So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

調整が必要:練習場所のピアノ [楽器]

y20171119_5604.jpg


最近よく借りている練習場所は ”音楽室” なのでピアノがあって、特別な料金はなしで使うことができます。

以前使ったことがある別の施設の音楽室も同様なのですが、基本の利用料が高いのでこちらの方が使いやすいです。



ピアノを使うことは普段はほとんどないのですが、最近かた譜面の響きを確認していると、ちょっと変だなと思うところがありました。

 

 

y20171119_5593.jpg

これは音を出さない時は弦に触れている “ダンパー” のフェルトですが、キーを押すと押されたキーに対応するダンパーが上がって弦が振動します。

指を上げるとダンパーは下がって弦の振動を止めます。

 

y20171119_5594.jpg

フェルトの形は場所によって異なります。

 

 

y20171119_5596.jpg

錆が出ている弦がありますが、すぐに交換しなければいけないものではありません。

 

 


y20171119_5591.jpg


ダンパーは “ペダル(一番右のダンパーペダル)” を足で踏むと踏んでいる間だけ全部が上がります。




y20171119_5592.jpg


y20171119_5596.jpg


y20171119_5597.jpg


さて音符をたどりながらペダルを使っていると、妙な音がすることに気がつきました。

数回やってみると上がるときにわずかに弦が擦られているような音がしていることに気がつきました。


 

フェルトの先の形が綺麗に整えられていないのが原因ではなかと思われます。




y20171119_5600.jpg


動画を撮ってみましたが、うまく再生されるかどうかはわかりません。

音だけでも聞ければ良いですが。



 

 
 

明日の午前は雨のようですので、朝の更新はお休みします。

皇帝ダリアは霜にやられてしまいました。

 
 
 
 
 
 
 
 


 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鏡はあった方が良い [楽器]

ll20171119_5598.jpg 


先日久しぶりに使ったスタジオには壁に大きな鏡があったのですが、最近使っている音楽室にも以前よく使った部屋にも姿見はあります。

今まではあまり活用することはありませんでしたが、先日はすぐ前に置いてアパチュアの形を拭きながらチェックすることを試してみました。

すると思っているより開き方は小さいことが確認でき、また形を見ようとするとどうしても顔を上げざるを得ないので喉を潰さないという点でも good です。

 




l20171119_5610.jpg


録音で音を確認するにしても姿などを写真に撮るにしてもどうしても吹いているその時に確認することはできないので、リアルタイムで自分の感覚と実際との違いを確認することはとても重要です。

 



l20171119_5609.jpg


さて開放的な響きをと先生にずっと求められているわけですが、なかなか思うようにいかないので試しに長らく取り付けたままにしていた BULLSEYE の FLUTE SPEED を外してみました。

すると響きに明るさが加わり、広がりも出るように感じられました。

反応もわずかですが速くなったように感じられ、特に低音の響き方に顕著な違いがあるように感じられました。

 

これを取り付けた時はそれなりの響きを求めていてこれを評価したわけですが、今はその時とは求めるものが違ってきていますので、しばらく外したままでやってみましょう。

先生にはどう評価されるかわかりませんが。

 

今度 FMCフルートマスターズの試奏会がありますので、このままで記念モデルと比べてみることにしましょう。


 



 

nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

袋とじの海外ミステリー [花、植物]

i20171120_5623.jpg


いつもコメントをくださる middrinn さんが知らないとおっしゃったので本棚から引っ張り出しました。


昔は几帳面でカバーをかっちりとかけて背に書名を書いていたので探すのは簡単です。

 



i20171120_5624.jpg


創元推理文庫の『歯と爪』という推理小説です。




i20171120_5625.jpg


随分昔に読んだので内容はすっかり忘れてしまいましたが、返金保証というのは珍しいので覚えていました。




i20171120_5630.jpg


ここまで読んでやめることができれば(出版社に送れば)代金を返してくれるというわけです。




i20171120_5631.jpg


読みましたけどね。

 



i20171120_5626.jpg


これが原書だそうです。

 



i20171120_5628.jpg
 

原書では書店で対応すると書いてあります。

 

i20171120_5629.jpg


1981年2月 8版 とありますからその年か翌年くらいに買ったのだと思います。


歯と爪【新版】 (創元推理文庫)

歯と爪【新版】 (創元推理文庫)

  • 作者: ビル・S・バリンジャー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: 文庫

推理小説としては今では古いかもしれませんが、そこそこ売れているのでしょう。

訳者は同じ大久保康雄さんですから刷りを重ねているのでしょうね。

 

大久保さんの訳はスタインベックの作品で親しみました。

昔は最近読んだ本のようなお粗末な翻訳はなかったような気がします。

  
 


 

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:

引き継ぎでトラブルがあったものの、無事完了:iPhone X [Mac]

j20171119_5586.jpg


今日も寒かったですが、体調は昨日のうちに回復し始めたのでもう大丈夫です。

お気遣いくださった皆様、ありがとうございました。

 

さて昨日は iPhone のバックアップを行なっているところまで記録しましたが、その後 iPhone X でデータや設定を引き継ごうとしたところ

 バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone”○○”を復元できませんでした。

というようなメッセージが出て引き継ぎできません。

 

再度バックアップを取ったり色々やっていると、iOS の新しいバージョンがあるのがわかったので古い方の iPhone の OS をアップデートし、再度バックアップを取ります。

その上で再度引き継ぎを試みましたが、やはりダメ。

 

SIM カードを入れた状態でバックアップしなければいけないのかとショップに確認したのですが、それは関係ないとのこと。

 

お手上げになってアップルサポートに問い合わせますと、(エラーメッセージの)どちらも可能性があると。

指示に従って両方の OS を確認しますと、古い iPhone の OS の方がバージョンが新しいのでそれが原因だとの診断です。

ちょっと不思議なのですが、それなら最初のトライでうまくいったはず。

それに、最新の iPhone で OS が古いってどういうこと?

 

それはおそらく古い iPhone の方が一つだけ新しいバージョンだったのでしょう。特にいつアップデートしたか意識していないのですが、そうだったのでしょう。

iPhone X が手元に届くまでの間に少しのアップデートが行われたのでしょう。

 

 

古い iPhone の OS の方が古ければ問題ないそうです。

 

それにしてもメッセージが不親切ですね。




j20171119_5585.jpg


さて iPhone X のカメラユニットを見てみますと、フラッシュが四連の LED で構成されているようです。




j20171119_5587.jpg


古い方はどうかと思って見ますと、よくわかりません。

多分暗いところでの撮影性能が向上しているのでしょう。


二つのレンズは広角用と望遠用らしいです。

 



j20171119_5612.jpg


ワイヤレス充電も試してみました。




j20171119_5615.jpg 

 

ケースをつけてもちゃんと充電できています。

 

PRIUS のコンセントにテープルタップ(USB つき)をつないでそこに充電器をつないでいます。

スイッチを入れる必要がありますが、慣れればそう面倒でもありません。

置くだけ、というのは楽チンですね。

この充電器も USB(iPad くらい要求しても良いが)で使えれば良いのにとは思いますが。

 

先日の記事でも触れましたが、車用のインバーターは機器を使わなくても電力を消費するようです。

シガーライター(今では本来の目的に使われることは少ないでしょう)のソケットから空気清浄機(最近 USB 接続のものも登場しています)など消費電力の小さいものを使う分には問題にならないのでしょうが、15A まで使える(以前乗っていた PRIUS は 1A まで、常時通電していました)となるとそうはいかないのでしょう。

 
 
 EV ならまた事情は異なるのでしょうね。
 
 


 

nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

北風と太陽と [花、植物]

i20171119_5547.jpg


予報では一番の冷え込みとのことでしたが、確かに寒いです。

もう太陽は元気に輝いているのですが、北風が冷たいです。

 



i20171119_5506.jpg


i20171118_5470.jpg


皇帝ダリアはなんとか咲いてくれました。




i20171119_5508.jpg


この一株以外は虫にはを食われて元気がなくなってしまいました。




i20171119_5510.jpg


いつもはダイナミックレンジは AUTO にしているのですが、一枚目だけは 400% で撮っています。

厳しい条件ではやはり有効です。




i20171119_5514.jpg


太陽が元気なので日陰を選んで撮ります。




i20171119_5516.jpg


i20171119_5519.jpg


こんなに寒くなってもこれは咲きます。

強いですね。




i20171119_5521.jpg


ランタナも強いといえば強い。




i20171119_5525.jpg


なぜかサツキも一輪。




i20171119_5527.jpg


寒い時期は山茶花。




i20171119_5529.jpg


♫たき火だたき火だ落ち葉たき




i20171119_5532.jpg


お茶もこんな時期なんですね。




i20171119_5533.jpg


陽の当たるところではこんな感じになってしまいます。




i20171119_5538.jpg


i20171119_5539.jpg


それでは逆光で。




i20171119_5542.jpg


水滴が少し残っています。

もっと寒い時期になると氷になります。




i20171119_5544.jpg


i20171119_5548.jpg


菊たちもそろそろ最盛期が過ぎようとしています。




i20171119_5550.jpg


i20171119_5552.jpg


i20171119_5555.jpg


i20171119_5556.jpg


i20171119_5562.jpg


i20171119_5564.jpg


i20171119_5565.jpg


i20171119_5568.jpg


i20171119_5569.jpg


センリョウは真っ赤です。




i20171119_5571.jpg


来年もまた咲いてくれますように。




i20171119_5575.jpg


これもちょっと季節外れですね。




i20171119_5578.jpg


i20171119_5580.jpg


黄色の色づきはもうちょっとです。




i20171119_5581.jpg


マンリョウの白はこれから白っぽくなります。




i20171119_5582.jpg

 

前回のレッスンは体調不良で散々でした。

練習の時はかなりいい感じだったのに残念です。

今日も頑張ります。

 


 

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

iPhone X、来る [Mac]

i20171118_5476.jpg


予定通り iPhone X を受け取って来ました。

旧機種のバックアップを今やっているところです。

 



i20171118_5498.jpg


i20171118_5478.jpg


厚みはほんのわずかですが増えているようです。




i20171118_5480.jpg


ボタンはなくなりました。




i20171118_5485.jpg


一回り小さくなっています。




i20171118_5486.jpg


i20171118_5489.jpg


i20171118_5491.jpg


カメラは縦二連になりました。




i20171118_5492.jpg


i20171118_5493.jpg


この方向から見ても認識します。




i20171118_5494.jpg


このカメラで認識するのですね。



保護フィルムを一緒に買ったら頼んだわけではないのに貼ってくれていました。

 



i20171118_5495.jpg


旧機種のフィルムを見るとなんとヒビが入っています。

落としたこともあるのでその時でしょう。




i20171118_5496.jpg


役に立ちます。


 



 

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

喉が不調 [健康]

i20171116_5456.jpg


昨日の朝から喉に不快感があるので朝出勤途中にコンビニで VICKS を買い、今日もずっと舐めています。




i20171116_5460.jpg 

 

これは私には合っているようで効果があるのですが、大人は一回3錠とされているのですが、パッケージは5錠を一袋としています。

3錠か6錠にしてくれるとスッキリしていいんですけどね。

 

1日4回~6回舐めるようにとあります。

一日分を一箱にしてくれるといいんですけどね。

 

明日は母の通院の日なので朝の更新はお休みします。
皇帝ダリアは開いていましたので明後日はご覧いただけると思います。 
 
 


 

nice!(29)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

素材風に撮ってみる [楽器]

l20171112_5414.jpg


予約してあった iPhone X が入荷したとの連絡があってのですが、今日も明日も夕方は予約でいっぱいだそうで、土曜日に行くことにしました。

先月28に予約して今日入荷ですから19日かかっていますが、Apple Store で最初に予約した時の予定よりはだいぶ早いです。

 



さて面白そうだと思うと撮ってみるというのはほとんど病気のようなもので先日の練習の時も思いついて楽器を撮りました。



まずはストレートでクローズアップ。

ホワイトバランスはオート。

室内の蛍光灯はありますが、窓に近いので自然光が強いです。



l20171112_5417.jpg


オートでは色が冴えなかったので色を調整して作りました。




l20171112_5420.jpg


奥行きがあるので 22まで絞っても全部にはピントは合いません。




l20171112_5427.jpg 

 

自宅の撮影用ボックスでは組み立てた状態のフルートは撮れません。

ギリギリ入るとは思うのですが、それでは撮れません。

 

 

専用の部屋が欲しいなあと思っていますが、無理ですね。

 

 
 


 

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「山本直純と小澤征爾」 [本]

i20171031_5195.jpg


小澤さんについて書かれた書籍はいくつかありますが、小澤さんが「とてもかなわない」と評する山本直純さんについてはあまり書かれたものがありません。

この本の中に引用されている岩城宏之さんの著書でその姿が少し伺えるくらいです。

 

山本直純さんの一番有名な作品は「男はつらいよ」の音楽でしょう。

そのほかチョコレートの広告ではトレードマークとなった赤い上着で気球に乗って指揮をする姿が記憶に残ります。

そして、私も視ていた TV番組「オーケストラがやって来た」。

ランパルの演奏、ベートーヴェンの五番の解説など印象に残る場面がいくつもあります。

 

本人が書いた本を以前読みましたが、今は番組から選んだ DVD も発売されています。

 

オーケストラがやって来たが帰って来た!

オーケストラがやって来たが帰って来た!

  • 作者: 山本 直純
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2014/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

オーケストラがやって来た DVD-BOX

オーケストラがやって来た DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

この本によれば山本直純さん(いかこの本に倣って 山本さん でなく 直純さん と表記します)はメディアの仕事が増えてそのイメージが定着してしまったので不当に低く評価されたとのことですが、恩師の制止を振り切って海外に飛び出した小澤さんはやがてバーンスタインに伴われて凱旋帰国します。

 

直純さんは小澤さんに「お前は頂点をめざせ。俺は底辺を広げる」という意味の言葉を贈ったそうです。

「お前のオーケストラを作って待っている」と。

日本フィルハーモニー管弦楽団とその解散、新日本フィルハーモニー管弦楽団の結成などの経緯も述べられています。



岩城さんの著書では直純さんについて音感は抜群に良いが正しい音程で歌う能力は備わっていない(いわゆる音痴)、というような記述があったように記憶しているのですが、今回読んだこの本によればそうではなかったどころか声は良い声とは言えなかったものの正しい音程で歌えたようです。


第一章 齋藤秀雄指揮教室(1932~1958)

P.40

 ピアノの前に座った渡邉は、「いま叩く和音の中の、上から三番目の音の、五度下の音を声に出してごらん」と言った。和音どころではなく、指十本の全部を使った滅茶苦茶な不協和音だ。すると直純は即座に「アーッ」とダミ声をあげた。岩城は「聞いているぼくにはまったくわからない。どうせデタラメに怒鳴っているのだろう」と思った。だが渡邉が指定した音のキーを叩くと、ダミ声と同じ音だった。多分マグレだと思った渡邉は、「もう一度やってみようね」と言って違う不協和音を叩き、「今度は、下から二番目の音の六度上を歌ってごらん」「イーッ」今度も合っていた。

 全くできなかった(が合格した)岩城は、完全に呆れ返った。

「こんなことをできるやつは、日本に何人といないだろう。完全無欠な絶対音感教育の、しかももともと天才的な感覚を持っている人間でなければありえない。テストをする先生自身、絶対にできないに決まっている。これは断言できる」

 

 

その頭脳についても例えばベートーヴェンの交響曲全部を暗譜しているとあるのですが、それは単に指揮ができるというだけではなくて、全部を一から書くことができるという意味ですからこれは大変なことです。

 



i20171031_5196.jpg 

 
山本直純と小澤征爾 (朝日新書)

山本直純と小澤征爾 (朝日新書)

  • 作者: 柴田克彦
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: 新書

晩年は直純さんの生き方に若い人たちがついて行けず不遇であったようですが、TV番組で見せた膨大な知識と才能がなければ不可能なあの名編曲ができるような稀有な才能を持つ人でありながら評価が伴わないのは世間がそのすごさに気づくことができなかった、純クラシック畑の人たちが低いものと見下していた、そのような “運命” だったのかと残艶な思いでいっぱいになります。

 
直純さんの旧著も古本で手に入るようですので、読んでみようかと思います。
 
 
 


 

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

寒さに備える [季節]

i20171111_5340.jpg

今日は雨でそれほど冷え込みませんでしたが、昨日は先週のうちから冷え込むと言われていたので事前に準備していました。

最初は手袋です。

 

毎年 Thinsulate の手袋を愛用しているのですが、いつも使っていた駅のコンビニなどで売っていたものが暖かさがイマイチと思っていたので Amazon で探してみました。

 
 
l20171111_5342.jpg

届いてみると安いもの(これもそれほど高いわけではないですが)とは違って内側にフリースが使われていて、暖かさが段違いに思えました。

 

Thinsulate という表示だけをあてにしないでよく選んだ方が良さそうです。




i20171113_5442.jpg


こちらは去年初めて試した組み合わせですが、カシミアのマフラーをシルクのスカーフで包んで使っています。




i20171113_5455.jpg


スカーフはマフラーがちょうど包める細長いものです。

マフラーは去年シルクのものを試してみたのですが、肌触りはカシミヤよりソフトで心地良いものの細かい粉が出て襟などが汚れるので使うのをやめてカシミアに戻りました。

それをたまたま買ってあったスカーフで包んでみたところとても具合が良かったので今年も引き続き使うことにしました。



スカーフは長いものというとストールのようなものばかりで、色使いもメンズは渋いものが多いのですが、こちらのものはちょうど良い長さと幅で、基本はレディースなのかもしれませんがブルー基調なので違和感はありません。


 

あとは耳あてが登場すれば完全装備です。


 




 

nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:ファッション
前の10件 | -