So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

クラシックカメラ好きに [本]

IMG_1857.JPG


入院生活に慣れて来て時間の過ごし方も要領がわかって少し余裕ができたので、新聞を買うついでに読みやすそうな文庫本を二冊買ってみました。
IMG_1856.JPG
読んだことのない作家さんですが、クラシックカメラが登場するというので興味を持ちました。
一日一冊のペースで、もう読み終わりました。
深みを求めるような小説ではありませんが、クラシックカメラが好きな人には楽しめる内容です。
名前だけ登場するものを含めて一覧にしてみます。
谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 柊 サナカ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: 文庫
『谷中レトロカメラ店の謎日和』
    1. ドリウ2-16、コダック シグネット35、ビトーB、コンタックスIIa、イコンタ・ユニバーサルシックス、
        ローライフレックス
    2. ベッサII、ピクニー(宮川製作所)
    3. ハリネズミカメラ
    この章では野良猫の里親探しの活動をされている方や blog が登場します。
    4. リコーオートハーフ、ポラロイドSX70
    5. ニコンF(640F)
    6. ステレオグラフィック、ローライドスコープ、ゼンザブロニカS2
    7. ライカIIIf
谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

  • 作者: 柊 サナカ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 文庫
『谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法
    1. ニコンF2 チタン ノーネーム,ニッコール50mm、ニコマート, ニッコール24mm、ニコンS3
    2. ヤルーフレックス、ライカM3 オリーブ, スリークラウン, IIIc
    3. プラウベルマキナ67、小西本店 木製プロトタイプ(?)
    4. コンタックスIIa
    5. エコー8(鈴木光学)、ミノックス、フォトスナイパー、シグマ200-500mm F2.8
    6. テレカ(東興写真)、ラメラ(興和光器製作所):ペンタックスLX
    7. ツァイスイコンSW, T*21mm 
使ったことのあるカメラは一つもありませんが、ロマンスもあって、楽しめる内容になっています。
わたしが初めて使ったのはオリンパス PEN で、初めての一眼が オリンパス OM1、憧れて買ったのが ニコンF3 でした。
F3 はハイアイポイントが出る前でしたが、シャッターの切れる感触に惚れてしまいました。
また使ってみようかななどと思い始めています。






トラックバック(0) 
共通テーマ:

経過観察中 [道具]

image.jpeg


日曜で良いお天気のせいか、お見舞いの人も少ないようで静かな日曜の病院です。



IMG_1844.JPG


入院が急だったので十分な準備もできなかったのですが、当面必要なものは病院内の FamilyMart で買うことができます。



IMG_1848.JPG


たまたま買ってみたこの水、オリジナルのようですがなんと硬度が 17。

新潟県津南町で採取しているようです。

柔らかくて飲みやすいです。



IMG_1849.JPG


常に持って歩いているのですが、役に立つのがこのライト付きルーペ。

ESCHENBACH の easy POCKET 3x です。



IMG_1850.JPG


フレネルレンズですが、安いものではないので見え方はクリアでさすがです。

日経新聞にもよく広告が出ています。



IMG_1851.JPG


目薬をさす時はメガネを外さなければならないので、点眼薬を確認する時はありがたい存在です。

その他消灯後に何かを確認しなければならないときなどにも便利です。



IMG_1831.JPG


こちらは FamilyMart で売っていた、点眼薬をさす時の補助器具です。



IMG_1833.JPG


見えない目にささなければならないので、位置を掴むまでには何度か失敗します。

ほぼ手が覚えたのですが、使ってみると楽です。


いろいろ初めての経験ばかりです。







トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

過ごしやすい病院 [健康]

IMG_1825.JPG
iPad で撮影し、更新しています。
病院のある環境は静かで緑も多く、交通の便も比較的良い場所です。
IMG_1835.JPG
最初にかかった私立病院では(高度な医療機器があるのは)千葉大かこちらの大学病院とのことでしたが、公立では急患は受け入れないようで、こちらに宛てて紹介状が発行されました。
IMG_1829.JPG
入院手術は初めてなので他の病院との比較はできませんが、快適に過ごせています。
IMG_1828.JPG
折をみてまた更新します。








トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再開は1週間後の予定 [健康]

目の疾患のため緊急入院手術となりました。
経過がよければ1週間で退院の予定ですが、片目の視力を取り戻すなはしばらく先になりそうです。
ひとまずお知らせまで。
病院で iPad にて更新しています。







トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お休みのお知らせ

引き続き位不調につき、今日と明日の更新はお休みさせていただきます。










共通テーマ:日記・雑感

ロイヤルコペンハーゲン:イヤープレートほぼ全品展示 [アート]

i20170416_7265.jpg

不調につき、 nice! やコメントのお返しは明日にさせていただきます。


そごう千葉店では 2010年、2011年を除くほぼ全部のイヤープレートが展示販売されています。

数量限定と思われますので、売り切れのものもあるかもしれません。


続きは明日以降アップします。








雲雀の声を聞きました [花、植物]

i20170416_7150.jpg

昨日より早く起きました。


昨日より気温は低いですが、風はなく良いお天気です。


記事の声は今朝も聞こえますが、昔より近いように思えます。


空でヒバリが歌っています。



i20170416_7122.jpg

ハコネウツギの葉が出ました。

一枚目はハナミズキです。



i20170416_7125.jpg

i20170416_7128.jpg

i20170416_7129.jpg

i20170416_7131.jpg

i20170416_7132.jpg

i20170416_7134.jpg

i20170416_7135.jpg

シャクナゲは満開です。



i20170416_7137.jpg

i20170416_7140.jpg

i20170416_7141.jpg

i20170416_7142.jpg

i20170416_7143.jpg

ツツジが咲き始めました。



i20170416_7144.jpg

i20170416_7145.jpg

i20170416_7151.jpg

草の中にスミレが咲いていました。


種が飛んだのでしょうか?



i20170416_7153.jpg

白が咲きました。



i20170416_7154.jpg

タイツリソウの葉はよく水を吸い上げます。



i20170416_7155.jpg

赤も咲いています。



i20170416_7157.jpg

i20170416_7158.jpg

クマガイソウは明日あたり咲くかもしれません。



i20170416_7160.jpg

ニリンソウは来週いっぱい見られそうです。



i20170416_7161.jpg

i20170416_7165.jpg

i20170416_7166.jpg

赤のシャクナゲも満開です。



i20170416_7167.jpg

i20170416_7176.jpg

オダマキが開いていました。



i20170416_7177.jpg

i20170416_7181.jpg

i20170416_7182.jpg

i20170416_7184.jpg

i20170416_7185.jpg

ピンクはこれからです。



i20170416_7191.jpg

今日も練習、頑張りましょう。







FMC フルートマスターズ 25周年記念モデル「鳳凰」 [楽器]

i20170415_7084.jpg

先週に続いて展示試奏会です。

今日は FMC フルートマスターズの 25周年記念モデルのお目見えです。


15周年記念のイニシャルモデル(総銀)が手元にありますが、それから10年経ったのだなと(買ったのは10年前ではありませんが)感慨深いものがあります。


まずは細部の画像をご覧ください。


ゴールドとシルバーです。



i20170415_7054.jpg

彫刻は鳳凰です。



i20170415_7052.jpg

i20170415_7053.jpg

シリアルはゴールドが 1000、シルバーが 999です。



i20170415_7060.jpg

キーカップにも彫刻です。



i20170415_7058.jpg

i20170415_7059.jpg

i20170415_7061.jpg

i20170415_7067.jpg

総 14k、管厚 0.3mm、巻管です。



i20170415_7087.jpg

クラウン、クラウンリングにも彫刻です。



i20170415_7094.jpg

i20170415_7095.jpg

歌口はやや大きめでスクエアに近い形状でオーバーカット(ショルダーカット)はされていません。



i20170415_7098.jpg

i20170415_7100.jpg



i20170415_7057.jpg

シルバーは素材が違うだけで基本的な造りは同じです。



i20170415_7085.jpg

i20170415_7093.jpg

i20170415_7055.jpg

i20170415_7056.jpg

i20170415_7062.jpg

i20170415_7063.jpg

i20170415_7064.jpg

i20170415_7065.jpg

i20170415_7066.jpg

i20170415_7068.jpg

素材は Ag970、管厚 0.35mm、巻管で頭部間はゴールドと同じ Type M です。



i20170415_7069.jpg

ハードケースも特製で、ピアノフィニッシュ(ウレタン塗装)に蒔絵です。

(写っている楽器は記念モデルではありません)



i20170415_7070.jpg

i20170415_7071.jpg

i20170415_7072.jpg

i20170415_7076.jpg

i20170415_7077.jpg

i20170415_7079.jpg

i20170415_7080.jpg

ピッコロもあります。



i20170415_7081.jpg

i20170415_7082.jpg

i20170415_7083.jpg

i20170415_7089.jpg

フルートにはダイヤとルビーが埋め込まれています。

ピッコロにもあるようですが聞き漏らしました。



i20170415_7090.jpg

i20170415_7092.jpg

i20170415_7091.jpg

i20170415_7096.jpg

シルバーの楽器はリップだけはゴールドです。



i20170415_7099.jpg

i20170415_7101.jpg

i20170415_7102.jpg

パッドも売りの一つであるそうです。



i20170415_7106.jpg

両方を試奏しましたが、前回試奏して好印象だったシルバーとゴールドのモデルが霞んでしまうような印象で、次元が異なると言って良い音に仕上がっていました。



太いけれども硬くはなく、輪郭は鋭すぎず柔らかい素材でコーティングしたとでも言いたいような印象です。

音のつながりはスムーズで、第3オクターブも耳を刺すような響きは皆無です。

ゴールドのお値段は総金だけあってものすごいですが、シルバーはこの内容にしては良心的な価格と思えます。

お値段のことを考えなければとても魅力的で、できるなら手にしたいと思える楽器です。

フルートマスターズの楽器は日本のメーカーでは最良と言って良い仕上がりだと思います。

音はもともと妙な色付けのないミネラルウォーターのようなピュアな響きです。

色付けせずに良好な響きを得るというのは非常に難しいことだと思います。


野島社長にお話を聞きましたが、今日私が訪れる少し前まで工藤さんの Haynes があったそうです。

先日触れました CD で使われた #30000 です。

立花さんのメモリアルコンサートに向けての調整とのことでした。

その楽器についても少し興味深いお話を聞くことができました。



i20170415_7108.jpg

御苑の桜はもう散ったでしょう。



i20170415_7110.jpg

地下鉄の駅にはドアが備えられました。



i20170415_7111.jpg

駐車場近くの桜はずいぶん散っていました。



i20170415_7112.jpg

i20170415_7113.jpg

i20170415_7114.jpg

i20170415_7115.jpg

i20170415_7117.jpg

i20170415_7118.jpg

i20170415_7119.jpg

i20170415_7121.jpg

また来年、です。







春の光と風 [花、植物]

i20170415_6926.jpg

起床は遅めでもう日が昇っていました。

室内でも風の音が聞こえるほどで春の風というには少々強く吹いています。

お天気は上々です。

花は揺れますが、速いシャッターが切れるでしょう。



i20170415_6918.jpg

チューリップはまだ少々です。



i20170415_6919.jpg

FUJIFILM の色は本当に春らしい色です。



i20170415_6921.jpg

i20170415_6922.jpg

i20170415_6923.jpg

シャクナゲが花盛りです。



i20170415_6924.jpg

i20170415_6932.jpg

i20170415_6934.jpg

i20170415_6936.jpg

ヒメコブシはもう終わりです。



i20170415_6938.jpg

i20170415_6944.jpg

シバザクラがたくさん開き始めました。



i20170415_6945.jpg

i20170415_6946.jpg

i20170415_6949.jpg

i20170415_6951.jpg

ブルーベリーにたくさん蕾ができています。



i20170415_6954.jpg

オダマキが咲き始めています。



i20170415_6957.jpg

i20170415_6959.jpg

白のタイツリソウは早く葉が出ましたが、開花はゆっくりです。



i20170415_6960.jpg

i20170415_6962.jpg

赤はあまり増えませんが、伸びる勢いは白より強く、開花も速いです。



i20170415_6964.jpg

i20170415_6968.jpg

カタクリはまだ見られそうです。



i20170415_6972.jpg

クマガイソウは来週見られそうです。



i20170415_6973.jpg

早ければ明日開くかもしれません。



i20170415_6974.jpg

ニリンソウも花盛りです。



i20170415_6982.jpg

i20170415_6991.jpg

i20170415_6995.jpg

赤は見頃です。



i20170415_6999.jpg

i20170415_7003.jpg

馬酔木は丈夫ですね。



i20170415_7005.jpg

i20170415_7009.jpg

i20170415_7011.jpg

i20170415_7015.jpg

i20170415_7018.jpg

ピンクのシャクナゲも一つ開きました。



i20170415_7019.jpg

i20170415_7022.jpg

i20170415_7024.jpg

i20170415_7026.jpg

i20170415_7028.jpg

i20170415_7033.jpg

i20170415_7035.jpg

ランや豆科の花にちょっと似ていますが、草ではなく木です。



i20170415_7036.jpg

i20170415_7039.jpg

i20170415_7040.jpg

i20170415_7041.jpg

i20170415_7042.jpg

i20170415_7043.jpg

i20170415_7050.jpg

まだ桜は見られそうですが、ことによると桜吹雪ですね。







『ファウスト』 [DVD]

i20170414_6909.jpg

先日の記事のコメントで「時よ止まれ」と書きましたが、ご存知の方も多いはずですが、ゲーテの『ファウスト』の中のセリフです。

考えてみると読んだことはないので、この機会に読んでみようと思いました。

その前にまず、映画です。



i20170414_6911.jpg

ブルーレイを買ってみました。



i20170414_6916.jpg

i20170414_6917.jpg



i20170414_6912.jpg

戯曲の方は文庫版もありますが、手塚訳が評価が高いようです。



i20170414_6913.jpg

i20170414_6915.jpg

『ウェルテル』もちょっと敬遠していましたので、読んでみましょう。


ドイツ文学は皆が通る道『車輪の下』は若い頃読みましたが、大人になってから読んだトーマス・マンの『魔の山』が面白かったです。



ロマン・ロランの『ジャン・クリストフ』は面白かったのですが、中断したところで止まったままでしたので、また読み直してみようかと思います。

 

最近読書量が少ないです。

若い頃読んでおくべきだったのに読んでいないものがたくさんあります。





若い頃でなければ感じられないものがあるはずですが、若い頃の自分にアドバイスすることができるなら「読んでおけよ」と言いたいです。








前の10件 | -