So-net無料ブログ作成
それはいけない ブログトップ
前の10件 | -

気になって仕方がない [それはいけない]

IMG_1862.JPG


大部屋の生活なので、いろいろな人がいます。
治療の内容も様々のようですが、同じ部屋にはもちろん男性だけで、おじさん、おじいさんばかりです。
毎日カーテンを隔てただけの生活ですが、プライヴァシーは視覚的には保てるものの、音は筒抜けです。
まあ普通は一人で過ごしているわけですし、家族などが訪れる時は明るい時間帯でもありますからそれ以外の時間帯は話し声も聞こえません。
しかし、です。
最近入ってきた人が夜はもちろん昼も寝ていることが多いのでrすが、ものすごいイビキなのです。一定の大きな音が常に響いてるわけではなくて不規則で、初めて聞くとかなりギョッとします。
やむを得ないので耳栓を買ってきました。



IMG_1863.JPG


他の一人はいびきも騒々しいこともないのですが、声がよく通ります。
なので看護師さんと話している内容が全部聞こえてしまいます。
また他の一人はある程度ボケが来ているのか、看護師さんを頻繁に呼んで、色々世話を焼いてもらっています。
シモのこともあります。
「目薬を」と頼んで「さっきさしましたよ」と言われることもよくあり、夕食後しばらく経ってから「今日の夕食は?」などと言っていることもあります。
大きな魚が落ちているだろう、とか猫がいっぱいいる、などと言って、看護師さんに「ここは病院だからいませんよ」とたしなめられたりしています。
もう退院されたある人はよく独り言を言っていました。
病的というわけではなく、よくある程度ですが。
別の一人はやはりもう退院されたのですが、寝言を言っていました。
普段は言葉も丁寧で人当たりの良さそうな感じなのですが、かなり自分を抑えているのか、寝言ではここに書けないようなことを言っていました。
またこの人は動作がやや粗暴な感じで、扉を閉めるときやものを置くときに結構音を立てます。
退院の前に色々準備している時もこちらのベッドに足か何かをぶつけたのですが、「すみません」の一言もなく、備えられているパイプ椅子をやはりこちらのベッドに触れるように置くので誰かが座ったり立ったりするたびにこちらに振動が響きます。
そういうことには頓着しないらしいです。



IMG_1836.JPG


それからほぼ全員に言えることですし、街中の飲食店でもそうなのですが、食事中に音を立てる人が大部分です。
さすがに噛む時は口は閉じているようですが、文字にしづらいですがピチャピチャ、とかピチャッという音を盛大に立て、大きな音でゲップはするは、飲み物を飲むたびにア”〜、と言うは、などなどで、すぐ近くで聞いていて気持ちの良いものではありません。
食器を置く音、箸やフォークなどを食器に当てる音も盛大です。
皆一家の主人なのでしょうが、子供はともかく奥さんがもしそういう点で育ちの良い人だったりするととても気になるのではないかと思えてしまいます。
いびきもそうかもしれませんが、こうしたことも我慢ならない人には我慢ならないもので、離婚の原因にもなるようなことも聞いたような気がします。
そうした中で育つ子供はやはりそういうことを気にしない人になるでしょうね。
個室でならともかく、せめて他人が近くにいる環境では気をつけるということを知ってほしいものです。


テーブルマナーは私もわかりませんが、一人でも他人が近くにいる環境では他人に不快な思いをさせないというのがマナーの基本ではないかと思います。






トラックバック(0) 

無断駐車は非常識 [それはいけない]

r20161223_0413.jpg

クリスマスも近づいてなんとなく平和が満ちているような感覚がなくもないこの頃ですが、今日はどうにも困った事態に遭遇しました。



r20161205_9951.jpg

その前にこちらはいつものポイ捨てです。


なくなりません。


撮影は iPhone なので画質は悪いです。



r20161205_9952.jpg

こまったものです。



r20161223_0393.jpg

こちらはコンビニエンススストアの駐車場です。


何年か前の「平成サラリーマン川柳」にありました。


 


 前向きに


 駐車場にも


 励まされ


 


それはともかく、前向きにと書かれている向こうには大抵民家などがあります。


排気ガスをそちらに向けて排出しないようにというお店の気遣いなので、なるべくそうしてあげるのがマナーというものでしょうが、ただ、発進は前向きの方が安全であることは言うまでもありませんので、強制することはできないでしょうね。


最近は後ろを映し出すカメラを備えた車も多くなっていると思いますので、バックで出る方が安全かもしれません。

 


r20161223_0415.jpg
 

今日、レッスンのために駐車場に車を置こうとしましたら、見知らぬ車が駐まっています。


 


以前もこうしたことが2回ありました。


一回目は会社の駐車場。


私の借りている区画に駐められていました。


その時は共有スペースに自分の車を駐め、電車に乗って出かけましたが帰ってきてもまだ駐まっています。


会社の土地なので私有地ですから警察は退かすように動いてはくれませんが、ナンバーを伝えれば所有者に注意してくれます。

 


その時も通報して帰りかけますと、一台の車が入ってきて、その車の近くに止まり、中から何人かが降りてきました。


どうやら何台かの車をここに駐め、一台で出かけたようです。


問題の車に乗ろうとするところで声をかけ、抗議しました。


相手からは何も言葉がありませんでしたが、帰宅したら警察から電話があったと聞いて驚いたはずです。


 

 


その次は今借りている駐車場ですが、乗り換える前の車の頃で、区画も別のところでした。


朝到着すると、やはり見知らぬ車が駐められています。


出勤するところなので、困ってしまいます。


やたらなところに止めるわけにはいかないので警備員さんに相談しようと歩き出すと、その車に向かって歩いてくる人がいます。


乗り込んだところで声をかけ、抗議しました。


その人からは何も言葉がありませんでしたが、「すみませんぐらい言えないのか」と言ったら小さな声で「すみません」と言いました。


電車一本遅れました。

 

r20161223_0414.jpg

 

さて今日です。

いい加減にしてくれと言いたくなります。

レッスンの時間には余裕があったのですが、警備員さんに事情を話して空きスペースに置かせてもらおうとしましたが、警備員さんはどこが空いているのかは知りません。

結局会社の社員用の駐車場に置かせてもらい、出かけましたが、その前に 110番通報です。

手元にあった紙に迷惑している旨書いてワイパーに挟んでおきます。

 

6時半ごろ帰ってくると、いませんでした。

でも駐車していた後は地面が乾いています(4時ごろから少し雨になりました)ので直前に出て行ったものと思われます。

 

警察からも家族には連絡がついたが本人には連絡がつかない旨留守電が入っていました。

 

警備員さんのお話では6時20分ごろ出て行ったようだとのことでした。

帰宅したらびっくりしているはずです。

 

 

 

とにかく、どういう了見なのか、理解できませんね。







ポイ捨てはなくならない [それはいけない]

e20161012_7320.jpg

今日の写真は全て iPhone で撮っていますので画質は良くありません。

 

車の窓からの吸い殻のポイ捨てです。

 


e20161012_7318.jpg

e20161026_7836.jpg

こちらはコンビニ。

空いているスペースがあるのに入口正面の通路に止めています。

 

 

e20161026_7835.jpg

駐めた時は空きはなかったのかもしれませんが、このコンビニは大型車両も駐められる広いスペースがありますから、他の位置に駐められたはずです。



e20161101_8743.jpg

朝のホームです。

空き缶はこの人が置いたのではないかもしれませんが、誰かが置いたのですね。

自動販売機もあって空き缶はそのゴミ箱に捨てることができます。

理解できませんね。






ゴミはきちんと [それはいけない]

f20160918_6026.jpg

どうしてだろうといつも悲しくなってしまうのはこういう光景を見た時です。

 

 

ff20160918_6026.jpg

f20160918_6027.jpg

 

ドライバーが投げ捨てる場面を目撃しました。

 

 

f20160918_6028.jpg

道を歩きながらキャラメルやガムなどの包装を破るとそのまま切れ端を捨てる、などという光景は珍しくありません。

 

捨てても良い場所まで持っていることがどうしてできないのでしょう?



f20161007_6833.jpg

かといってこれはいけませんね。

コンビニの店員さんも怒っているのではないでしょうか?

 

こういう当然のことができないようでは大人ではありませんね。







まさか飲みながらでは. . . [それはいけない]

l20160812_4118.jpg

ある日目にした光景ですが、自転車の後ろに何か置かれています。



l20160812_4119.jpg

なんと焼酎です。

まさかこの自転車の持ち主が飲みながら運転するのではないでしょうが、誰がなぜ置いたのかは謎です。

 

焼酎といえば先日の新聞に柏市内の居酒屋でチューハイを作るのに消毒用アルコールを使ったというニュースが載りました。


味が変だという申し出があったそうで、その時点では健康被害は確認されていないということでしたが、チューハイ一杯にどのくらいの焼酎を使うのか飲まない私にはわからないのですが、健康被害がないということはこの居酒屋ではかなり焼酎をケチっていたのかもしれません。



飲酒運転もあのゲームをやりながらの運転もダメです。


今日のニュースによればとうとう交通事故で亡くなった方があるそうです。


もちろん、ゲームやお酒自体がいけないわけではありません。


車だって刃物だって使い方次第です。

 


つい集中してしまう魅力があるのか、性格によるのか、いずれにしても外に出たら周囲への気配りを忘れてはいけませんね。







千葉市図書館に爆破予告 [それはいけない]

i20160624_0748.jpg

午後お休みをもらって図書館に行ったところ、こんな張り紙が。
12:40頃。
不審物を探しているようでした。

いたずらといいますか愉快犯なんでしょうが、子供かもしれませんね。
そのうち突き止められるでしょう。

それにしても学校だと試験を中止させようとするなどの理由が想像できますが、図書館というのは何でしょうね?

生涯学習センターというのは大ホールなどの設備がある、図書館に隣接する(同じ建物ですが)施設です。






忘れ物は戻ったが. . . [それはいけない]

o20160313_6920.jpg

X-Pro2 と XF16 - 55mm にて。

抜けが良くて、予想しなかったような画像が撮れます。



o20160313_6919.jpg


日曜に東京駅に行かなければならなくなったのは、快速電車に忘れ物をしたからです。

忘れたことを思い出したのは東京発君津行きの快速電車を千葉で降りて成田線に乗り換え、都賀駅で千葉都市モノレールに乗った後でした。

 

グリーン車を利用したのでどの車両のどの座席に忘れたのか特定できたので、まず JR東日本の HP にあるセンターに電話しましたが、その時点ではまだ電車は走っている途中で、遺失物の登録はありませんでした。

電話口で最寄りの駅にも届けておくと見つかった時に連絡がもらえると教えていただきましたので、都賀駅に行って相談しました。

 

電車が君津駅に着いた直後でしたが、途中の駅でもまだ登録はありませんでした。

グリーン車は座席の向きを変えますので忘れ物があればその時に気づくはずと言われ、その電車が東京に向かって発車する直前にまた確認してみると言われたので待ちました。

この時点では見つかるだろうという期待がありました。

物騒な世の中ですので、見覚えのないものにはやたらに手を触れないだろうと思うのです。

 

所定の時間になって再度都賀駅に行きましたが、その場で再度確認してもらったところ、何とそれらしいものはなかったというのです。

座席の向きを変える際には必ず見るので、と駅員さんがおっしゃるのですが、確かにそのはずなのでここで見つからないというのが信じられない気持ちです。

君津駅の話では清掃担当の方に確認したところ、なかったという返事だったと。

 

誰かが持って行ってしまったのだろうか、困ったなという思いを抱えて帰宅し、翌日を迎えます。

寝る時も起きた瞬間もそのことが頭を去りません。

 

 

いつものように撮影して画像を選んでいるころ、電話が鳴りました。

都賀駅からで、探していた荷物が東京駅に届けられているとのこと。

グリーンアテンダントさんが気付いてくれたとのことです。

 

こうしてようやく見つかり、JR東日本さんには感謝あるのみですが、ここで待てよ、と思ったのは、なぜ君津駅で発見されなかったのかということです。

「なかった」と報告されたというのです。

誰にも気づかれず、東京駅まで戻ってしまったのです。

君津に向かう時も千葉駅でかなりの人が降りましたし、君津から東京に向かう電車には乗る人は少なかったでしょう。

そして、もし誰かの目に止まったとしても誰も触ろうとはしなかったのでしょう。

 

ううむ、これがもし危ないものだったらどうなるのでしょう?

荷物が戻ったのはとても有難いことですが、この一連の経緯は旅客業としてはまずいことなのではないでしょうか。

君津駅で本来は発見されるはずなのです。

なぜ「なかった」と報告されたのでしょう?



n20160313_6889.jpg

東京駅の「お忘れ物承り所」は日本橋口方面にあります。

もう一ヶ所あるそうですが、総武線はこちらが扱います。

 


n20160313_6895.jpg

n20160313_6899.jpg





n20160313_6900.jpg

n20160313_6890.jpg

この左方向です。



n20160313_6891.jpg

n20160313_6892.jpg

n20160313_6894.jpg

この右手です。

 

荷物の特徴や中身は届けてありましたので、中に所有者を示すものがなくてもすんなり返してもらえました。

 

電話で連絡をもらった時に番号を聞いてありましたので、窓口でその番号や住所、名前等を記入します。


個人情報の問題もありますが、連絡先だけでも荷物に入れておくと良いかもしれませんね。

動産保険をかけておいても、置き忘れの場合は免責されます。

 

以前フルートの場合などは購入したお店や教室の先生の名刺などを入れておくという方法を聞きました。

 

荷物はしゃべりませんから、こういう工夫もいいですね。

以前、飼っている鳥に住所などを教え込んでおいたら、迷子になった時にそれを喋ったので飼い主の家が分かった、という話がありました。

 

 

忘れないのが一番。

席を立つ時は一度振り返りましょう。

 

 





無断加工&無断使用発見 [それはいけない]

k20160124_4126.jpg

先日掲載しましたこの青いポストですが、これについての記事も幾つかアップされてきています。
大部分はあの観光大使が書いた記事か新聞社の記事で、使われている写真は観光大使がポストの両脇に並んでいる写真か小学生が手紙を投函している写真で、私とは反対側から撮ったものです。


k20160124_4108.jpg

向こうに写っているカメラマンが撮影したものでしょう。


te2.jpg

ポスト自体の写真は多くはないようですので、ある時 google で画像を検索してみました。

すると、私の写真と非常によく似た画像が見つかりました。
その写真が使われていたのが同じ So-net のblog で、上はそのハードコピーです。
事実の説明のために、内容はぼかしたうえでハードコピーを使用します。


te2-1.jpg

色や形は同じで、撮影したアングルも同じ。
どう見ても私が撮った写真をトリミングしたものです。
背景を隠すためか左右がカットされていますが、ポストの後ろに見えるものは私の写真と同じです。
確認するため画像を保存し、埋め込まれているはずの撮影データを表示させ、私が掲載したものと比べます。


te2-2.jpg

カメラのシリアル番号が一致するので同じ写真であることは疑う余地はありません。


20160124_4126-f27c0.jpg

幸いサイズ(解像度等)は変更されていないようですので、画像を重ねてみます。
私が掲載した画像を背景としてその上に保存した画像を重ね、ズレがないことを確認したうえで背景の画像の明るさを上げます。
上に重ねた画像の明るさは変更していませんので、明るさが違う部分でぴったり繋がることがご覧いただけると思います。

ここまで確認したうえで、昨夜この画像を掲載していた blog にコメントを書き込みました。

 使用された画像は私が掲載した画像をトリミングしたものであること
 撮影データが同じでカメラのシリアル番号も一致するので疑いの余地はないこと
 無断で加工、使用することは著作権の侵害であること

その結果今日の午後確認しましたところ問題の画像は削除されていました。
コメントは管理者の承認がないと表示されない設定になっていましたので表示されませんが、このことについての管理者からの釈明等は今のところありません。

モラルが疑われる行為で、見過ごすことはできません。



明日は早く出るので朝の更新はお休みします。
荒天や雪のために出かけることを中止する可能性もありますが、撮影はできないと思います。







演奏会ではお静かに [それはいけない]

m20150816_5272.jpg

 

昨日の演奏会は無料なのですが、聴くには有料であろうと無料であろうと他の人の迷惑にならないようなマナーが求められるとことは当然です。

 

 

開演前のアナウンスで携帯電話をマナーモードにするか電源を切ること、演奏中は関係者以外は録音、撮影は禁止というおきまりのアナウンスがありました。

 

 

最初の休憩の後で携帯電話に関することに加え、

 暑いところおいでいただいて恐縮ですが扇子などを使うこと

もご遠慮いただきたいというアナウンスがありました。

 

扇子を使っていた人がいたかどうかその時点では気づきませんでしたが、そのあとで最前列の人が使っているのを目撃しました。

音はあまりしないでしょうが、近くの人は気になるでしょうし、風が向かう方向に人がいたりすればその人は快くは思わないはずです。

 

それでも演奏中は聞こえませんでしたが、一度ならず曲間に呼び出し音が鳴っていました。

 

 

非常に気になったのは演奏中にひそひそ声で話をする人がいたことです。

ホールは音が良く響くように作られた空間ですから、意外に遠くまで音は届きます。

私の少し前に座っていた人も大層気になったようで、声がするたびそちらを見ていました。

 

次の休憩で注意しようと思ったのですが、休憩の後はその人たちはいなくなりました。

 

ところがあろうことかその時とは別の席でまた声がします。

同じ人たちなのかどうかはわかりません。

その人たちも次の休憩でいなくなりました。

 

 

新人演奏会ですが、出演する人たちにとっては大事なステージです。

小さな声でも耳に届けば相当気になるはずです。

また扇子などが動けば目の端に入るかもしれません。

 

普段は演奏会に足を運ぶことなどない人たちなのかもしれません。

出演された方のお祖父さんやお祖母さんかもしれません。

 

会場のスタッフの方達も卒業生の千葉県支部の方達でボランティアだと思います。

運営には不慣れかもしれませんが、こうしたことへの対策も考えたほうが良いだろうと思います。

 

 

さて一番困ったのは関係者と思われる方が写真を撮影していたことです。

関係者でしたら許されていますし、フラッシュも使ってはいなかったのですが、まずオートフォーカスを補助するための光がピントを合わせようとするときに光ります。

これは弱いのでまあいいでしょう。

しかし困ったのはシャッター音です。

一眼レフらしく、シャッター音がします。

近くだったのでとても気になりました。

 

演奏された方にも音は届いていたのではないかとそれも気になりました。

 

 

こうした会場ではフィルムカメラの時代ならレンジファインダー機を使いますし、現代でもミラーレスを消音モードで使うという手もあります。

X-S1 は高倍率ズームなので以前は愛用したのですが無音にすることができました。

 

カメラ用品として消音ケースというものも売っています。

 

 

本当に困ってしまったのは、音が途切れた時にもお構いなしに撮る事です。

どうしても演奏の様子を記録として撮らなければならないなら音量が上がった時に最小限の枚数を撮るなどの配慮は当然でしょう。

 

フタッフが撮影や録音を許されているのは必要だからでもあるでしょうし、演奏の邪魔にならないような配慮ができるはずだからでしょう。

 

 

今回は最初の休憩の後は音がしなくなりました。

多分苦情があったのでしょう。

 

記録は必要でしょうから、上記のようなことに配慮したうえで行うならやむを得ません。

 

観客だけでなく関係者においても「気配り」するということが希薄になってしまっているのはとても残念です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



火事になったらどうする [それはいけない]

Oinuma.jpg


昨夜の NHKのニュースでバーベキューに使った練炭を山に捨てたために大規模な山火事が起きたという事を報道していました。



この写真はおよそひと月ほど前の早朝ですが、通勤の途中前を走っていたトラックです。

千葉市若葉区を通るのですが、途中にはまだ草や木が残る山林が多く残り、近くの分譲地には住宅がまとまって建っています。


このトラックはそんな場所で窓から火のついたタバコを捨てたのです。

夜明け頃に iPad で撮っていますので画質は良くありません。


その時は車体に書かれた会社に電話し、火事の危険があると伝えましたが、昨夜のニュースを視てそれを思い出しました。


火事にならなかったのは運が良かったのでしょう。


火のついたタバコを捨てる神経はどうにも理解できませんね。


 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



前の10件 | - それはいけない ブログトップ