg


「伝説のグラス」シリーズの一つです。

 

金彩を施さないタイプもあるのですが、こちらはエッチングで描かれた模様に金彩を施したタイプで、パリ万博の年1989年に制作されたものの復刻版です。

そのパリ万博のために作られたエッフェル塔と当時存在してたトロカデロ宮殿が描かれています。




j20180421_3470.jpg


j20180421_3475.jpg


いつもは持ち帰って撮影装置を組み立てて撮るのですが、今回は外が見える場所で撮っています。




j20180421_3476.jpg


j20180421_3477.jpg


これがトロカデロ宮殿ですね。




j20180421_3480.jpg


エッフェル塔。




j20180421_3484.jpg


j20180421_3488.jpg


j20180421_3486.jpg


こういうものを取ると向こう側にピントが合いがちです。

絞り開放で撮っていますが、本当はもう少し絞った方が曲面に描かれた絵柄の端まで鮮明に撮ることができるのですが、後ろがうるさくなります。




j20180421_3490.jpg


どの程度まで見せるかによって絞りを決めます。




j20180421_3473.jpg

 

明日の朝は早めに出ますが、今朝の残りをアップしておきます。

 

 


 

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヒラメもあるでよ [アート]

i20180418_3116.jpg


オリエンタルカレーのCM を覚えている人はある程度の年齢の人ですね。

昨年のヒメダカに続いて今年はヒラメを買ってみました。




i20180418_3120.jpg


ヒラメなので左側に目があるわけですが、両側から撮ってみると透き通っているせいでどっちから見ても同じです。




i20180418_3132.jpg


この角度から見ると上側に目がありますね。




i20180418_3138.jpg


少し撮り方を変えて薄く影を作ってみます。

 

こちら側が左側のはず。




i20180418_3139.jpg


反対側から見ても違和感はありません。




i20180418_3143.jpg


腹側から見ていることになります。

 

カレイは目がついているのが右側ですが、そのほかの違いとしてはヒラメの方が口が大きいそうです。

 

しかしこれは多分稚魚なのでその違いはわかりませんね。




i20180418_3147.jpg

 

こんなものを糧撮影している私はやっぱりもの好きですね。

 
 


 

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

Baccarat Damoiselles Collection Nuit [アート]

n20180401_2087.jpg
 

クリスタルガラスの最高峰は Baccarat であると言っても異論はないでしょう。

M.O.F(Meilleur Ouvrier de France、フランス国家最優秀職人)を多数抱え、技法においてもデザインにおいても最高の製品を生み出し、アンティークの素晴らしいものも時折復刻として現代に再現し伝統が途絶えることがないよう常に最高であり続けるメーカーです。

 

 
n20180401_2086.jpg
 

今回目の保養ができたのは以前限定版で製作されたグラスのセットです。

Damoiselles Collection(ダモワゼル・コレクション)

Nuit(夜)


白黒が反転された Jour(昼)というセットもありました。

 

デザイナーは Stephanie Balini。


ヘネシーのパラディー・アンペリアルのデキャンタのデザインも彼女だそうです。



n20180401_2076.jpg


通常のバカラの黒い製品は非常に濃い紺色であるミッドナイトであるものが多いのですが以前取り上げましたフィリップ・スタルクのデザインによるブラックエンジェルは非常に濃い茶色です。



こちらの製品は被せガラスではなく厚みがあるので明かりに透かしても光が見えないので何色であるのかわかりません。

 

 

このセットはガラスの加工の技法の高度な見本という趣で、まずはグラヴュールなどに代表される深いカット(削り加工)が施されているうえ、削られた面にはきれいなフロスト加工が施されています。

 



n20180401_2077.jpg


きれいに揃ったディンプル状の削り加工と直線の削り加工です。

角は柔らかに丸められています。




n20180401_2078.jpg


クリアなガラスのフロスト加工。




n20180401_2079.jpg


ガラスの接合は簡単ではありません。

見事な円盤状に加工され、しかもその接合部が歪み一つなくきれいに繋げられています。




n20180401_2080.jpg


エッチングやサンドブラストに代表される浅い削り加工です。




n20180401_2081.jpg


デザイナーのサインが入れられています。




n20180401_2082.jpg


n20180401_2083.jpg


n20180401_2084.jpg


実物にお目にかかれたらラッキーです。




 

nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

MINTON:PATE-SUR-PATE by Alboin(e) Birks【その2】 [アート]

t20180317_0897.jpg

 

以前もご紹介しました MINTON の作品ですが、昨日超弩級ともいうべきものを見ることができました。

余談ですが超弩級というのはイギリス海軍の大きな軍艦 Dreadnought(当て字:弩。1906年進水)を超えるという意味で、ものすごくでかいというのが元の意味です。

C.F. Martin & Co. のギターの型番のD も Dreadnought の頭文字です。

 

 


t20180317_0873.jpg


t20180317_0898.jpg


技法は同じですが、ものすごいのはその厚みです。




t20180317_0899.jpg


作者の頭文字 A B が見えますが、その前にあるのは L なのか I なのか。




t20180317_0900.jpg


t20180317_0902.jpg


t20180317_0903.jpg


釉薬もとても厚く掛かって美しい光沢を見せています。

 

 

t20180317_0911.jpg




t20180317_0904.jpg


t20180317_0909.jpg


t20180317_0907.jpg


t20180317_0932.jpg


手彩色の金彩。

24金でしょう。




t20180317_0912.jpg


反対側です。




t20180317_0913.jpg

 

t20180317_0916.jpg



t20180317_0914.jpg


t20180317_0919.jpg


t20180317_0924.jpg


t20180317_0927.jpg


厚みがご覧いただけるでしょうか?

一体どれだけの手間がかかっているのでしょう?

気が遠くなるような話です。

 

 

美術館にあってもおかしくないクオリティです。

 

昨日の作品もこれも外車が買えるお値段です。

手の届かない世界なのでかえって気が楽です。

 

頑張れば買えなくもないというのが怖いのです。


 




 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

十二代柿右衛門:C&S [アート]

l20180310_0517.jpg


昨日使った器を取り上げます。

柿右衛門さんは当代は十五代です。




l20180310_0519.jpg


柿右衛門さんらしい絵柄です。




l20180310_0521.jpg


l20180310_0529.jpg


デミカップで、上端が少し外に開いている少し変わった形です。




l20180310_0532.jpg


l20180310_0523.jpg
 

カップの底です。

 

1919年、渦福(角福)のマーク(の使用権)を出資して小畑秀吉さんの「柿右衛門焼合資会社」の経営に参加することになりますが、1928年に脱退します。

マークの使用権は会社のものですので以降十二代さんは ‘柿右衛門作’ の銘を使用します。

「柿右衛門焼合資会社」が製造した製品は業界では ‘小畑柿右衛門’ と呼ばれることがあります。

合資会社が存続期間(当時は有限で、登記された)を終了した後でマークの使用権は返還されますが、このマークはそれ以後も使われません。

 

l20180310_0526.jpg


ソーサーの底です。

 


なのでこの作品はそれ以降亡くなるまでの間のものということになります。




l20180310_0539.jpg

 

柿はこんな色ではないと思われるかもしれませんが、見慣れてくるとこの色でなくてなならないと思えてきます。

草花や鳥や図案化され岩(太湖石)が描かれたいわゆる柿右衛門様式のものも良いですが、やはり一つは柿柄のものが欲しいですね。

 

 

k2010_0428_062138AA.jpg

 

こちらは以前取り上げました十二代さんの柿形香合です。

 

この赤が柿右衛門の赤です。

 

 
k2010_0428_061928AA.jpg
 
k2010_0428_061958AA.jpg

 

 

角福の銘ですので出資以前の作品です。

 

 

kz2011_1123_124936AA.jpg

 

kz2011_1123_124908AA.jpg
 
kz2011_1123_125048AA.jpg
 
kz2011_1123_125113AA.jpg

 

こちらは ‘柿右衛門作’ です。

こうした違いを見るのも楽しみの一つです。

 

 



 

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

WEDGWOOD:Polka Dot Collection [アート]

t20180303_0035.jpg


昨日アップした写真の器 WEDGWOOD の HARLEQUIN Collection の Polka Dot Collection ですが、当初は緑だけだったそうですが、人気を受けてカラーバリエーションが増えたとのことです。

 

 

リンクのページの記事は 2013年のもので、今はまた取り扱いが終了しているようです。

 

 

t20180303_0116.jpg



帽子の箱のようです。




t20180303_0029.jpg


デミカップです。




t20180303_0030.jpg


t20180303_0034.jpg


C&S 以外のアイテムもあります。



t20180303_0037.jpg


t20180303_0039.jpg


イチゴなしで撮るとバックの色とぴったりであることが一層際立ちます。

 

 

内側の白も本当にきれいですね。




t20180303_0118.jpg


この箱がまた人気なのだそうです。




t20180303_0122.jpg

 

イチゴを食べるにはもうちょっと大きい器の方が使いやすいですが、見た目は本当に可愛いですね。

 
 


 

nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

Baccarat × 今右衛門 [アート]

t20180224_9591.jpg


昨日の器は以前取り上げましたものと同じように 十四代今右衛門さんと Baccarat のコラボレーションです。




t20180224_9577.jpg


色絵薄墨墨はじき 雪文星形皿




t20180224_9613.jpg


Baccarat のグラスにも雪文がエッチングされています。

これがコラボレーションです。




t20180224_9632.jpg


グラスと皿が呼応します。




t20180224_9663.jpg


グラスの底には両者のマークがあります。




t20180224_9665.jpg


お皿の底には Baccarat の B。

日本の焼物にこのマークが入っているのは極めて珍しいことです。




t20180224_9667.jpg


雪の文様にはよくみると青い顔料が使われ英ます。

雪も白ではありません。

これが墨はじきの色合いと素晴らしくマッチして見事な景色を作り出しています。




t20180224_9670.jpg


釉の表面の人肌のような優しさが今右衛門さんの特徴です。

これは使用している灰がイスノキの灰、イス灰であることによるようです。

柿右衛門さんと比べてみるとよくわかります。




t20180224_9673.jpg


t20180225_9527.jpg

 

降る雪と積もる雪。

日本の美しい雪景色、静かな雪の夜。

しんしんと、音ににならない音が聞こえて来るかのようです。

 
 


 

nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ホッベマ:「ミッデルハルニス街道」 [アート]

i20180220_9375.jpg


中野京子さん乗っ本を読み終わってしまうのでもう一冊読んでみようと思い書店に立ち寄りました。

何冊かパラパラとめくってみてホッベマを織り上げていたこの本を糧みました。


 


i20180220_9368.jpg


一年前に出版されたのですね。




i20180220_9371.jpg


この中ではムンクが一番よく知られているでしょうか。




i20180220_9373.jpg


今は「ミッデルハルニスの並木道」と呼ばれているようですが、私が中学生の頃は「~街道」とされていました。

ホッベマ(1638 - 1709)という画家はそれほどよく知られてはいないのではないかと思いますが、中学生の頃、学校に複製画(印刷)の販売があった時何枚か買った中の一枚がこれでした。

それまで知っていたわけではないのですが、気に入ったのです。

 

 

子供の頃はこの絵と北斎の「神奈川沖浪裏」が大のお気に入りでした。




iMeindert_Hobbema_001.jpg

Wikipedia より。

見る人を誘う一点消失のシンメトリーの構図。

多分多感な頃の私はこの木立に誘われてしまったのでしょう。

 

あまり画集でもお目にかかることはない画家だと思いますが、私にとっては忘れられない光景です。

 
 


 

nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヤコブの妻、ラケル [アート]

kz2012_1002_175029AA.jpg


 


i20180217_9261.jpg


 


中野京子さんの本を今読んでいますが、なかなか興味深いです。


 


ちょっと脇道に逸れるかもしれない話題ですが、P.76 で映画 『ジェイコブズ・ラダー』に触れて、原題をそのままカタカナにするのは如何なものかと配給会社に注文をつけています。


 


原題は “Jacob's Ladder” ですが、正しく訳すなら「ヤコブの梯子」です。


 


ロッシーニの『絹のきざはし(絹のはしご)』は原題は “La Scala di Seta”、英語にすると “The Silken Ladder” です。


 


 


c20150124_3001.jpg


 


「ヤコブの梯子」というのはこんな現象を言うらしいです。


 


 


c20150124_3005.jpg


 



バッハ:マタイ受難曲

バッハ:マタイ受難曲

  • アーティスト: アーノンクール(ニコラウス),バッハ,ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/04/08
  • メディア: CD

J.S.バッハ:ヨハネ受難曲(1993年録音)

J.S.バッハ:ヨハネ受難曲(1993年録音)

  • アーティスト: アーノンクール(ニコラウス)
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: CD

バッハの大曲『マタイ受難曲』『ヨハネ受難曲』はそれぞれ “Matthäus-Passion”、”Johannes-Passion” ですが、英語圏のマシューやジョンは聖人の名前をもらっているのでしょう。

ピーターはペテロというわけです。



 


バッハはこの二曲以外に「ルカ受難曲」「マルコ受難曲」も書いているようですが、Wikipedia によればルカは偽作とされ、マルコは台本しか残っていないそうです


 


 


kz2012_1002_175627AA.jpg


 

さてこの写真は以前取り上げた KPM の陶板画です。

 

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2013-06-01-1

 


 

kz2012_1002_181923AA.jpg


 


その時記事に書きましたが、裏面には Rachel ! と書かれていて、英語ならレイチェル、フランス語ならラシェル、ドイツ語などはラケルです。


中野さんの本にヤコブの妻としてラケルが登場します。


 


 


大層美しかったとされているそうです。


 


 


卵料理がメインのお店「ラケル」の名前もここから取られているのかもしれません。


 


 


Rachel,_1888n2.jpg


 


これも以前掲載した画像ですが、左がオリジナルの板絵で、右が KPM の陶板画です。


この陶板画は KPM の作品を集めた本にも登場せず、ネットで検索してもこの blog の画像が引っかかるだけで、かなり珍しいものと思います。


肌の表現、特に耳のあたりなど1枚目の画像でご覧いただけると思いますが血の通った肌の表現が実に見事なものです。


 


焼物でこんな表現ができるとは驚異的としか言いようがありません。


 


 


英会話や音楽、絵画などを味わううえでキリスト教の基本的な知識は欠かすことができません。


 


 


 


 


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:アート