So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

まさか飲みながらでは. . . [それはいけない]

l20160812_4118.jpg

ある日目にした光景ですが、自転車の後ろに何か置かれています。



l20160812_4119.jpg

なんと焼酎です。

まさかこの自転車の持ち主が飲みながら運転するのではないでしょうが、誰がなぜ置いたのかは謎です。

 

焼酎といえば先日の新聞に柏市内の居酒屋でチューハイを作るのに消毒用アルコールを使ったというニュースが載りました。

味が変だという申し出があったそうで、その時点では健康被害は確認されていないということでしたが、チューハイ一杯にどのくらいの焼酎を使うのか飲まない私にはわからないのですが、健康被害がないということはこの居酒屋ではかなり焼酎をケチっていたのかもしれません。



飲酒運転もあのゲームをやりながらの運転もダメです。

今日のニュースではとうとう交通事故で亡くなった方があるそうです。

もちろん、ゲームやお酒自体ががいけないわけではありません。

車だって刃物だって使い方次第です。

 

つい集中してしまう魅力があるのか、性格によるのか、いずれにしても外に出たら周囲への気配りを忘れてはいけませんね。







nice!(26)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

その他の植物たち:くらしの植物苑 [花、植物]

r20160821_4708.jpg

今日はずいぶん反応が悪いですね。
昨日の続きですが、昨日と同じようにラベルもアップしますが、ものによってはラベルと一緒に写したもの一枚しかないものもあります。

珍しいものばかりではありませんが、我が家にはないものを多く写しています。


r20160821_4652.jpg

r20160821_4654.jpg

r20160821_4651.jpg

r20160821_4655.jpg

r20160821_4711.jpg

バショウはバナナの仲間です。
見頃は過ぎています。


r20160821_4658.jpg

r20160821_4659.jpg

r20160821_4660.jpg

r20160821_4661.jpg

r20160821_4662.jpg

r20160821_4663.jpg

これも良い状態のものがありませんでした。
全体に、種類は多いですが、数は多くはありません。


r20160821_4665.jpg

r20160821_4666.jpg

r20160821_4664.jpg

い草ですね。


r20160821_4667.jpg

ミソハギ。


r20160821_4669.jpg

r20160821_4670.jpg

ホテイアオイに似ていますね。


r20160821_4671.jpg

r20160821_4672.jpg

何かの卵でしょうか?


r20160821_4685.jpg

r20160821_4686.jpg

花は終わっているので、写真を。


r20160821_4687.jpg

r20160821_4688.jpg

r20160821_4690.jpg

r20160821_4692.jpg

r20160821_4689.jpg

木も実も大きいです。


r20160821_4693.jpg

r20160821_4694.jpg

r20160821_4695.jpg

r20160821_4696.jpg

r20160821_4698.jpg

r20160821_4699.jpg

抜け殻が至る所にあります。


r20160821_4701.jpg

ツクツクボウシの羽根は透明です。


r20160821_4702.jpg

r20160821_4703.jpg

r20160821_4704.jpg

r20160821_4705.jpg

r20160821_4706.jpg

r20160821_4707.jpg

r20160821_4709.jpg

r20160821_4710.jpg

縁起物ですね。


r20160821_4712.jpg

r20160821_4713.jpg

r20160821_4714.jpg

r20160821_4715.jpg

r20160821_4716.jpg

r20160821_4717.jpg

r20160821_4718.jpg

花は終わっています。


r20160821_4719.jpg

r20160821_4720.jpg

これから見られるようです。


r20160821_4721.jpg

r20160821_4722.jpg

r20160821_4723.jpg

r20160821_4724.jpg

里帰りした植物が植えられています。


r20160821_4725.jpg

季節ごとに行ってみる楽しみができました。






食べられる植物:くらしの植物苑 [花、植物]

s20160821_4602.jpg

観賞用のひょうたんは大部分が食中毒の原因となる物質を持っていて、食用にはできず、食中毒の事例もあるそうです。
食用にできるのはユウガオ(かんぴょう)とのことですので、追記します。


種類が多いので朝顔以外の植物を二回に分けてアップします。



s20160821_4603.jpg

まずは食用になる植物から。


昨日と同じようにラベルを一緒にアップします。



s20160821_4604.jpg

瓢箪の一種ですね。



s20160821_4605.jpg

s20160821_4606.jpg

s20160821_4607.jpg

秀吉の旗印。


s20160821_4609.jpg

s20160821_4608.jpg

“百” もあるのですね。



s20160821_4610.jpg

s20160821_4612.jpg

s20160821_4613.jpg

ちょっと不気味ですね。



s20160821_4611.jpg

s20160821_4616.jpg

s20160821_4615.jpg

冬季オリンピック。


 


この他ヘチマもありました。



s20160821_4633.jpg

s20160821_4637.jpg

s20160821_4634.jpg

誰でも知っていますが、見たことがない人もいるでしょう。



s20160821_4635.jpg

s20160821_4638.jpg

s20160821_4636.jpg

桃太郎。



s20160821_4639.jpg

s20160821_4640.jpg

s20160821_4643.jpg

濡れ手に粟。

 


s20160821_4646.jpg

s20160821_4647.jpg

s20160821_4644.jpg

赤い花もあるようです。



s20160821_4673.jpg

s20160821_4675.jpg

s20160821_4674.jpg

大木になるようです。



s20160821_4676.jpg

s20160821_4677.jpg

似ているのでしょうか?



s20160821_4678.jpg

s20160821_4680.jpg

s20160821_4682.jpg

s20160821_4681.jpg

説明不要ですね。




s20160821_4683.jpg

s20160821_4684.jpg

カボチャの仲間はあまりありませんでした。


里芋は三種類ありましたが。



s20160821_4726.jpg

s20160821_4727.jpg

s20160821_4732.jpg

s20160821_4731.jpg

続きは明日アップします。





朝顔展:くらしの植物苑 [花、植物]

j20160821_4742.jpg

シーボルト展を復習してから城址公園を歩きましたが、時間に余裕があったので、前回行けなかった「くらしの植物苑」に行ってみることにしました。

車で行くには一旦敷地から出なければならないので、歩きます。

 


j20160821_4555.jpg

j20160821_4561.jpg

複数の種類のたくさんの蝉が力いっぱい鳴いています。

抜け殻もそこかしこにあります。



j20160821_4569.jpg

お城の跡だけに桜の老木も多いです。



j20160821_4570.jpg

夢の跡。



j20160821_4575.jpg

武士たちも桜や紅葉で季節を感じたことでしょう。



j20160821_4580.jpg

j20160821_4581.jpg

j20160821_4584.jpg

子規の句碑がありました。



j20160821_4585.jpg

j20160821_4589.jpg

見慣れない植物ですが、植物苑の中にもありました。



j20160821_4593.jpg

l20160821_4597.jpg

入苑料は 100円です。



l20160821_4598.jpg

l20160821_4599.jpg

生活に密着した植物をテーマごとに植えています。



l20160821_4600.jpg

これはちょっと気に入っています。



l20160821_4601.jpg

j20160821_4617.jpg

考えてみれば当たり前ですが、午後2時を過ぎた時間なので朝顔は多くが萎んでいました。

 

まだ見られた状態だったものを、あまり考えずに端から撮っています。

花の次にラベルを撮っていますので種類などはそれをご覧になってください。



j20160821_4618.jpg

j20160821_4621.jpg

j20160821_4620.jpg

j20160821_4625.jpg

j20160821_4626.jpg

j20160821_4627.jpg

j20160821_4628.jpg

j20160821_4629.jpg

j20160821_4630.jpg

j20160821_4631.jpg

j20160821_4632.jpg

j20160821_4737.jpg

素敵な配慮ですね。

花が水に浮かべられて、咲いている状態を見た気分になれましたし、並んでいる様子も浴衣の柄のようで素敵です。



j20160821_4740.jpg

j20160821_4741.jpg

j20160821_4744.jpg

反射でうまく撮れませんが、変わり咲きのことや色の発現など詳しく説明されていました。


j20160821_4745.jpg

j20160821_4746.jpg

j20160821_4750.jpg

朝顔グッズ、幾つか買いました。



j20160821_4751.jpg

もらえる種は展示されていた種類のものでとてもたくさんありました。

来年、どんなのが咲くか楽しみです。

 

 

その他の植物については改めて取り上げます。

見慣れたもの、名前だけはよく知っているもの、初めて見るものなどとてもたくさんあります。

 

 




再訪する:"シーボルト展"

i20160821_4534.jpg

明日の朝から台風らしいので洗車はやめました。


で、お昼頃佐倉の国立歴史民俗博物館にまた行きました。


もう一度見ておきたいものがあったのです。



i20160821_4514.jpg

i20160821_4519.jpg

まだ良いお天気で暑いです。



i20160821_4522.jpg

緑がいっぱいで、蝉の声が賑やかです。



i20160821_4525.jpg

i20160821_4527.jpg

バス停に赤いポストがありました。



i20160821_4528.jpg

i20160821_4530.jpg

人出は少ないかと思ったのですが、駐車場は前回と同じくらいいっぱいでした。



i20160821_4537.jpg

ミュージアムショップの場所が変わっていました。

隣はレストランです。

これが本来の場所なのかもしれません。


なぜかゴジラの関連商品を売っていました。



i20160821_4538.jpg

高いですねぇ。



i20160821_4540.jpg

緑のカーテンは朝顔です。



i20160821_4541.jpg

隣接する施設である「くらしの植物園苑」で朝顔の特集をやっているので、それと関連しているのかもしれません。


朝顔グッズを500円以上買うと朝顔の種がもらえます。



i20160821_4535.jpg

i20160821_4544.jpg

i20160821_4547.jpg

i20160821_4551.jpg

蝉がたくさんいます。



i20160821_4552.jpg

i20160821_4553.jpg

ニャンコもいます。



i20160821_4554.jpg

i20160821_4748.jpg

『日本植物誌』から抜粋した絵葉書集です。

前回は第2集までしかありませんでしたが、第4集まで出ていました。



i20160821_4749.jpg

Bibliopoly という会社が作成しています。


http://www.bibliopoly.co.jp/postcardset1.html#botanical



i20160821_4754.jpg

書籍コーナーにあったこれが目にとまりました。



i20160821_4755.jpg

シーボルトという名前が絶えた経緯、ツェッペリン伯爵との関係など、知りたかったことが見つかりました。



この後「くらしの植物苑」を見学しました。


おいおいご紹介します。

 

 




nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

昨夜も降ったらしい [花、植物]

i20160821_4468.jpg

昨日の夕方の空にはまだ雨雲がありました。

どうやら昨夜もひとしきり降ったようで、植物には水滴がたくさん残っています。

 

今朝は上天気で空が青くて気持ちが良いです。



i20160821_4431.jpg

ひと頃ほどの強い日差しではなくなったかなと思えます。



i20160821_4434.jpg

i20160821_4437.jpg

i20160821_4438.jpg

i20160821_4439.jpg

サフランモドキが賑やかです。



i20160821_4446.jpg

濃いものと薄いものがあります。



i20160821_4447.jpg

こんなところにもあの虫がいます。



i20160821_4448.jpg

ランタナはほとんど終わりです。

 


i20160821_4450.jpg

季節はずれにまた咲きました。



i20160821_4451.jpg

i20160821_4452.jpg

i20160821_4454.jpg

i20160821_4455.jpg

落ちたムクゲの花にはカビが生えます。

不思議ですね。



i20160821_4456.jpg

i20160821_4457.jpg

FUJIFILM らしい色です。



i20160821_4458.jpg

空が青いです。



i20160821_4461.jpg

i20160821_4462.jpg

小さなクモはかわいいです。



i20160821_4464.jpg

気づきませんでしたがここにもいます。



i20160821_4465.jpg

ルドベキアの一種で、ルドベキアタカオというそうです。



i20160821_4466.jpg

i20160821_4467.jpg

i20160821_4469.jpg

落花生の花が受粉を終えたようですが、花がこのまま下に伸びるのではなくて根のようなものが伸びて来ます。



i20160821_4470.jpg

i20160821_4476.jpg

i20160821_4477.jpg

きれいなものができそうです。



i20160821_4482.jpg

里芋にカタツムリがいました。

1枚目のニラにもいます。



i20160821_4484.jpg

i20160821_4486.jpg

飛行機雲でしょうか、その影が後ろの雲に映っています。



i20160821_4487.jpg

i20160821_4489.jpg

筋のないのはテッポウユリかとも思ったのですが、やっぱりタカサゴユリのようです。



i20160821_4490.jpg

i20160821_4491.jpg

i20160821_4496.jpg

ナンキンハゼには種ができました。

ロウが採れます。



i20160821_4497.jpg

i20160821_4498.jpg

i20160821_4502.jpg

i20160821_4505.jpg

i20160821_4506.jpg

i20160821_4507.jpg

i20160821_4510.jpg

今年は十分楽しめましたが、やっぱり食われるのは残念です。



i20160821_4513.jpg

昨日は練習場所を長時間借りることができたので、 Blu-ray で『ニューヨーク・ニューヨーク』を観ました。
初めて観た時は主人公たちより若かったのでいまひとつピンとこないものがありましたが、今ならわかります。
ピアノのイントロでテーマ曲が流れ始めたら思わず涙がこぼれました。

歌は本人、サンクスは吹き替えですが、ライザ・ミネリ と ロバート・デ・ニーロ は素晴らしいです。

監督の手腕はいろいろ言われているようですが、劇場公開版より長いバージョンでしたが、もうちょっとまとめ方にやり方があったのではないかと思えました。
特典映像には別のエンディングが収録されているようです。
今度はそれも観てみようかと思います。


台風が来ているようです。

洗車しようかどうしようかと迷っています。







Royal Copenhagen:Flora Japonica [アート]

i20160820_4419.jpg

シーボルトの『日本植物誌(フローラ・ヤポニカ)』を先日取り上げましたが、最高峰と称されるフローラダニカを生み出すロイヤルコペンハーゲンにフローラヤポニカというシリーズがあることを最近知りました。



i20160820_4410.jpg

西武・そごう限定商品で、『日本植物誌』から5種類が選ばれています。


i20160820_4411.jpg

左がウメ、右がフジです。



i20160820_4412.jpg

左がノヒメユリ、右がヤマアジサイです。



i20160820_4413.jpg

左は上の写真と同じヤマアジサイ、右がレンギョウです。



i20160820_4414.jpg

C&S とプレートがあります。


こちらはヤマアジサイ。



i20160820_4415.jpg

レンギョウ。




i20160820_4416.jpg

ノヒメユリ。



i20160820_4417.jpg

フジ。



i20160820_4418.jpg

そしてウメです。

 

フローラダニカと基本的なデザインは同じですが、フローラダニカがピンクを使っているところが水色になっています。

 

『日本植物誌』の図版と比べてみるのも一興です。



i20160820_4420.jpg

千葉市は明日お祭りで、今夜は前夜祭です。


中央公園は賑やかでしたが、今日は実に奇妙なお天気で、晴れたり降ったりで降り回されました。



i20160820_4424.jpg

帰ってみると、空は雨雲の間から青空と入道雲が見える奇妙さでした。


明日は普通であって欲しいと願います。







nice!(28)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

半分赤い黒珊瑚 [楽器]

i20160819_4333.jpg

黒珊瑚はレインボーコーラルと呼ばれるということは先日触れましたが、真っ黒ではなくて複雑な色合いがあるところに価値があるらしいです。

 

ネットで見ていましたら虹色が半分、赤みを帯びた部分が半分というものを見つけましたので入手してみました。



i20160819_4336.jpg

反対側は相原さんのところで見たものに似ています。



i20160819_4338.jpg

とても長い時間がかかるのでしょうが、どのように形成されるのか、不思議な模様が現れています。



i20160819_4344.jpg

切り口は年輪を思わせます。



i20160819_4345.jpg

こうしてみると色がはっきり分かれているのがわかります。



i20160819_4346.jpg

i20160819_4347.jpg

本当に古木のような趣です。



i20160819_4348.jpg

i20160819_4356.jpg

i20160819_4357.jpg

これでリッププレートに加工したらどうなるのか、想像すると楽しいです。

相原さんと相談してみることにします。

 

 

明日は早く出るので朝の更新はお休みします。








千葉開府890年で「葉重」新製品 [美味しそう]

890yoko.jpg

1126年(大治元年)6月1日に千葉常重が現在の千葉市中央区亥鼻付近を本拠地としたのが千葉市の始まりだそうで、今年はそれから890周年にあたるそうです。


ちょっと半端な年数にも思えますが、千葉市としては広報に力を入れているようでロゴマークも作成して自由に使って良いとしています。


https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/chosei/890.html



i20160818_4315.jpg

以前千葉県の菓子メーカーが共同で開発したオリジナルのスイーツ「葉重(はがさね)」をご紹介しましたが、記念の年に合わせて今回新たなバリエーションが発売されました。

 

 

i20160818_4319.jpg


i20160818_4317.jpg

i20160818_4320.jpg

最初に発売されたものはピーナッツクリームと砕いたピーナッツの粒が使われていますが、新製品はブルーベリーホワイトチョコクリームとブルーベリーが使われています。


この6個入の箱に二種類がセットで入っています。

 


i20160818_4321.jpg

i20160818_4322.jpg

開けるとブルーベリーの良い香りが広がります。



i20160818_4324.jpg

i20160818_4326.jpg

ブルーベリーの粒がそのまま使われています。



i20160818_4329.jpg

i20160818_4331.jpg

製造は成田市の 米屋(よねや)さんが担当しています。



890logo-wakunashi.jpg


千葉市のお祭りの日である 8/21(日) には “千葉氏サミット” として全国の千葉市に所縁のある11の自治体が集まって首長フォーラム、トークセッションなどが行われるそうです。


 


https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/sogoseisaku/chosei/chiba-shi-summit.html


http://chiba-summit.com


なぜ900年目でないのかという疑問には今のところ答えが見つかりません。






nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

頭部管用ケース [楽器]

i20160817_4310.jpg

楽器には保護するためのハードケースやセミハードケースが必要ですが、金管楽器などはもともと重いのでソフトケースを使う場合もあります。

保護のためには丈夫なケースが必要であることは言うまでもありませんが、かさばって重いとなれば妥協するのもやむを得ないことではあります。


フルートはピッコロを除けば最も小さいですし、特殊なものを除いては三つの部分に分解して収納するので、持ち運びはとても楽です。

でも総銀の楽器を二本持つと結構重いのですが。



i20160817_4309.jpg

頭部管は通常本体と一緒に収納するので専用のケースは必要ないのですが、買い増ししたような場合は必要です。

一本だけ収納するハードケースが用意されているのですが、このところだいぶ増えてしまったので複数本収納できるケースを入手しました。

 

これは4本用ですが、楽器店や展示会ではもっと多く収納できるものを目にすることがあります。

 

業務用、ですね。



i20160817_4313.jpg

こちらは一本用のケースです。

NAHOK のフルート用ケースカバーはピッコロと一緒に収納できるものがありますので、そうしたものを使うというのも手です。



i20160817_4314.jpg

以前購入した dolce楽器のものを今でも使っています。

これですと頭部管も別々に二本入って便利ですが、もう完売しているようです。

http://music-1000.blog.so-net.ne.jp/2008-12-27

使い勝手はやや改善の余地がありますが、デザインは良いですね。

 

布製なので防水性能は期待できませんが。


頭部管用のケースを新調したので、NAHOK の楽譜なども収納できる大きめのものを購入する予定です。






前の10件 | -