So-net無料ブログ作成
検索選択

朝は五月のよう [花、植物]

kz2014_0601_055041AA.JPG


六月に入りましたが、朝はまだ爽やかです。


昨日のレンズで撮り始めます。

マクロレンズではないのでいつものレンズほどは近寄れませんが、別の視点で被写体を捉えられてそれはそれで新鮮です。


開放ですが、このようなショットではピントの合っているところとアウトフォーカスのところがそれほど際立った違いがあるようには見えず、人の視覚に近いという印象を受けます。



kz2014_0601_054921AA.JPG


ウツギはピンクも咲きました。

いつものマクロが 60mm でこれが 56mm ですから画角は近いと言えます。

しかしいつもは開放の 2.4 はあまり使わず 2.8 が多いのに対し、ここでは開放で撮っていますので背景のボケ方に大きな違いが生じます。

ピントの合っているところに目は引きつけられますから、主題を際立たせる事ができます。



kz2014_0601_055212AA.JPG


マクロレンズでもほぼ同じ大きさに撮る事はできますが、背景がもう少しはっきり写りますのでこのアングルでは多分撮らないでしょう。



kz2014_0601_055508AA.JPG


これ以上寄れないのでちょっと大きめにしました。

これはオートフォーカスでは厳しいのでマニュアルで合わせています。



kz2014_0601_055657AA.JPG


このくらいの大きさの花ですとこのレンズでも十分ですが、もっと小さい花に寄りたい時はマクロレンズの出番です。



kz2014_0601_061638AA.JPG


マニュアルで合わせるのは 1.2 という浅い絞りではかなり神経を使います。



kz2014_0601_061844AA.JPG


もうちょっと寄りたい感じです。

ボケはきれいで良いです。



kz2014_0601_062310AA.JPG


マクロレンズに交換して再度撮ります。

AF でもいけます。



kz2014_0601_062357AA.JPG


kz2014_0601_062511AA.JPG


同じようなショットですが、明るい部分の諧調など、きめ細かな描写という面では 56mm が勝っています。



kz2014_0601_062554AA.JPG


これは 56mm では撮れませんでした。



kz2014_0601_062737AA.JPG


kz2014_0601_062900AA.JPG


先の方に合わせても良かったのですが、奥の斑点に合わせるためにはもっと絞らなくてはいけなくて、そうすると背景の描写が変わるのでこれで。



kz2014_0601_062940AA.JPG


スモモの木にサルノコシカケのようなキノコがたくさん生えました。



kz2014_0601_063002AA.JPG


いつもの撮り方だとこうです。



kz2014_0601_063101AA.JPG


バラに戻って。



kz2014_0601_063152AA.JPG


小さなバラなのでやはりマクロレンズの方が狙いやすいです。



kz2014_0601_063236AA.JPG


kz2014_0601_063312AA.JPG


蕾を主役に。



kz2014_0601_063324AA.JPG


開いた花を主役に。



kz2014_0601_063417AA.JPG


kz2014_0601_063434AA.JPG


kz2014_0601_063526AA.JPG


ピンクが濃くなって僅かに青が混じったような色あいです。



kz2014_0601_063701AA.JPG


ブルーベリーは色づきが進んでいるものがありました。



kz2014_0601_063821AA.JPG


来週はいくつか食べられるかもしれません。



kz2014_0601_064147AA.JPG


カラーはまだこれといったショットが撮れないのでしつこく狙います。



kz2014_0601_064243AA.JPG


葉もきれいです。



kz2014_0601_064442AA.JPG


この形、この色が魅力なのですね。



kz2014_0601_064656AA.JPG


ぐぐっと迫ります。



kz2014_0601_064807AA.JPG


柔らかに。



kz2014_0601_064844AA.JPG


この形。



kz2014_0601_064941AA.JPG


アルストロメリアはもう一つ開きました。



kz2014_0601_064954AA.JPG


kz2014_0601_065202AA.JPG


kz2014_0601_065255AA.JPG


昨日開いていたものはもう終わっていました。



kz2014_0601_065333AA.JPG


新しく開いたものをアップで。



kz2014_0601_065401AA.JPG

ヤツシロソウはぐっと寄って少し明るめに。



kz2014_0601_065441AA.JPG


アジサイが咲き始めました。



kz2014_0601_065458AA.JPG


色の点がだんだん増えます。



kz2014_0601_065508AA.JPG


どこかで見たようなショットではあります。



kz2014_0601_065532AA.JPG


山椒が爽やかです。



kz2014_0601_065705AA.JPG


微妙な色あいのバラ。

一株だけで、地植えです。



kz2014_0601_065737AA.JPG


色はボケにも似ています。




さて今日は楽器店に行くことにしましょう。

昨日作ったものを持って行きます。

創美さんにも寄れたら寄りましょう。


もちろん新しいレンズを持って行きます。

バッグも新調しました。




 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 2

Ujiki.oO

 こんにちは。 一ヶ国語のボキャブラリーが増えたようですね。 世界が拡がり、同じ被写体が違う結果を生むんですね。 迷いませんか?(微笑) マウンター換装時のパチッ、カチッ だったかな、パシッと光軸が決まる高精度なかんごう度は素晴らしい技術。 何度も聞きたくて外してました。(笑) でも外出先で交換するとなると大変だった記憶もあって、レンズのキャップや、エアーブロアーや大き目のバッグ・・・・ 楽しんでおられるのを見て、羨ましい限りです。 そして貴重なコメントありがとうございました。

http://create2014.blog.so-net.ne.jp/FIELDOFDREAMS#comm201405312214
by Ujiki.oO (2014-06-01 12:47) 

センニン

Ujiki.oO さん、こんばんは。
写真は一番古い趣味ですのでつい打ち込みます。
レンズは円形ですので回転方向にズレがないことはもちろんですが、フィルム(撮像素子)に対して正確に直角を出すのが最も重要ですね。

一眼レフを主流にしたのは日本人です。

音は大事ですね。
一流メーカーはシャッター音などにも相当拘りを持っています。
愛用したフィルムカメラ Nikon F3 はシャッター音と押した感触に惚れ込みました。

日本人のもの作りは素晴らしいですね。
by センニン (2014-06-01 21:41) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。