So-net無料ブログ作成
検索選択

MIKIMOTO 展示会@オークラ千葉ホテル [アート]

m20170319_5367-1.jpg

見るだけならタダなので MIKIMOOTO の展示会に行ってきました。



m20170319_5369-1.jpg

1千万円くらいでは驚いてはいけなくて、なんと税込で一億円を超えるものまであって、とにかくもう呆気にとられてしまいました。



m20170319_5370-1.jpg

写真は撮っても良いということでしたが、近くで見ることができたものだけを撮らせていただきました。



m20170319_5374-1.jpg

お値段は別にして今回の見ものはアレキサンドライトを用いたジュエリーです。



m20170319_5376-1.jpg

MIKIMOTO ではその中でも特に色の変化が見事なものを選んでいるということでした。



m20170319_5379-1.jpg

トレンブランと呼ばれる、バネを仕込んだ仕掛けを使った作品で、蜂の羽が動きます。

着けた人の動きに合わせて揺れ、輝きと供に目を引くこと間違いなしです。



m20170319_5380-1.jpg

手に取るだけでも揺れます。



m20170319_5385.jpg

お茶をいただきます。



m20170319_5386.jpg

m20170319_5390-1.jpg

アレキサンドライトのリング。

この大きさになるとお値段が車より高くなります。



m20170319_5397.jpg


車にもよりますが。



m20170319_5396-1.jpg

こちらは一枚目の写真のものを着けてみていただいたところです。


20x のルーペで見てみましたが、葉の部分の細かい細工もとても丁寧で、さすが日本の職人さんの仕事だなと思えました。



m20170319_5405-1.jpg


主役はアレキサンドライトで、真珠はそれの引き立て役です。


取り付けにも工夫が凝らされて、見る人が見れば魅了されてしまうこと間違いなしです。

 


m20170319_5401.jpg

手でぶら下げて撮っていますのできれいに撮れていませんが、シンプルなお品です。



m20170319_5410-1.jpg

白蝶貝も見事で、アンティークの趣があります。



m20170319_5411-1.jpg

中央にダイヤ、その周囲の白蝶貝に金とプラチナがきれいに埋め込まれています。

M の文字がさりげなくあしらわれ、先端にも小さな真珠が使われています。



m20170319_5415-1.jpg

表面には段差が全くない、見事な職人の技です。

 

 

m20170319_5412-1.jpg

取り外して使うこともでき、チェーンの長さを変えることもできます。



m20170319_5416.jpg

オークラ千葉ホテルは千葉みなと駅からほど近い場所にありますが、入ったのは初めてです。



m20170319_5420.jpg

m20170319_5421.jpg

見るだけでお腹いっぱいになってしまいました。







nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 28

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。