So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

バロックヴァイオリンとハープシコード [CD]

i20161208_9958.jpg

次の日曜に伊藤ハープシコード工房さんで恒例の演奏会が行われます。


バロックヴァイオリンとハープシコードでバッハのヴァイオリンソナタ演奏会が企画され、その前半3曲が今回演奏されます。


第一番 ロ短調 BWV1014、第二番 イ長調 BWV1015、第三番 ホ長調 BWV1006(無伴奏パルティータ)の予定です。


 

演奏はヴバロックヴァイオリンの宮崎蓉子さんとハープシコードの大村千秋さんです。


 

i20161208_9959.jpg

宮崎さんは CD を一枚出されていて、チェンバロは同じく大村さんです。

後半は来年の予定とのことです。


i20161208_9961.jpg

体調はもうかなり回復したのですが、まだ喉の調子が良くありません。

滋養を摂ろうとこのところ何度か帰りにパスタを食べています。


i20161208_9962.jpg

フレッシュトマトとモッツァレラチーズ。
麺は細麺です。
ちょっと塩味が私には強めかなと思うのですが、まあまあいけます。






ジオラマは呼ぶよ [地域]

l20161204_9895.jpg

日曜に館山道の 市原SA に立ち寄りましたら、ジオラマが目に入りました。



l20161204_9896.jpg

小湊鉄道を核としたイヴェントのようです。



l20161204_9898.jpg

来月には館山から勝浦まで D51 が往復するようですが、小湊鉄道も各種の鉄ちゃんに根強い人気があります。

 

この時期は菜の花や桜で一年で一番賑わう時期かもしれません。



l20161204_9899.jpg

このジオラマ、よくできていますね。

行ってみたくなります。



l20161204_9902.jpg

外は光がきれいでした。



l20161204_9903.jpg

鉢植えですが、きれいに咲いていました。







nice!(38)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

Photobook のマイカレンダー [写真]

i20161206_9954.jpg

カレンダーは今日のお昼には出来上がっていました。

基本は FUJIFILM のPHOTOBOOK A5 リングタイプですが、透明カバーでなくハードカバーにしました。

 

ハードカバーですと紐が付いていて、結ぶと机の上に立てることができるのです。



i20161206_9947.jpg

前回はニャンコの中に一枚だけワンコの写真を混ぜましたが、今回はパンダ(大熊猫)が二枚。

このショットと次のショットは iPhone で撮っています。

 

表紙はイケメンニャンコ。



i20161206_9948.jpg

コメントやスタンプが入れられます。

この黒ニャンコ、とっても人懐こくて可愛かったです。



i20161206_9955.jpg

i20161206_9956.jpg

作りは丁寧です。



i20161206_9957.jpg

FUJIFILM の商品ではありますが、デザインなどはキタムラオリジナルらしくネットでは FUJIFILM は 12/4 日までが割引の期限でしたが、キタムラでは年内いっぱい 20% 割引です。



PHOTOBOOK のシリーズではない、大きな月めくりのカレンダーなどもあります。

作ったことのない方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか?







日向ぼっこして暮らしたい。 [猫]

j20161204_9915.jpg

加曽利貝塚に行くと必ずニャンコを探すのですが、おじさんの姿が見えないのでいないかな?と思いましたら、いました。



j20161204_9916.jpg

なかなかこっちを向いていてくれないので脇に回ってみました。



j20161204_9917.jpg

どうも良くないですね。



j20161204_9918.jpg

j20161204_9924.jpg

陰を作ってみます。



j20161204_9925.jpg

迷惑でしょうか?

 

おや、脚に傷があるようです。

 


j20161204_9926.jpg

療養中なのかもしれません。



j20161204_9928.jpg

もう一匹いました。


子供のようですが、これ一枚しか撮れませんでした。

 

 

今朝は頭も体もスッキリで完全回復と思ったのですが、会社で仕事をしているうちに次第に体調は下降し、午前中は少し暑かったり、午後は寒気を感じたりとどうも会社というものが悪影響を及ぼしているように思えてなりません。

 

食欲もなくなりましたが、仕事を終えて帰宅途中写真店に作り直した年賀状データを持ち込み、カレンダーの作成も注文完了となった頃には少し気分は良くなりました。

 

 

あとはシチリアーノの譜面を修正すればひとまず期限のあるものは完了です。

 

 

もう喪中の挨拶状が一枚届いています。

時間はどんどん流れていますね。






nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

冬に移行する加曽利貝塚 [自然・環境]

i20161204_9937.jpg

まだ本調子ではないものの食欲は出てきてたのでちょっと外出しました。

 

でもまだ頭も本調子でないのか来週のイヴェントを今日と勘違いして焦ってしまいました。

そういえば昨日は山野楽器でアイハラフェアでしたが、それどころではありませんでした。



i20161204_9907.jpg

12月に入ったので加曽利貝塚の木々の葉はだいぶ落ちていました。



i20161204_9908.jpg

駐車場はほぼ一杯で、家族連れが多いように見えました。



i20161204_9912.jpg

感覚も鈍っているのか、なかなか良いショットが撮れません。



i20161204_9931.jpg

i20161204_9934.jpg

i20161204_9939.jpg

i20161204_9942.jpg

来週には元に戻っていますように。








nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

午後の陽光の中で [花、植物]

i20161203_9878.jpg

よく寝て気分はだいぶスッキリしました。

久しぶりに太陽を見る気がします。

日光にあたって、体を温めます。

爬虫類みたいですね。



i20161203_9879.jpg

午後少し花を撮ってみました。

菊もほとんど終わってしまったので、見られるものが少ないです。



i20161203_9880.jpg

年賀状データは作り終えました。

作業途中だったピアノの譜面もできました。



i20161203_9881.jpg

まだ食欲はあまりないのですが、食べなければならないので明日写真店に行きがてら何か好きなものを仕入れて来ましょう。



i20161203_9883.jpg

レンズを引き取りに行くのは来週にしましょう。



i20161203_9884.jpg

そうそう、オリジナルカレンダーが明日まで割引とのメールが来ていたので、またニャンコカレンダーを作ることにしました。

欲しがる人が多くて、前回も何冊か作りました。



i20161203_9885.jpg

午後の光は案外柔らかいですね。



i20161203_9893.jpg

ここにも日光浴をしているものがいました。

最近黄色い蝶はあまり見ないですね。

モンキチョウではなくだだの黄蝶と呼ばれる種類だと思いますが、外側に黒い部分があるかどうかよく見えないので正確な名前はわかりません。

 

このまましばらくじっとしていました。



花も少なく体調もまだ本調子ではないので明日の朝も更新をお休みさせていただきます。







葛根湯とミルクティー [健康]

i20161202_9875.jpg

風邪気で、昨日から葛根湯を飲んでいます。

マツキヨに行ってみるとマツキヨブランドのものがありました。

 


i20161202_9874.jpg

製造はツムラのようですが、味は微妙に違い、苦味が少ないような気がします。



i20161202_9876.jpg

レッスンは今日から「ハバネラ」をやりましたが、概ね良しとのことでした。

本番では遊んでも良いと。

しかし今日は息が足りず、出来はそんなに良くはなかったですね。

 

最近お昼も神戸屋キッチンでパンを主体にした食事になっていて、体が温まりません。

そこで今日からは以前通っていたパスタのお店へ。

温まりました。

 

楽器を吹く前はものが食べられない(口の中が汚れる)ので終わってから温かいミルクティーを二本も飲んでしまいました。

 

「紅茶花伝」より「午後の紅茶」が好みです。

 

 

そういうわけで体調不良なので明日の朝の更新はお休みします。

レンズの修理ができたと連絡があったので取りに行かねばなりませんし、年賀状も土日の間に作ってしまいたいです。

今年もキタムラで写真の年賀状にします。

 

鶏ではありませんが鳥の写真はありますので。









nice!(42)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

原曲を聴こう [CD]

i20161201_9871.jpg

アルルの女のメヌエットといえばフルートの曲では最もよく知られていると言って良いと思います。

この曲に憧れてフルートを始める人は多いでしょう。

 


『アルルの女』の第二組曲に入っていますが、ビゼーが編んだのは第一組曲で、第二組曲は友人のギローが編み、その時ビゼーの『美しきパースの娘』から持ってきたというところまでは割合知られていると思います。



i20161201_9872.jpg

しかし『美しきパースの娘』は国内では CD は出ていないようで、やっと探したのが EMI の録音です。

 


指揮はジョルジュ・プレートル。


主要なキャストはジューン・アンダーソン(1952 - )、アルフレード・クラウス(1927 - 1999)、ジノ・キリコ(1955 - )、ジョゼ・ヴァン・ダム(1940 - )。

 


録音は良く、クラウスの歌唱はとても素晴らしいですね。

 

i20161201_9873.jpg

以前も取り上げましたが、「アルルの女」はオペラではなく劇なのでその音楽はいわゆる劇伴です。


その録音も多くはありませんが出ていて、このホグウッドあたりが比較的知られているのではないかと思います。


この CD を慌てて買ってしまうと「メヌエット」は収録されていませんのでご注意ください。



Capture.jpg

『美しきパースの娘』の第三幕の4曲目の二重唱が「メヌエット」の原曲です。

Wikipedia には第二幕とありますが、誤りです。



Toast.jpg

自分用にそれらをまとめた CD を作ります。


ついでに「ハバネラ」の原曲も入れます。


フルート吹きが聴きたくなる CD の出来上がりです。



アルルの女~劇場のための音楽 Vol.1

アルルの女~劇場のための音楽 Vol.1


↑この CD はとんでもないお値段になっているので今はちょっと買えませんね。






nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Roi のクリーニングロッド [楽器]

r20161119_9316.jpg

フルートを使った後は掃除をするわけですが、まずはクリーニングロッドにガーゼやその他のクロスを巻きつけて足部管、胴部管、頭部間という順番で掃除します。

習い始めた頃は足部管と胴部管は両側から棒を通していたのですが、弱い接合部から通すことは避けて片方から何度か通すというのが安全です。

 

頭部管は厄介で、テーパーがあって奥が細くなっていますし反射板と頭部管の接する隅のところの水滴をきれいに拭き取るのが結構厄介なのです。

 

達人になるとガーゼもうまく巻きつけて隅に届くようにするのですが、残ってしまうことが多く、見なかったことにしてしまうこともあります。

 

ずいぶん以前から使っているのが BG のヘッドスワブですが、これも使いやすいものの完璧に拭き取るというわけにはいきません。

 

aIMGP5062.JPG

 

r20161119_9317.jpg

先日の フルート フェスティヴァル in 千葉 2016 で買ってみたのがこれです。

 


r20161119_9318.jpg

r20161119_9320.jpg

クロスと違ってコシがありますので、変形させなければ隅の方もしっかり拭けそうです。

 

棒も丸い形状ではありませんので拭き取る部分をしっかり回せそうです。

 


r20161119_9321.jpg

i20161119_9287.jpg

ケースには間違ったらしくピンクと書いてありますが、黒でなくピンクのものもあります。

こちらは拭き取る部分はグレーですね。

 


まだセットされたものしか売っていないそうですが、いずれは拭き取る部分だけも販売する予定とのことです。

 

お値段はちょっと高めですね。

 

まだ使っていませんが、使ってみたらまたご報告します。







ピアノ伴奏譜を作る [楽譜]

r20161127_9866.jpg

レスピーギの「シチリアーナ」ですが、取り寄せてみた二種類の楽譜はどちらも今ひとつという印象です。

 

片方はフルートとハープですが、移調されていてイメージが違ううえ、チェロとコントラバスがピチカートで奏する特徴的な音型がありません。

 

もう一種類は原調なのですが、低音の特徴的な音型は残されているものの伴奏のアレンジが面白味に欠け、長さも短縮されています。

 

 

やむを得ないのでオリジナルの弦楽合奏からピアノ譜を作ることにしました。

 

 

r20161127_9867.jpg



r20161127_9865.jpg

まず弦楽合奏をそっくり入力して、その後「ハバネラ」と同じように Finale の “ピアノリダクション” という機能を使って大譜表にまとめます。

 

その後オクターブを超えないように音を整理して、弦特有の記号などを削除して、和音の構成を見て響きの厚みを考慮しながら音を選択します。

 

そうしてほぼ出来上がったら最終的にはプレイバックしてみて調整します。

ただいま作業途中です。

 

今週中には仕上げたいと思います。







nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -