So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨は近いのか [花、植物]

i20170528_8843.jpg

日曜の日中にとっておいた写真をアップします。

紫陽花はまだですが、咲く頃は梅雨なのかなと思いつつ。

i20170528_8849.jpg

中は鮮やかな黄色、外は淡い黄色です。

i20170528_8850.jpg

朝とは光が違います。

i20170528_8855.jpg

若い新人さんはもう傷み始めています。

i20170528_8857.jpg
i20170528_8858.jpg
i20170528_8860.jpg
i20170528_8863.jpg
i20170528_8864.jpg

白くても、カラー

i20170528_8871.jpg
ヤツシロソウ(リンドウザキカンパニュラ、カンパニュラ・グロメラータ)。
i20170528_8872.jpg
i20170528_8875.jpg

光が違えば色味も異なります。

i20170528_8876.jpg
i20170528_8877.jpg
i20170528_8880.jpg

お隣さんから種が飛んだようで、新しく生えていました。

i20170528_8882.jpg
i20170528_8884.jpg

面白い姿の蜘蛛ですね。

i20170528_8885.jpg
i20170528_8887.jpg

アツバキミガヨランです。

よくリュウゼツランと間違われますが、姿は全然違います。

 

開花が遅いですが、次のお休みには咲くでしょう。

絡んでいてどう咲くのか興味深いです。






最近よく見かけるあのコーヒーは? [コーヒー]

c20170528_8841.jpg

最近よく画面に表示されるコーヒー(の通販)があります。

多分コーヒーに関する記事を書いたりしているのでキーワードに反応しているのでしょう。

 

北海道のお店で、オーナーはコーヒー焙煎士だとのことで、リーズナブルなお値段でお試しセット二種類各 200g が送られてきます。

 

気に入ったら定期購入を申し込むことができます。

 

c20170528_8839.jpg

申し込みが済むと、今だけですとしてお得な通販が申し込める画面が出現しますが、飲んでみないと継続して飲みたいかどうかはわからないのでひとまずそれは申し込まないで終了します。

 

c20170528_8842.jpg

さて先日の極上のブラジルを飲み終えたところでちょうどお客様が見えましたので淹れてみます。

 

まず豆をお皿に広げてみますとライトな良い香りが広がります。

豆の粒はほぼ揃っていて、欠点豆と言えるようなものは見当たりません。

 

それでも若干取り除きたい豆はありますが、ピーベリーも殆どなく、厳しく見れば少し色むらがあるものもあり、シワの伸び方が足りないと思えるものもある程度です。

それを含めて取り除いたのは全体の一割くらいではないかと思います。

UCC で買う豆に比べればかなり良い方です。

 

味わいは雑味やえぐ味のないすっきりとしたものですが、色々飲んで好みが厳しくなっている私としてはもう少し深みが欲しいところです。

 

もう一種類も次に飲んでみようと思いますが、定期購入は多分申し込みません。

 

定期購入ですと一割増量であったり、先日などは時間限定のプレゼントのお知らせもあったのですが、厳選した豆をじっくり味わいたい私としてはあまり魅力を感じません。


 

新しいプレスで淹れました。

 

お客様は町内会の一員の奥様ですが、普段ブラックで飲まれるそうで、コーヒーはお好きでいらっしゃるようです。

美味しいと言っていただいたので豆をお土産に差し上げました。

 

 

普通のコーヒー好きの方には損のない内容だと思います。







nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

NISSAN SILVIA [車]

l20170527_8750.jpg


たまに立ち寄るショッピングセンターでこの車を見ます。

 

鼻が長く、ミラーはまだフェンダーミラーです。

鼻が長いところやリヤクォーターパネルのあたりは当時のスカイラインを思わせます。




l20170527_8754.jpg


この頃はスペシャルティカーという言葉が新鮮でした。




l20170527_8757.jpg


ナンバープレートの番号が古いですね。

陸運局を表す地名の次の数字が二桁です。




l20170527_8758.jpg


良い状態を保ているようですが、塗装はオリジナルのままではないような印象でした。


アンテナは当時はこれが普通でしたね。

 

 

30年後、50年後の車はどうなっているのでしょうね?









nice!(31)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ChikaLicious NY Amarige:COBBLER [美味しそう]

l20170528_8762.jpg
美味しいものをいただきました。
l20170528_8761.jpg
知らなかったのでひとつたべてしまったのですが、六個入りです。
l20170528_8759.jpg
パッケージもおしゃれです。
l20170528_8763.jpg
l20170528_8764.jpg
焼き菓子ですが、半生のようなしっとりとした焼き上がりです。
見た目はさりげない感じです。
l20170528_8766.jpg
しかし口にしてみると吟味された素材が使われているであろうことがわかり、食感も絶妙に仕上げられています。
l20170528_8771.jpg
l20170528_8800.jpg
ブルーベリーはほとんど生のように仕上げられています。
l20170528_8803.jpg
ストロベリー、チョコレート&バナナフィグ、りんごキャラメリゼ、ブルーベリー、季節限定フレーバー(カシスオレンジ)でした。
ストロベリーは食べてしまったのでありません。
l20170528_8820.jpg
l20170528_8824.jpg
l20170528_8833.jpg
l20170528_8836.jpg
l20170528_8837.jpg
プレートクリスマスに使うつもりだった ROYAL CPENHAGEN の Star Fluted Christmas です。
今度買いに行ってみようと思います。






nice!(33)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

楽器はジメジメ練習は地味地味 [楽器]

f20170527_8737.jpg

朝夕はひんやりと言っていいほどでしたが、日中は暑かったですね。

車の中にはカメラ楽器は置いておけません。

もちろん薬もダメで、常に持って歩きます。

f20170527_8738.jpg

最近レッスンでリズムの問題を指摘されているのでメトロノームをお供に教則本をさらいます。

根気が要りますが、真面目にやらねば。

 

目のあたりもまだ調子が良いとは言えないので完全には集中できません。

 

シャープを妙なところに下げているのもその証拠かもです。

 

f20170527_8747.jpg

さて頭部管のお掃除ですが、吹き終わった直後は反射板はこんな状態になっています。

下部に随分水分が溜まっています。

f20170527_8748.jpg

BG のヘッドスワブで軽く拭いたあとはこんな状態です。

 

もうちょっと吸い取れますが、隅が拭ききれません。

f20170527_8749.jpg

先日取り上げました方法(ガーゼを歌口から差し込み、インナークロスを掃除棒に巻き付けて差し込む)で軽くやってみたあとがこの状態です。

もう一度やるとほとんど拭き取れていました。

ちょっと手間ですが、結構良さそうです。

 

 

明日の朝は地域の行事があるので更新はお休みします。







もうすぐ梅雨 [花、植物]

i20170527_8694.jpg

今日は暑くなるという予報ですが、まだちょっとどんよりとした空です。

昨日少し降ったので植物たちには恵みの雨でしたが、蒸し暑くなるかなあと少しだけ心配です。

i20170527_8638.jpg

引き続きバラの季節です。

i20170527_8641.jpg
i20170527_8642.jpg
i20170527_8643.jpg
i20170527_8649.jpg

サルナシです。

 

i20170527_8650.jpg

キウィフルーツの原種なので花は似ていますが、味はあまり大きくはなりません。

猿酒の原料になるところから名付けられたそうです。

 

i20170527_8651.jpg

ハコネウツギは花盛りです。

i20170527_8652.jpg

富有柿は今年はいくつ残るでしょうか?

i20170527_8653.jpg

ミノムシがいます。

i20170527_8655.jpg
i20170527_8657.jpg

南の庭の芍薬は見頃です。

i20170527_8658.jpg
i20170527_8660.jpg
i20170527_8662.jpg
i20170527_8663.jpg
i20170527_8667.jpg
i20170527_8673.jpg
i20170527_8675.jpg

紫蘭はピークを過ぎました。

i20170527_8676.jpg
i20170527_8679.jpg

特定の株だけ色が混じります。

 

i20170527_8678.jpg

ラビットアイ系のブルーベリーが膨らんでいます。

i20170527_8680.jpg
i20170527_8681.jpg
i20170527_8682.jpg

オダマキはもう終わりです。

i20170527_8683.jpg

ほおずきは自然に増えます。

i20170527_8684.jpg

大王グミ別名ビックリグミです。

i20170527_8685.jpg
i20170527_8687.jpg
i20170527_8689.jpg

ハイブッシュ系は少し色づいています。

i20170527_8691.jpg

北の庭でいち早く咲いた芍薬は終わりですが、

i20170527_8697.jpg

新顔さんがとてもきれいに咲いています。

i20170527_8703.jpg

若くきれいな新顔さんは古株たちに妬まれます。

i20170527_8704.jpg
i20170527_8705.jpg
i20170527_8707.jpg

古株だってきれいなのですけれど。

i20170527_8709.jpg
i20170527_8710.jpg

カラーはちょうど良いものがありません。

 

i20170527_8711.jpg
i20170527_8714.jpg
i20170527_8720.jpg
i20170527_8721.jpg

カシワバアジサイがもう咲きました。

i20170527_8722.jpg
i20170527_8726.jpg

今年も咲いてくれました。

i20170527_8727.jpg
i20170527_8728.jpg
i20170527_8731.jpg
i20170527_8734.jpg
i20170527_8736.jpg


今日は診断書を受け取りに行きます。

先週できていたのですが、先週の土曜は休診でした。

そのあとは練習です。








夫人と婦人:「ツバキ文具店」 [本]

i20170523_8636.jpg


4月に始まったNHKドラマが気に入ったので原作を買ってみました。

この作家さんの作品を読むのは初めてですが、『食堂かたつむり』の作者ですね。

『食堂かたつむり』は評判になった作品ですが、Amazon のコメントでは毀誉褒貶相半ばすると言いますかネガティブな意見が多いようですが、こちらの作品は評価が高いです。

こういう作品が書けるのであればけなされている作品もなんらかの意図があって書かれていると考えた方が良いでしょう。

ところでドラマを見ている時は特に意識に引っ掛からなかったのですが、 “バーバラふじん” という人物が登場します。

ドラマでは江波杏子さんが演じていますが、 “ふじん” は “夫人” だと思っていました。

ところが本を開いてみると “婦人” と表記されています。

NHK の HP でもそう表記されています。 

http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

“婦人” は「婦人画報」「婦人公論」や婦人服、婦人科、貴婦人、婦女子など女性(どちらかといえばある程度の年齢以上の)を意味しますが、”夫人” ですと夫のいる、或いはいた女性となります。

歴史の登場人物や文学や音楽の作品でも

 ポンパドゥール夫人

 蝶々夫人

 真珠夫人

 ボヴァリー夫人

 チャタレイ夫人の恋人

 武蔵野夫人

“夫人” はよく登場しますが、“婦人” はちょっと見当たりません。

 

「ツバキ文具店」では “バーバラ婦人” はちょっと謎めいた隣人ですが、 “婦人” を使ったのは作者にはっきりとした意図があるからでしょう。

 

主演の多部未華子さんは先日放送されたミュシャを取り上げた番組でも出演されていましたが、何年か前の「鹿男あをによし」での印象が強く残っています。

 

 

放送が全部終わってから、次の入院の時にでも読んでみようと覆います。









nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あの日あの時 [健康]

c20170416_7276.jpg

いつもと違うと感じたのは先月16日の日曜日、12時20分頃のことでした。

 

この写真を撮っている時、液晶モニタの左側が見づらいのに気付きました。

メガネが曇ったのかと思い外してみると汚れも曇りもありません。

右目を手で隠して左目だけで見てみると、なんと霧がかかったようになっています。

これは白内障かもと思い、翌月曜日に勤務先近くの眼科に行ってみようと思いました。

c20170416_7272.jpg

しかしここでしばらく過ごしますが店内は冷房が効いているはずなのに暑さを感じるのです。

それに加えて呼吸が浅くなっています。

なんとなく気分の悪さも感じます。

c20170416_7273.jpg

これは普通の状態ではないのでこのあと予定していた練習をキャンセルしました。

楽譜は左側に位置するので左が見づらいと具合が悪いのです。

なんとなく気分もすぐれませんし。

 

そのまま良くなる気配もなく夕方を迎えますが、食欲があまりないものの軽いもので済ませようとファーストフード店に入ります。

なんとか食べたものの、暑さと呼吸の浅さは無くなりません。

左のも霧が深くなったようです。

気分も良くならないどころかだんだん悪くなるようだったので診察券を持っていた近くの病院の救急外来を訪れます。

 

血圧を測って待ちますが、吐き気が嵩じてきてトイレに入ります。

診察を受けてたときは目のことは伝えず、暑さと呼吸の浅さと吐き気のことを伝えますと熱中症との診断で、帰っても良いとのことでしたが、休ませて欲しいと言いますと、点滴をしましょうとなって、3時間くらい横になっていました。

 

帰りに胃腸薬が処方されました。

 

 

c20170416_7275.jpg

帰宅したのは夜も更けてからでしたが、胃が空になってしまっていたのでせめて飲み物をと思い飲み始めますが、ムカムカしてまたトイレに行く羽目になります。

 

そうして翌朝を迎えますが、洗面台で鏡を見ると左目が真っ赤です。

病院に眼科があることを帰る時に見て知りましたが、出勤して午後眼科に行くというような悠長なことを言っていられないので仕事は休むことにして朝から同じ病院に行きます。

 

診察の結果眼圧がかなり高く角膜も水晶体の状態も良くないとのことで緊急に眼圧を下げる処置が開始されます。

緑内障の発作との診断です。

 

とにかく眼圧を下なければと体の水分を排出する点滴を目一杯の速度で行います。

点滴一回(300)では改善が見られず続けてもう一度点滴(200)が行われます。

その後点眼を五分おきくらいにしてその都度眼圧を測ります。

そしてレーザーで房水(目の中の毛様体で作られる水)の出口を確保する手術が行われます。

相当何度もレーザーの照射を受けましたが、はかばかしくありません。

 

それでも夕方までには高めではありますが一時に比べれば眼圧が下がってきたので点眼薬をもらい、帰宅します。

先生は今回手術を受けた病院宛に紹介状を書くからとおっしゃったのですが、翌日も処置していただくようお願いしました。

本来火曜は眼科は休診だったのですが、先生はいくつか連絡を取ったうえ、診てくださることになりました。

 

翌日朝一番で診察を受けましたが、改善が見られないとのことで、先方が受けてくれるということを確認したうえで紹介状を書いてくださいました。

 

c20170416_7277.jpg


そのまま佐倉の病院を訪ね診察を受けた結果、翌日手術、そのまま入院ということになりました。

病室は個室しか空いていないとのことでしたが、空き次第大部屋に移れるようお願いします。

部屋に落ち着くと点滴が開始されます。

 

翌日午後四時から手術と決まり、その前に部屋も移れました。

 

四時に手術室に入りますが、手続きの問題で15分くらい開始が遅れます。

執刀の先生は二人。

記録も取られているようでした。

 

 

終わって「もう9時ですよ」と告げられました。

眼底からの出血が収まらないのでその処置で時間がかかったとのことでした。

局所麻酔なので音は会話は聞こえ、目の中で手術器具や血液や組織のかけららしきものが動く様子なども見えます。

当初長くて2時間と説明されていた時間が、途中から時間の感覚がなくわからなくなってしまいました。


腰のあたりも痛くなってきますので少し体を動かすと「動かないで」と言われます。



その後は今月4日まで点眼と診察の日々です。


次の手術まで、点眼の日々は続きます。






nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

頭部管のお掃除 [楽器]

h20170520_8505.jpg

頭部管の掃除には多くの人が悩んでいるようです。

この blog でも何度か取り上げましたが、最近知ったのは今までとは違う発想のやり方です。

h20170520_8506.jpg

ガーゼ二枚でも良いですし、ここにあるインナークロス二枚でも良いですが、二杯を使います。

h20170520_8507.jpg

一枚を歌口に差し込み、その後いつもの通り掃除棒に巻きつけたクロスを差し込んで回します。

 
h20170520_8508.jpg

ガーゼが巻き取られるようにして中に入っていきます。

巻き取られない場合はもう一度やり直します。

h20170520_8510.jpg


BG のヘッドスワブをいつも使っていますが、これでも隅の部分は拭ききれません。

 

この方法ですとかなりきれいになります。

 

お試しあれ。








感じの良い店は何度も利用する

i20170523_8633.jpg

先日閉店してしまったお店を取り上げましたが、こちらのお店はリニューアルして以来よく利用しています。

 

以前から利用していた人によればリニューアル前の方が味が良かったとのことですが、以前はたまにしか利用していなかったので特に感じません。

i20170518_8403.jpg

例えばこんなものでシンプルに済ませています。

 

こちらのお店を頻繁に利用するのは、気持ちが良いからです。

チケットを持って注文すると

 「◯◯いただきました!」

と声が上がり、キッチンのスタッフ全員から

ありがとうございます!」

と声が出るのです。

 

妙に威勢が良いという感じではなく、自然な感じで好ましいのです。

i20170523_8634.jpg


そのあとはコーヒーですが、今日からアイスコーヒーです。

 

さてずいぶん以前の blog を始めて間もない頃であったか、このポーションパックについて触れたのですが、皆さん感じていらっしゃると思いますが、転がりやすいのです。

転がると残っていた中身がこぼれたりしてテーブルやトレイが汚れます。

また、開けるときに少し吹き出て爪についたりします。

 

この形では転がりやすいのは当然ですが、多分傾けたときに中味が出やすいようにと考えられているのでしょう。

しかし使うたび手などが当たらない位置に置いたり、置くときも転がさないように置いたりと気を使わなければなりません。

 

ずいぶん長いことこの形に変化はありません。

 

何か良い工夫はないものでしょうか?


 





nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感