So-net無料ブログ作成

Louis d'or で GOLD Louis Lot を [楽器]

i20170830_2400.jpg

ランパルが金の Louis Lot を入手した経緯は自伝に述べられています。

それについては以前の記事で取り上げていますが、今回入手した文書ではその経緯について少し異なる事情が述べられています。

 

この文書には昔のゴールウェイの演奏会(1978年頃)のプログラムに載っていた、ランパルが金の Lot を入手した経緯を語った内容が引用されています。

こちらの方が会話も使われていてリアリティがありますが、どちらが実際に近いのかは判断しかねます。

 

英文ですが、大筋を訳してみます。

 

例によって細部に誤りがあるかもしれません。

 

金の Louis Lot を入手したのは1948年で、幸運だった。

当時マネージャーが二人いたが、一人が

 M:ところでフランス製のフルートがあるんですが、金製で . . . 。

 R:金だって?

 M:ええ、金でフランス製ですが、中国の人が持っていたもので。

 R:中国の人?

 

それは一本だけ作られたというあの有名な Louis Lot ではないかと思った。

ジャン・レミュザのために作られたという Lot。

彼が年をとった頃(1959年。レミュザ54歳の時)上海のフィルハーモニック協会に要請されたのを受諾して会長に就任し、そのお礼にそのフルートは注文されたという。

 

 R:それは是非見てみたいね。

 M:わかりました。実は、壊れている状態なんですが。

 

持って来られた楽器を見ると案の定それは Louis Lot だった。

貸してくれるというので私は舞い上がってしまった。

その楽器をマルセイユの父の元に送ると、父は手にしてすぐ作業に取り掛かり、一晩中没頭していた。

 

i20170830_2399.jpg


翌朝父から「非常に素晴らしい楽器だ」と電話が掛かって来た。

 J:全然寝てないんだ。

  パッドやそのほかいくつか作らなければならないものもあったからね。

 

 JP:これは買わない手はないよ。

  買うにはルイドール金貨を用意しなければならないけど。

 

  24金のルイドールでというから、見つけるのは非常に難しいけどそれだけの価値はあるし、それでもそれで買えるなら格安というものだよ。

 

 

自伝では

 1948年の夏,パリ・コンサート協会の理事であるガブリエル・デュセルジュとその友人で骨董商のアンリ・ランベールと知り合う。

 

 その年の暮れ、ランベールがランパルに、戦前に買った金のフルート(中国で作られ,上海からフランスに来た)をつぶそうと思うと話す。

 

 ランパルは19世紀に Louis Lot が金のフルートを作り中国に輸出したという話は聞いていたが,噂のレベルの話だろうと思っていたし,中国から注文が来るとは信じられなかった。

 

 ランパルがランベールからその「楽器」を見せられた時は「フルートとは似ても似つかぬもの」だったが、すぐ「金の Louis Lot」である事が分かった。

 ランパルはその「くず」をマルセイユに持って行き,お父さんに話すとお父さんは非常に興奮し,一晩中かかってそれを組み立てた。欠けた部品は一つもなかった。

 

 重量が1ポンド(約450g)以上あったので1ポンドのナポレオン金貨(24金)と交換した。

 

となっていてどちらが本当だろうかと考えてしまいます。

 

 

なお、ルイドール金貨(Louis d'or)というのはルイ13世(Louis XIII)が1640年に発行したとされ、フランス革命(1789年)まで発行されていた 金91.7%、銀8.3% の金貨(22k)で希少なものは現在一枚 1,000,000円ほどで取引されるようです。

ナポレオン金貨は大量に作られて品位も 金90%(21.6k)とやや落ちるので流通価格はそれほど高くないようです。

 

どちらも 24k のものがあったのかどうかわかりませんが、どちらの資料でも24金としているので、あったのかもしれません。

 

希少価値を別にして金地金として価格に換算してみますと、今日の小売価格は 5,028円 ですので、1ポンド(453.592g)だと 2,280,660円となります。

金貨の価格ではどのくらいになるのかわかりませんが、希少価値を含めてその倍であるとしても 456万円。

muramatsu の 総18k SR C足 が 8,586,000円(税込)ですから、もし 456万円だとしたら確かにこの楽器の価格としては格安です。

更にこの倍(912万円)でも安いでしょう。

骨董商だったら金貨と交換するというのも自然ですね。

潰して地金にしたものより希少な金貨の方が良いでしょうが、骨董商なら素人のランパルが探すより金貨を見つけるのは容易なのではないかと思えます。

 

価格のことは傍に置いておいて、Louis d’or で Louis Lot d’or を買うというのが話としては面白いですね。

レミュザが亡くなったのが 1880年。

楽器は遺族の手に渡ったでしょうが、それから骨董商が入手したと言っている 1914年(第一次大戦開戦)あるいは1939年(第二次大戦開戦)前までにどういう歴史があったのかが、目下の最大の関心事です。

 

 

※2017.9.1 一部修正。


 

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Jean Rémusat と Shanghai Philharmonic Society [楽器]

i20170830_2398.jpg

ランパルの金の Louis Lot と最初にそれを贈られたジャン・レミュザについては以前も触れましたが、レミュザについては詳しい情報がありませんでした。

 

しかし最近資料を探していますと上海パブリックバンドの成立について述べた論文が見つかり、さらにレミュザの若い頃について述べた文章が見つかりました。

i20170830_2403.jpg

その頃の上海の事情と上海パブリックバンドの成立やレミュザについて述べた、以前取り上げました「上海オーケストラ物語」の著者 榎本 泰子 さんによる論文が同志社大学発行の「言語文化」に掲載されています。

 

i20170830_2404.jpg

その二つの文章の中から上海バプリックバンドとレミュザに関わる部分を年代に沿って引用します。

文章は色分けして区別しています。

黒字は管理人によるものです。

 

1860年に、4人の外国人が競馬場の円周の内側に土地を買い、公共の運動場を作った。

中略)

62年に競馬場が移転する際、土地の所有者は元の価格で委員会に権利を譲り、委員会はすでに地価の上昇した運動場を売って巨額の利益を得た。そしてこれを上海娯楽基金(Shanghai Recreation Fund)とし、公共の福利厚生のために 運用することにした。

 

アマチュア演劇クラブ(1886年設立)の第一回公演は1867年3月1日に行われた。前日2月28日の『ノース・チャイナ・デイリー・ニュース』(The North China Daily News)10に掲載された広告によれば、(中略)音楽はオーケストラとピアノが担当することが予告され、上海交響楽協会(Shanghai Philharmonic Society)と指揮者レミュザの名が登場する。

 

1869年、金の Louis Lot が作られ、レミュザに贈られる。

上海フィルハーモニック協会」の設立は1864

(『上海オーケストラ物語』春秋社 榎本 泰子)

 

1874年、2代目ライシャム劇場の開設とともに、上海租界の演劇および音楽活動は隆盛を迎えた。アマチュア音楽家による管楽器協会(Wind Instrument Society)がパブリック・ガーデンで野外コンサートを始めたのも この年だった。

(中略)赤字状態が続いていた(ので)管楽器協会も運営資金の一部を上海娯楽基金の援助に頼らざるを得なかった。

 

1879年に結成される上海パブリックバンドも、娯楽基金の援助を受けてスタートしている。

 

1878年管楽器協会の指揮者レミュザ J. Rémusat が、フィリピンのマニラで14人の音楽家をスカウトしてきた。

 

上海パブリックバンドは、アマチュア音楽家だけでは対応しきれない租界の音楽的需要を、公的資金を用い、職業音楽家を多数雇い入れることによって満足させようとするものだった。ただし租界住民の中には、音楽の専門的訓練を受けた者はまだ少ない。そこで当時のアジアで最も西洋音楽の普及が早かったフィリピンから、フィリピン人音楽家をスカウトしたのである。

(中略)

こうしてパブリックバンドは、(中略)管楽器協会の活動を引き継いだのだった。

 

1880年パブリックバンドの指揮者に就任したばかりのレミュザが亡くな った。欧州で一定の名声を得ていた音楽家が、晩年を上海のアマチュアたちの指導に捧げ、帰国することもなく生涯を閉じたことには意外の感がある。

 

 

 上海租界の娯楽活動:パブリックバンド成立まで

  榎本 泰子

 

 上海パブリックバンドの誕生:工部局交響楽団の歴史(その1)

  榎本 泰子

 

 言語文化 = Doshisha studies in language and culture

  同志社大学言語文化学会運営編集委員会 編

 

  1巻1号 (1998年7月)-15巻4号 (2013年3月)




i20170830_2401.jpg

次に Tom Moore という人がネットにアップしたレミュザに関する文章を見ます。

英文ですが、主要な部分を訳します。

急いで訳しましたので細かい部分で違いがあるかもしれません。

 

 

レミュザは1815年5月11日、フランスのボルドーに生まれた。

最も古い資料ではボルドーのフィルハーモニック協会で演奏した記録(1829年12月8日)が見える。

 

レミュザはパリの音楽院でトゥルー(Tulou)に学び、1832年に一等賞を得ている。

1840年にはルイ・ジュリアンと共にイギリスに渡り、クイーンズ・シアターの第一フルート奏者となり、1853年にはパリに戻ってシアター・リリックで演奏している。

 

1869年に音楽情報誌 “吟遊詩人” は次のように報じている。

長らく死んだものと思われていたジャン・レミュザは、上海からの情報によば音楽協会を設立し、音楽家たちを集めて合唱付の管弦楽作品を演奏した。

 

1880年、同誌はレミュザの死を報じた。

パリで輝かしい業績を残したレミュザは故郷を遠く離れた上海で1880年9月1日に亡くなった。

 

レミュザは反ベームシステム派であると多くの資料で述べられているが、それとは対照的なリポートが1882年に “一般音楽新聞” 誌に掲載されている。

 

レミュザは1866年にロンドンのブロードウッド社でベーム式の楽器を見た後で同じ洋白(銅、ニッケル、亜鉛)の円筒管を注文している。

 

今はランパルのものとなっている(ベームシステムの)金の Lot もまたレミュザのために1869年に作られたものである。

 

たしかに音楽院ではベーム式を採用しなかったグループに属していますが、自分で注文しているということは少なくともその頃には使うことにしていたものと思われます。

 

肝心の Lot が注文された経緯はやはりわかりませんが、おそらく上海フィルハーモニック協会は高名な演奏家にして作曲家であったレミュザが晩年といっても良い54歳の時要請に応じて来てくれたことに対し、大きな感謝の気持ちを使えたかったのでしょう。

 

上海にはレベルの高い音楽家はいなかったようですから、レミュザが来てくれるというのは大変な事件であったはずです。

レミュザとしてもパリでは業績を残せたと感じていたのかもしれません。

 

 

当代最高のフルーティストに対する贈り物は最高の楽器、それもそれまで作られたことがない金で、ということになったのではないでしょうか?

 

 

明日以降のいつか、ランパルとその楽器との関わりについて新しく知った資料を基にして触れます。

 
2017.8.31 一部修正。

 

nice!(30)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ここまで違うのは珍しい [違うだろ]

l20170827_2351.jpg

最近店頭で見かけた雑誌ですが、スタジオミュージシャンの特集でしたので買ってみました。

第3号で最新号のようです。

l20170827_2350.jpg

フルート族はピッコロからバスフルートまでは当然として、篠笛やオカリナやパンフルートや民族楽器まであらゆる笛を使いこなせなければいけないそうです。

特に演歌などの収録では半音上げ、半音下げがその場で指示されることもあるそうで、フルートならそのまま移調読み、篠笛などでは調子の違う笛全て揃えておいて対応するそうです。

 

高桑さんが参加されている録音はとても多岐に渡るので、その音を多分私達は聴いたことがあるでしょう。

 

知らなかったのは NHK の大河ドラマ『おんな城主直虎』の音楽が「花は咲く」の 菅野 よう子 さんで、演奏が 多久 潤一朗 さんであることで、笛の音などは全て多久さんが担当されているそうです。

 

「花は咲く」についても知りたかったことが書かれていたのですが、それについては改めて取り上げます。

l20170827_2349.jpg

全部を読んだわけではないのですが、例によってこの出版社のものは誤りが多いですね。

 

高桑さんのインタビュー記事にこんな箇所がありました。

 

“反省” ですよね。

l20170827_2352_edited-1.jpg

こちらは映画を紹介したコーナーですが、上は『華麗なる賭け』で正しいのですが、下は画像は『冬のライオン』であるのに、説明は『華麗なる賭け』です。

しかも主題歌が「風邪のささやき」となってしまっています。上は正しいのにどういうわけでしょう?

 

 

l20170827_2354_edited-1.jpg

 

さらにこちらはタイトルまでは正しいのですが、説明が別の映画のものになっています。

 

調べてみると『愛のイエントル』という映画の内容です。

 

YENTL

YENTL

  • 出版社/メーカー: MGM Entertainment
  • 発売日: 2009/02/03
  • メディア: DVD

やれやれ。




 

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Isidor Lot の秘密? [楽器]

l20160522_2658.jpg

 

相原さんのところに行くにあたって Isidor Lot を引っ張り出しました。

 

 

以前取り上げましたが、初代 Louis Lot の甥が作った楽器です。

 

先日のレッスンの時も少し吹いて先生にも試していただいたのですが、まず YAMAHA の Bijou が採用しているように右手のキーの間隔が普通のものより広いです。

 

先生はあまり手が大きくないので指が痛いとおっしゃっていました。

 

l20160522_2666.jpg
l20160522_2668.jpg

クラリネットのような本来のリングキーです。

l20160522_2669.jpg
l20160522_2672.jpg

Lot の象徴のようなティアドロップ形です。

i20170827_2363.jpg

視差もあるので正確な比較にはなりませんが。

比較するのは FMCフルートマスターズの15周年記念モデルです。

i20170827_2358.jpg

どのくらい間隔が違うのかと思い、たまたま持ち合わせていたメジャーで簡単に測ってみました。

まずこちら側のキーの位置を合わせます。

i20170827_2360.jpg

右手側はこれだけ違いがあります。

i20170827_2364.jpg
i20170827_2365.jpg
i20170827_2366.jpg
i20170827_2367.jpg

しかし胴部管の上から下までは同じのようなのです。

i20170827_2368.jpg

右手の三つのキーの間隔は確かに違います。

i20170827_2369.jpg
i20170827_2370.jpg
i20170828_2389.jpg

反射板はなく、コルクです。

i20170828_2390.jpg

クラウンはキーカップを使っています。

i20170828_2391.jpg

反射板がないのでネジはなく、嵌め込んでいるだけです。

i20170828_2393.jpg

コルクは所定の位置に押し込まれているだけです。

i20170828_2394.jpg
クラウンは非常に軽いです。
i20170828_2397.jpg


ライザーの角度は撮ることができません。

 

 

中嶋さんに試奏していただくと、「まさに Lot の音」と相原さん。

このリングキーの楽器は指を十分上げないと正しい音程が取れません。

 

右手も広く広げなければならないので吹きやすいとは言えません。

 

それにしても、です。

最近は胴部管と頭部管を固定したり、クラウンを重くしたり、反射板にいろいろな素材を使ったりと様々な効果を謳ったアクセサリーやパーツがありますが、このような軽いものやコルクの反射板で良い音がするからには音を良くする要因は別のところにあるのかもしれません。

 

もっとも、初代 Lot の頃と今では求められるものが違うので仕方がないのですが。

 

大きな会場でなければ、この楽器が使いこなせたら使ってみたいなとは思います。

 

 

 


 

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千葉豊さんの手になる楽器:muramatsu [楽器]

j20170827_2371.jpg

相原さんのところで古い mutramatsu を見ました。

 

 

私の楽器は桜井さんによれば1955年から1959年の間に作られたものであろうとのことですが、この楽器は 1957年でほぼ同年代です。

j20170827_2373.jpg
Y.CHIBA

ただ、この頭部管は付属していたものではないのではないかと思われます。

 

m20150704_2924.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2381.jpg
j20170827_2382.jpg
j20170827_2374.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2970.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2375.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2968.jpg
K.SAKURAI

K.SAKURAI の方にはブリチアルディキーが使われていません。

j20170827_2376.jpg
Y.CHIBA
m20150704_2925.jpg
s20150705_2977.jpg
K.SAKURAI
j20170827_2377.jpg
j20170827_2378.jpg
Y.CHIBA
s20150705_2985.jpg
m20150704_2926.jpg
K.SAKURAI

頭部管は別として左手親指周り以外はほぼ同じような作りに見えます。

 

j20170827_2380.jpg
Y.CHIBA
j20170827_2372.jpg

刻印についてはこちらは MURAMATSU と今と同じように刻印されています。

 

この楽器は先日のショーケースの記事でお名前に触れました千葉豊さんの手になるもののようですが、その上に後にパール楽器製造に移られる下山さんのお名前が刻印されています。

 

相原さんのお話では下山さんが入社されてそれほど経たない頃のものではないかとのことです。

 

胴輪のデザインが異なり、Y.CHIBA の方がその後もの(以前入手した古いもの)と同じデザインです。

 

刻印も Y.CHIBA の方が整っています。

 
ms20150704_2935.jpg
K.SAKURAI

 

確かな判断材料はありませんが、K.SAKURAI の方はもう少し古いかもしれないという印象を持ちます。

 

 

今後何か判明しましたらまたアップしたいと思います。

 

 



 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋よ来い [花、植物]

i20170827_2306.jpg


曇っていて涼しい朝です。

風も時折気持ちよく吹きます。

花は撮りづらいですが。




i20170827_2294.jpg


それでも上半身はシャツ一枚の方が気持ち良いのですが、肌が露出していると蚊に刺されるので、少しの間我慢です。




i20170827_2297.jpg


i20170827_2298.jpg


i20170827_2299.jpg


ジンジャーはそろそろ終わりです。




i20170827_2300.jpg


i20170827_2301.jpg


ブットレアをプットレアと憶えている人が多いようです。

B で始まるので “” です。

 



i20170827_2303.jpg


ヤブランが咲いていました。




i20170827_2304.jpg


ムクゲももう終わりです。




i20170827_2305.jpg


i20170827_2308.jpg


ニラもよく見ると可愛いです。




i20170827_2309.jpg


i20170827_2312.jpg


宇宙人の顔に見えなくもありません。




i20170827_2316.jpg


アゲラタムはカッコウアザミともいうそうです。




i20170827_2319.jpg


i20170827_2320.jpg


i20170827_2321.jpg


タカサゴユリにも蜘蛛がいます。




i20170827_2322.jpg


ホトトギスにまだ尺取虫がいます。




i20170827_2323.jpg


色が茶色に変わりました。




i20170827_2326.jpg


花が終わった落花生は根のようなものを伸ばし始めています、




i20170827_2327.jpg


i20170827_2329.jpg


柿が膨らんでいます。




i20170827_2330.jpg


最後のルリタマアザミです。

もう形がよくありません。




i20170827_2332.jpg


i20170827_2333.jpg


i20170827_2335.jpg


i20170827_2337.jpg


形はいびつですが、きれいです。




i20170827_2338.jpg


色も形もいろいろです。




i20170827_2339.jpg


こちらもいろいろ。




i20170827_2340.jpg


i20170827_2341.jpg


i20170827_2348.jpg


オミナエシは秋が来る前に終わってしまいそうです。

オールドムラマツが日の当たる場所に出ましたが、これは演奏できる状態ではありませんが手を入れることはしないでおこうと思います。

 

オールドヘインズは使える状態にしてあります。

 

オールドロットも使えますが、使いこなすのは非常に難度が高いです。

でもたまに使ってみようかと思います。


 

nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「日本のフルート作りの歴史」@コンヴェンション in 川崎 [楽器]

sIMG_0011.jpg


桜井さんからプログラムと写真をいただきました。

 



i20170826_2289.jpg


i20170826_2292.jpg


こちらがショーケースのタイトル。

事前の予告と微妙に違いがありますが、まあいいでしょう。

 



sIMG_0804.jpg


この演者の前に並べられた楽器の中に MADE BY K.SAKURAI が並べられたそうです。




sIMG_0809.jpg


ここに並べられた Muramatsu の中では一番古かったそうです。

 

ショーケースは初日でしたので、終了後最終日までは桜井さんのブースで展示されたそうです。

 

 

ssIMG_0033.jpg

 

桜井さんの楽器たちです。

 

 

ssIMG_0843.jpg

 

ssIMG_0838.jpg

 

sIMG_0027.jpg



sIMG_0030.jpg


sIMG_0025.jpg


sIMG_0026.jpg


sIMG_0031.jpg


sIMG_0032.jpg



i20170826_2291.jpg


2日目には相原さんの作った楽器を主体にした高野成之さんの講演があったそうです。

左構えの楽器、G足部管をはじめとする特殊な楽器の紹介で注目度が高かったそうです。(相原さん談)

 

左右のフルートによる 甲藤 さち さんとの共演もあったそうで、ドップラー兄弟の伝説を思わせます。

G足部管を活かした実演もあったそうで、相原さんは大満足だったとのことです。


 

i20170826_2264.jpg


楽器を引き取りに行きましたが、新橋駅に着いた時に雨が降り始めましたが、程なく止みました。



i20170826_2266.jpg


新橋駅から歩こうと思ったのですが、地下鉄にしました。


明日も今日より暑くならないと良いのですが、どうでしょう?



 

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PR というわけではないが

i20170825_2241.jpg

名刺というほどではないのですが、blog を始めて何年かした頃、blog のタイトルや URL をその都度書くのも面倒で間違ってもいけないなと思っていた頃ネットの広告で簡単に注文できそうなところがあったのでカードを作ってみました。

 

メールアドレスも住所も名前も入れていませんが、blog を見てもらう役には立ちます。

 

作るのは今回で三回目。

最初は別の楽器の写真を使いましたが、二回目からは blog のトップに使用している写真を使っています。

最初のもこれも自分の楽器でないのが残念ですが、割と評判が良いのです。

 

今回は同じデータを使って他のものも作ってみましたが、画面で仕上がりを確認したのと現物ではかなり違うなと思えました。

サイトはよく作り込まれていて色を変更するなども簡単で良いものができそうに思えるのですが、特に紙以外の媒体では違いが大きいと思えました。

 

このカードも上下に余白が出てしまっているしねぇ。

今後の教訓です。

 

 

明日は母の通院の日なので朝の更新はお休みします。




 

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

MURAMATU MADE BY K. SAKURAI [楽器]

j20170812_1768.jpg

※追記。

一部内容を修正しました。

 

先日出張した楽器です。

 

桜井秀峰さんからの依頼で、コンヴェンションのフルート協会50周年特別企画「フルートメーカーの歴史」というショーケースで展示されるということでした。

今回は世界のフルートの歴史ではなく日本のメーカーの歴史を辿る企画だそうです。

i20170812_1760.jpg
j20170812_1762.jpg

桜井さんに送っていただいたパンフレットによりますと

 村松孝一氏を中心に日本のフルートメーカーがどのように発展してきたのか貴重な映像や村松孝一氏自身の制作したフルートと共に神秘に包まれた「歩み」を解き明かします。

とあります。

 

神秘に包まれているとは思いませんでした (^^;

 

司会は FMCフルートマスターズの 野島 洋一 社長。

講演は 米山 高生、武井 秀雄(三響フルート)、宮澤 正(ミヤザワフルート)、曽根 勝(ムラマツフルート)、野口 龍(上野学園大学音楽学部音楽学科 客員教授)、 佐々木 親綱(2003年まで玉川大学文学部芸術学科教授) 他の皆さんです。

j20170812_1763.jpg
次の文章の緑色の部分は桜井さんのメールからの引用です。

この楽器を

 ムラマツの曽根さん、(村松 孝一 さんと一緒に仕事をした)千葉(豊)さんにも

見せたとのことで、

タネフルート時代に 桜井 幸一郎 さんがお手伝いしたエピソードと、そのお礼にこのフルートが作られたという話に

 千葉さんは「孝一さんと桜井さんの仲だったらあり得る」という感想

を漏らされたそうで、

 何本か古いムラマツ、ニッカン、タネなどが展示されていましたが、

展示されていた中ではこの楽器が

 最も古いだろう

ということでした。

j20170812_1764.jpg

千葉 豊 さんが

 孝一さん本人の製作に間違いない

とおっしゃっていたとのことです。

j20170812_1766.jpg
j20170812_1767.jpg
何本か古い mramatsu を入手しましたが、やはりこれがその中では一番古いようです。
なお、記事のタイトルに MURAMATU と記していますが、この楽器には S が刻印されていません。
当時はこう表記していたのでしょう。
当日の写真をいただけることになっていますので、届きましたら内容によってアップしたいと思います。

 

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

吹き方改造 [レッスン]

j20170819_1981.jpg

最近レッスンでは音の響きについて指摘を受けています。

まずは高音域でアパチュアを広くすること。

特に縦に開くこと。

 

次に外吹きにすること。

Altus を使っていた頃はかなり内吹きにしていてそれが倣いになっていたのですが、今の教室でレッスンを受け始めてから頭部管の角度はセンターにしていました。

 

それでも「低音は良いが高音が」こもるという指摘を受け、駄目押しのように先生に見本を示されて “う~む. . . ” となってしまいました。

 

録音してみろと言われて先日の練習でやってみることにしました。

j20170819_1979.jpg

ニュートラルの位置から始めてだんだん外吹きにしてその都度録音します。

吹くのはソノリテ。

 

かなり外吹きにして、これはやりすぎというところまでやってみました。

 

考えてみるとヴァイオリンやヴィオラの次に音源に近いのがフルートかもしれません。

ということは自分が聞いている音と他人が聞く音にかなりの違いがあるということです。

 

距離が原因なだけでなく、ヴァイオリンやヴィオラで顕著ですが骨を伝わる音があります。

 

レッスンで段階的に外吹きにして先生に聞いてもらうと、自分が思っていた音とはかなり評価が違います。

自分が遠ざけるようにしていた音の方が良いというのです。

j20170819_1980.jpg

練習で確かめてみると確かにそうです。

特に倍音の乗りと響きの豊かさが違います。

遠くへ届きそうな音です。

 

これから改めて音作りをしなければなりません。



 

nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー